利用規約

第1条(目的)

この規約(以下「本規約」といいます)は、株式会社ニッセン(以下「当社」といいます)が提供する情報提供サービス「colorear」(以下「本サービス」といいます)を利用する者(以下「利用者」といいます)と当社との間の利用条件を定めるものです。

第2条(環境)

1 利用者は、自己の責任と費用負担において、本サービスを利用するために必要なコンピュータ、タブレット、スマートフォン等の端末、通信機器、ソフトウェア及びインターネット接続契約等を準備し、利用するものとします。

2 当社が、利用者の本サービスの利用環境を推奨・指定している場合、利用者がそれ以外の環境で本サービスを利用して不具合が生じ又は本サービスの利用を受けられなかったとしても、当社は一切の責任を負いません。

第3条(禁止事項)

利用者は、本サービスの利用に関し、以下の行為をしてはならないものとします。

(1)当社、本サービスの他の利用者若しくは第三者の権利又は財産を侵害すること、及び侵害するおそれのある行為をすること

(2)当社、本サービスの他の利用者又は第三者を誹謗中傷すること、及びそれらの商品・サービス等について誹謗中傷すること

(3)本サービスの他の利用者又は第三者に対し、その氏名、電話番号、住所、画像等の個人を特定できる情報を掲載する等して、肖像権、プライバシー権、名誉その他の権利を侵害すること

(4)選挙活動、政治活動又はこれらに類する行為を行うこと

(5)特定の宗教、組織又は団体に関する布教活動又は勧誘等を行うこと

(6)コンピュータ若しくは通信機器の機能を妨害、破壊、若しくは制限するように設計されたソフトウェア、ウィルス、特定のコード、ファイル、若しくはプログラムを含むコンテンツを送信し、又は書き込むこと

(7)本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負担をかける行為をすること

(8)当社のネットワーク又はシステム等に不正アクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為をすること

(9)わいせつ、暴力的、差別的な内容の情報、又またはこれらの内容を連想させる情報を発信すること

(10)面識のない異性との出会いを目的とした行為をすること

(11)公序良俗又は法令に反する行為、又はそのおそれのある行為をすること

(12)本サービスの運営若しくは当社の事業活動を妨げること又は当社の信用を毀損すること

(13)虚偽情報の申告又は第三者の情報を利用したなりすまし等により本サービスを利用すること

(14)当社が不適切であると判断した行為をすること

第4条(権利の帰属等)

1 本サービスにおいて、当社が提供するコンテンツの著作権、商標権その他知的財産権は、当社又は当該権利を有する第三者に帰属するものとします。

2 利用者は、本サービスを通じて提供されるいかなるコンテンツも、著作権法で定める利用者の私的な使用の範囲を超えて、複製、販売、出版、公開その他いかなる方法においても使用することはできず、また、第三者をして同様の行為をしてはならないものとします。

第5条(本サービスの一時中断、変更等)

1 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断できるものとします。

(1)本サービスに係るコンピュータ・システムの点検又は保守作業を定期的に又は緊急的に行う場合

(2)コンピュータ、通信機器等が事故により停止した場合

(3)火災、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(4)その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

2 当社は、当社の都合により、本サービスの全部又は一部を変更、中止又は廃止することができます。この場合、やむを得ない場合を除き、当社は利用者に対し、本サービスを提供するウェブサイト(以下「本サイト」といいます。)上に掲載する等の方法により事前に通知するものとします。

3 当社は、前二項に基づき当社が行った措置に基づき利用者に生じた損害について、一切の責任を負わず、何らの補償を行わないものとします。

第6条(情報の取得及び取扱い)

1 当社は,利用者が当社が運営するサイトを利用することにより,以下の情報(以下,「利用情報」といいます)を取得します。なお,利用者の個人情報に該当する情報は,あらかじめ利用者からの同意を得ない限り取得・利用することはありません。

