薄着の季節は特に目立つ……肘・膝・脇・ビキニライン、、お肌の黒ずみ徹底対策

薄着の季節は特に目立つ……お肌の黒ずみ徹底対策

本格的な夏はもうすぐそこ。レジャーの多くなる夏の訪れに心躍っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、肌の露出が増える夏は様々な皮膚トラブルが起こりやすくなる時期でもあります。なかでも、肘やひざ、ワキ、太ももなどの頑固な黒ずみは多くの女性を悩ませるタネであり、黒ずみが気になるあまり好きなファッションや外出が楽しめない…という人もいます。
そこで今回は、黒ずみの原因と対策について詳しく解説します。夏の訪れを前に黒ずみ改善にトライしてみましょう。

黒ずみの原因は?

黒ずみは、皮膚への慢性的な摩擦や炎症などによって皮膚の深層にあるメラノサイトが活性化されてメラニン色素の分泌が促されること、角質層が厚くなることが原因で引き起こされます。

黒ずみの原因は?

皮膚の深層で産生されたメラニン色素は、ターンオーバー(皮膚の新陳代謝)によって皮膚の表層に徐々に浮き上がっていきます。皮膚の最も表層の部分を「角質層」と呼びますが、この角質層は角質化した細胞が積み重なってできており、時間が経つと垢として剥がれ落ちます。そして角質層には皮膚の深層を保護する大切な役割がありますが、摩擦や圧迫などの機械的な刺激を受け続けることで分厚くなる性質があり、ゴワゴワとした硬い皮膚へ変化してしまいます。

このため、肘や膝など関節運動による刺激を受けやすい部位、ワキや太ももなど皮膚同士の摩擦が多い部位にはメラン色素の沈着と角質層の肥厚によって「黒ずみ」が目立ちやすくなるのです。

ぽっちゃりさんは黒ずみが目立ちやすい?

ぽっちゃりさんは黒ずみが目立ちやすい?

結論から言うと、ぽっちゃりさんは黒ずみが目立ちやすい傾向にあります。
ワキや太もも、肘や膝関節の内側などの皮膚が擦れ合いや、下着や洋服の締め付けによる摩擦など、皮膚への機械的な刺激が多いほど黒ずみが発生しやすくなるためです。
また、「汗」が黒ずみの原因になることも。汗は体温調節をする上で非常に重要な分泌物の一つですが、多量の汗は皮膚に刺激を与えることもあり、ワキなど汗がムレやすい部位では雑菌繁殖の温床となって炎症を引き起こすことも少なくありません。皮膚の炎症は黒ずみを引き起こしますので、汗っかきさんは黒ずみができやすい体質と考えられるのです。

黒ずみの対策は?

夏のおしゃれの大敵である黒ずみ。しかし、黒ずみは原因を解消することで自然と薄れていくものです。夏本番前の今の時期からしっかり黒ずみ対策をおこなって、黒ずみに悩まされない楽しい夏を満喫しましょう。
おススメの黒ずみ対策をご紹介します。

姿勢・歩き方

黒ずみの原因となる皮膚同士の摩擦は姿勢や歩き方に注意することで軽減することができます。特に首元や太ももなどの黒ずみが気になる人は、できるだけ皮膚同士を擦り合わせないような姿勢・歩き方・洋服をチョイスするなどの工夫をしましょう。

服・下着

洋服や下着の締め付けも大敵です。黒ずみを防ぐには身体を締め付けないよう自分の体型に適したサイズの衣類を身に着けるようにしましょう。とくに、ブラジャーやショーツなどの下着の締め付けは、ビキニライン・バスト下の黒ずみを作りやすく、水着になった時に目立ちますので注意が必要です。

黒ずみの原因となりやすい汗は、こまめにふき取ったり着替えたりすることで皮膚への刺激を極力軽減するようにしましょう。また、吸水性や通気性の良い下着を選ぶのも一つの方法です。ストッキングやスキニ―ジーンズなど身体に密着して蒸れやすい衣類の長時間にわたる着用も避けるようにしましょう。

