今年も蒸し暑い……。夏バテ予防・対策で夏を乗り切ろう

今年も蒸し暑い……。夏バテ予防・対策で夏を乗り切ろう

今年も蒸し暑い夏がやってきました。海水浴やお祭り、花火大会などレジャーの多い夏の訪れにワクワクしている人も多いことでしょう。しかし、何となくだるくてやる気が起こらない…、食欲がない…、朝起きられない…。

こんな体調不良を感じやすいのも夏の特徴です。原因がはっきり分からない体調不良。それは夏バテのサインかもしれません。

そこで今回は楽しい夏を乗り切るための夏バテ対策について詳しく解説します。

夏バテの症状って?

夏バテの症状って?

暑い夏になると耳にする機会が多くなる「夏バテ」。
夏バテと言えば、何となく体調が優れなくなるというイメージが大きいでしょう。
でも、実際に夏バテでどのような症状が生じるのか知らず、夏バテを発症していることに気づかない人も多いものです。
まずは、夏バテの原因と症状をチェックしてみましょう。

①食欲がなくなる

私たちの身体は一定の体温を保つために、気温や室温に合わせて汗をかいたり、血管の収縮や拡張によって常に調整が行われています。その調整を司るのは自律神経です。

自律神経は全身の様々な機能の調節を行っていますが、室内と外との気温差が激しくなる夏は自律神経が過度に働いて疲弊しがちになるもの。その結果、自律神経の働きが乱れて全身に様々な影響が現れます。

その一つが食欲です。自律神経は食べ物の消化運動の調節も行っているため、調節機能が乱れることで消化不良などを引き起こし食欲低下や慢性的な胸焼け、吐き気などにつながるのです。

②だるさや疲れ

上でも述べたように夏は自律神経が乱れがちになるため、だるさや疲れが生じやすく、十分な休息をとっても中々改善しないことがあります。また、近年では夜になっても気温が25度を下回らない熱帯夜を迎えることも多く、寝汗などによる寝苦しさで睡眠不足になりがちな事も、だるさや疲れが続く原因となります。

③やる気が起こらない

何事にもやる気が起こらなくなるのも夏バテの典型的な症状の一つです。これは、自律神経の乱れによって引き起こされる気分の落ち込みが原因のこともあれば、食事量が減少することによるエネルギー不足、だるさや疲れ、寝不足による体力の低下なども原因として挙げられます。

夏バテになりやすい人は?

夏バテになりやすい人は?

このように、夏バテは様々な原因によって身体的な不調が引き起こします。しかし、同じ気温の中にいても夏バテになる人とならない人がいます。
夏バテになりやすい人の特徴は次の通りです。当てはまる項目が多い人は夏バテにならないよう特に注意しましょう。

①室内の冷房が効きすぎている

夏バテの主な症状である自律神経の乱れは、室内と外の著しい気温差によって引き起こされます。このため、冷房が効きすぎた室内にいる人や、冷たい空調の風が常に当たった状態で過ごしている人は、夏バテを発症するリスクが高くなります。

②汗をかきやすい・かきにくい

汗っかきの人は暑い夏の夜は特に寝苦しくなり、慢性的な睡眠不足を引き起こすことがあります。逆に汗をかきにくい体質の人は、発汗による体温調節が上手くいかず身体に熱がこもって自律神経の乱れや熱中症を生じやすくなります。

③冷たいものを好んで食べる

暑い夏はかき氷やアイスクリーム、よく冷えた飲み物など冷たいものを口にしたくなります。暑い外出先から帰宅したときなど、一時的に体温を下げるために冷たいものを口にする分には問題ありませんが、冷房が効いた室内などでも冷たいものを口にする機会が多いと、身体が過度に冷えることで消化管の働きが悪くなったり、血行が悪化してだるさなどを引き起こすことも少なくありません。

④栄養バランスの乱れ

夏はそうめんや冷やし中華など、冷たくさっぱりした食事を好むあまり、栄養バランスが乱れがちの人が多くなります。そのため、失われがちの体力を補うためにも、エネルギー源となる炭水化物や身体を作るたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどが不足して夏バテを悪化させることがあります。

以上に当てはまることが多い方は、夏バテになりやすい方、と言えます。

夏バテを予防するには…

夏バテを予防するには…

楽しい夏に影を落とす夏バテ。そんな夏バテを予防するには、次のような対策を行ってみましょう。

①室内を適温に維持する

自律神経の働きを正常に保つには、室内と外との気温差を5℃程度にするのが理想的です。暑い日はついつい冷房を強めてしまいがちになりますが、外との気温差が大きくなりすぎないように注意しましょう。

とはいえ、35℃以上の猛暑日などは室内と外との気温差も大きくなります。そのような日にはむやみな外出はせず、日中は室内で過ごすよう心がけましょう。

②こまめに水分補給する

夏は気づかぬ内に汗をかいていることも多く、冷房によって室内も乾燥しているため水分が失われがちなものです。外出時はもちろんのこと、室内にいるときもこまめな水分補給をしましょう。

③食事に注意する

暑い夏だからこそ、栄養バランスの整った食事を心がけましょう。ダイエットをしている人も夏は一休みして、十分なエネルギーを補給することが大切です。また、冷たいものや食べすぎるのもNGです。

④睡眠環境を整える

寝苦しさによる睡眠不足は夏バテを引き起こし、症状を悪化させます。睡眠中は冷房を切る人もいますが、熱帯夜などは弱めの冷房をかけたり、扇風機を利用したりして睡眠環境を整えるようにしましょう。また、夏用のタオルケットやひんやり機能のある寝具などを利用するのも一つの方法です。

まとめ

夏の大敵「夏バテ」。ぽっちゃりさんは特に夏バテになりやすい人が多いため、楽しい夏を過ごすためにも日常生活に注意して、今回ご紹介した夏バテ対策を行って行きましょう。

参考サイト

夏バテの原因と対処法は>>
厚生労働省 熱中症予防声掛けプロジェクト>>

こちらの記事もオススメ

夏も冬も寝汗がすごい……原因・対策は?>>
もう秋なのに寝苦しい…上質な眠りをとるコツって?>>
蒸れやすい夏場の生理…。快適なブルーデイの過ごし方とは?>>
汗かきさんに知ってほしい、汗の匂いの秘密とあせも(汗疹)対策>>
夏におすすめな涼しい下着>>
汗でお困りの方必見!着るだけでできる汗ジミ対策アイテム>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

成田 亜希子

成田 亜希子

弘前大学医学部卒。大学卒業後、育児を経て一般内科医として勤務。公衆衛生分野にも携わり、感染症対策や健康づくりにも従事。国立医療科学院や結核研究所での研修も積んでいる。 主な所属先:日本感染症学会、日本内科学会、日本公衆衛生学会