① SNSやアンケートを利用し利用者が投稿した情報

2 前項のほか,当社は,利用情報を以下の目的で利用できるものとします。

① 当社が運営するサイトでの記事・コンテンツの制作のため

② 当社が運営するサイトでのプロモーションのため

③ 利用者にアンケート調査を実施するため

④ 個人が特定できない統計情報としてマーケティング分析を行うため

3 当社は、あらかじめ利用者からの同意を取得した場合や法令に準じて提供する場合を除き第三者への提供は行いません。

4 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において情報の全て又は一部を、当社の基準を満たし契約を締結した委託先へ業務を委託します。

① 当社が運営するサイト及び利用情報を保管・管理するインターネットサーバ運営会社への委託

第7条(クッキー(cookie)について)

1 当社は,当社が運営するサイトに利用者が複数回訪問される場合により便利にご覧頂くことを目的として,利用者が使用するコンピュータを識別するクッキー(cookie)と呼ばれるデータを送付し,ハードディスクに記録することがあります。当社では,取得したクッキー(cookie)を利用者情報と照合し,当社の利用目的達成の範囲で利用するものとします。

2 利用者は,利用者が使用するインターネット閲覧ソフト(ブラウザ)の設定を変更することにより,当社が運営するサイトから送付されるクッキー(cookie)の受取りを拒否することが可能ですが,これにより当社が運営するサイト又は本サイトにおけるサービスが正常にご利用頂けない場合があります。

3 行動ターゲティング向けクッキー(cookie)について
当社では以下のサイト(以下「提携先サイト」といいます。)と提携し、行動ターゲティング広告サービスを行っております。その際、利用者のサイト訪問履歴情報を採取するため提携先サイトによって作成されるクッキー(cookie)を使用しています。(ただし利用者個人を特定・識別する情報は一切含まれておりません)

当社が運営するサイトで記録されたクッキー(cookie)は当社が運営するサイトの広告配信の目的のみに使用され、その他の目的や個人情報の収集には一切使用しません。本広告サービスをご希望でない場合はお手数ですが以下の手順に従い当該クッキー(cookie)の無効化(オプトアウト)を行ってください。

スマートフォンとデスクトップパソコンなど異なる端末で同一のログイン情報を使用されている場合、一部のウェブブラウザでは端末をまたいでサイト閲覧情報が共有され、その情報をもとに広告が配信される可能性があります。

スマートフォンのオプトアウトをご希望の場合は、スマートフォンよりアクセスしてください。

提携先サイト名とオプトアウトの手順

第8条(非保証及び免責)

1 当社は、利用者に対し、本サービス及び本サービスで提供する情報の正確性、完全性、有効性、特定の目的の適合性、妥当性、継続性その他について、いかなる保証も行わないものとします。また、本サービスで提供した情報については、利用者の判断及び責任において利用するものとします。

2 当社の責めによらない、通信機器、端末等の障害若しくは回線の不通等により、本サービスの利用ができなかった場合、又は、当社が送信した情報に誤り、脱落が生じた場合、そのために生じた損害について、当社は一切の責任を負わないものとします。

3 本サービスから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから本サービスへのリンクが提供されている場合でも、当社は、本サービス以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関していかなる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。

4 当社が、本サービスのウェブサイト上に第三者が提供する広告を掲載する場合、当該広告は、当該第三者の責任で掲載されるものであり、当社は、一切の責任を負いません。

5 当社は、本サービスを利用した又は本サービスで提供した情報によって生じたいかなる損害についても、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。

第9条(損害賠償)

1 利用者は、本サービスの利用とその結果について責任を負い、本サービスの利用に関して自己の責めに帰すべき事由により第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用負担でこれを解決するものとします。

2 利用者は、本サービスの利用に関して自己の責めに帰すべき事由により当社に損害を与えた場合、当社が被った損害を賠償するものとします。

第10条(規約の改定)

当社は、本規約の一部又は全部をいつでも変更することができます。当社は、本規約を変更した場合には、変更後の規約を、本サービスを提供するウェブサイト上に速やかに掲載するものとし、当該掲載がなされた時点で、変更後の規約の効力を生じるものとします。

第11条(準拠法、管轄裁判所)

1 本規約の準拠法は、日本法とします。

2 本規約又は本サービスに関連して生じた紛争については、京都簡易裁判所又は京都地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第12条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

【平成30年8月21日 施行】