保湿

皮膚の乾燥は、角質層を肥厚させる原因になります。また栄養バランスが乱れがちな方はお肌の状態を整えるためのビタミンなどが不足して乾燥肌になっている人が多くいます。乾燥肌は余分な皮脂の分泌を促すなど、皮膚に刺激を与える原因になりますので、入浴後などは顔だけでなくカサカサが気になる部位にも化粧水などを塗ってしっかり保湿するようにしましょう。

市販のケア用品

ドラッグストアや薬局などでは美白効果を謳った黒ずみケア用品がたくさん販売されています。これらの商品にはメラニン色素の排出を促すもの、メラニン色素自体を薄めるもの、角質層のキメを整えるものなど様々な作用を持つ成分が含まれています。
もちろん効果には個人差がありますが、これらのケア用品を試してみるのもよいでしょう。ただし、肌質に合わないものを長期間使用すると皮膚への刺激になってかえって症状が悪化することがありますので、ピリピリとして痛みを感じたり、効果が実感できない場合には使用を中断しましょう。

ぽっちゃりさんが発症しやすい皮膚の病気?

黒ずみは思わぬ皮膚の病気が原因のことがあります。
うなじやワキ、足のつけねなどにガサガサした黒ずみが目立つ場合は、「黒色表皮種」と呼ばれる病気かもしれません。「黒色表皮種」とは、角質層の肥厚と色素沈着によって引き起こされる病気で、一般的な黒ずみができやすい部位に発症しますが、非常に目立ちやすいのが特徴です。

血糖値をコントロールするインスリンというホルモンが過剰分泌することで皮膚の成長因子が刺激され、表皮の細胞が異常増殖することが発症メカニズムであると考えられています。このため、ふくよかな方や糖尿病の人に発症しやすく、「黒色表皮種」が元で糖尿病発見に至るケースもあります。

「黒色表皮種」は特別な治療を必要とせず、体重や糖尿病が改善すれば自然と良くなっていきます。しかし、一般的な黒ずみよりも目立ちやすいため美容上の観点から女性には精神的なダメージになってしまうことも少なくありません。頑固な黒ずみが気になる場合は、一度皮膚科で相談してみましょう。

まとめ

薄着になるこれからの季節に気になる「黒ずみ」。黒ずみは些細な原因が積み重なっていくことによってできることが多く、日頃から今回ご紹介したような対策をおこなっていくことで徐々に改善していきます。
本格的な夏がやって来る前の今の季節だからこそしっかりと対策を行い、黒ずみフリーな夏を実現しましょう。

  • 黒ずみの原因:肌への刺激(摩擦・圧迫・炎症など)で、メラニン色素の分泌が促されるため、また、角質層が分厚くなることも要因
  • 肌への刺激は、汗による炎症、衣服や肌同士の摩擦や圧迫など
  • また乾燥も角質層を分厚くさせる要因となる

参考サイト

皮膚病治療情報・皮膚科教科書 あたらしい皮膚科学>>
日本皮膚科学会 汗の病気>>
日本皮膚科学会 皮膚悪性腫瘍診療ガイドライン>>

こちらの記事もオススメ

【医師に聞いた】汗かきさんに知ってほしい、汗の匂いの秘密とあせも対策>>
【医師に聞いた】蒸れやすい夏場の生理…。快適なブルーデイの過ごし方とは?>>

もう下着すら暑い!ぽっちゃりさんの夏におすすめな涼しい下着>>
汗でお困りのぽっちゃりさん必見!着るだけでできる汗ジミ対策アイテム>>
やっぱり綿100%が好き!コットンの魅力とおすすめ綿アイテム>>
グラマーさんにおすすめ Eカップ以上のブラの選び方って?>>
胸が大きいのが気になる…!グラマーさんにおすすめのオフィスコーデ>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

成田 亜希子

成田 亜希子

弘前大学医学部卒。大学卒業後、育児を経て一般内科医として勤務。公衆衛生分野にも携わり、感染症対策や健康づくりにも従事。国立医療科学院や結核研究所での研修も積んでいる。 主な所属先:日本感染症学会、日本内科学会、日本公衆衛生学会