気圧の変化で神経痛が気になる。ぽっちゃりさん向けの神経痛対策(片頭痛・坐骨神経痛)

気圧の変化で神経痛が気になる。ぽっちゃりさん向けの神経痛対策

あなたは、天気が悪くなると体調が悪くなるという経験をしたことはないでしょうか?
急に寒くなって腰や膝が痛くなったり、湿気の多い季節に身体がだるくなったり、どんよりした天気の時に、気分が暗くなったり…。
気温や湿度は体感できるので自分の体調との関係が分かりやすいのですが、実は気圧の変化もあなたの体調と密接に関係しているのです。

目次

・なぜ天気が悪くなると神経痛が起きるのか
・ぽっちゃりさんが注意すべき神経痛の種類(片頭痛、坐骨神経痛)
・神経痛対策① 痛みを和らげる方法
・神経痛対策② 痛みを発生させないために
・どんな人が神経痛を起こしやすいか

なぜ気圧が変化すると神経痛が起きるの?

なぜ気圧が変化すると神経痛が起きるの?

一般的に、高気圧の時は天気が良く、低気圧の時は天気が悪くなります。
つまり、高気圧の時よりも低気圧の方が天候が悪く、体調が悪くなりやすいです。
私たちの身体でみると、気圧が低くなる=身体の外から押さえる力が少なくなり、身体は膨張しようとします。
しかし、そうなっては大変ですので、身体はさまざまな機能を使って安定した状態に保とうとします。
このさまざまな機能を統括しているのが「自律神経」と呼ばれる神経です。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経があります。
交感神経は身体が緊急事態になった時に対処するために働く神経副交感神経は身体を休めたりリラックスさせたりするための神経です。
気圧の変化は身体にとっては緊急事態ですので、気圧の変化が激しい時には交感神経が優位に働きます。
緊急事態に対処するためには、ちょっとした変化にも気づいて回避行動をしなければならないので、交感神経が優位になると、刺激に敏感になります。
このため、痛みにも敏感になり、神経痛が発生しやすくなると考えられています。

天気が悪化=低気圧→気圧減る・下がる→身体は安定を図ろうとする→交感神経が活発→身体が敏感になる(=神経痛が発生しやすくなる)

ぽっちゃりさんが注意すべき神経痛の種類

ぽっちゃりさんが注意すべき神経痛の種類

ぽっちゃりさんに多い症状として、「むくみ」があります。
むくみは、湿度の多い日や、気圧が低い日に発生しやすくなります。
むくみになると、足や腕などが張った感覚を覚えると思いますが、これは細胞などに水分が多くなり膨らんでいることあらわします。
そうなると、血流が悪くなったり、老廃物をうまく除去できなくなったり、神経自体を圧迫して痛みが発生しやすくなります。

東洋医学ではむくみは下半身に発生しやすいと考えています。
むくみが強い時には、下半身の症状、特に腰痛や膝の痛み、坐骨神経痛などが発生やすくなります。
湿度の多い季節、また気圧が急に低くなる予報が出ている時には、注意が必要です。

頭部の痛み(片頭痛)

頭痛の中でも悩んでいる方が多いのが片頭痛です。
脈拍に合わせてズキンズキンと頭が痛み、身体を動かすと悪化するのが特徴です。
片頭痛は「片」という言葉付いているので、片側だけが痛むと思いがちですが、頭の左右どちらかが痛む人が約6割、両側が痛む人が約4割と言われています。
ひどくなると吐き気がして、実際に吐く人もいます。
また、光や音に敏感になる場合もあります。
片頭痛の原因はいまだに詳しくは分かっていないのですが、三叉神経と呼ばれる、脳から顔面に向かって走っている神経が関わっているという説もあります。
実は私自身がまさに天候による片頭痛持ちでした。雷の前や、天候が悪くなる時に片頭痛になっていました。
前述した交感神経が優位になることが、三叉神経に何らかの影響を与えて痛みが発生したり、気圧の低下で血管が拡張することで痛みが発生したりする可能性が考えられています。

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、坐骨神経とよばれる神経が通っている部分に症状が出るもので、お尻や太もも、すね、ふくらはぎ、脚にかけて、鋭い電撃のような痛みやしびれ、ふくらはぎの張り、締めつけ感などの症状があらわれます。
これらの症状は、すねの外側だけ・太ももの後ろだけなど、脚の一部分だけに強く感じることもあれば、脚全体に強く感じる場合もあります。
坐骨神経痛は、腰痛などの腰の問題をかかえている方に多く発生します。

神経痛の対策

残念ながら、天候を変えることはできません。
ですから私たちができることは、天候の変化と向き合い、痛みが出る原因をなるべく減らし、天候の変化に対応できる身体を作ってゆくことです。

神経痛対策① 痛みを和らげる方法

痛みが発生してしまったら、ツボ押し療法が効果的です。
いくつかのアプローチをご紹介しますので、それぞれ試してみてください。

・片頭痛になってしまった場合

片頭痛は動くと悪化します。
なるべく暗いところで安静にしつつ、片頭痛が起こっている側の以下のツボを使ってみてください。

外関(がいかん)

外関(がいかん) 片頭痛が起こってしまったときに有効なツボ

手の甲側で、腕の真ん中、手首から指3本分のところを触るとグリグリしたスジを触ることができます。

このスジを「グリグリしながら15秒ほど押し、その後15秒ほど休む」これを3セットやってみてください。

陽陵泉(ようりょうせん)

陽陵泉(ようりょうせん) 片頭痛が起こってしまったときに有効なツボ

膝のお皿の斜め外側の下に丸い骨があります。
この骨の周りで痛みがあるところを後ろに切るように30秒ほど押したら、1分ほどリラックスして休み、また30秒ほど押してみてください。
順番としては先に外関、その次に陽陵泉をやると、より効果的です。

坐骨神経痛

痛みの部位によって押すツボを変えてみてください。
押し方は、「10回押したら30秒休む」を1セットとし、5回繰り返してください。

(1)痛みやしびれが足の後ろに多い場合

崑崙(こんろん)

崑崙(こんろん) 坐骨神経痛が足の後ろに起きてしまったときに有効なツボ

外踝(そとくるぶし)の後ろにあります。やや踵寄りの方向に押すと効果的です。

(2)痛みやしびれが足の外側に多い場合

丘墟(きゅうきょ)

丘墟(きゅうきょ) 坐骨神経痛が足の外側に起きてしまったときに有効なツボ

外踝の斜め前下方のくぼみにあります。

(3)痛みやしびれが足の前側に多い場合

陥谷(かんこく)

陥谷(かんこく) 坐骨神経痛が足の前側に起きてしまったときに有効なツボ

足の人差し指と中指の間の骨の間にあります。

神経痛対策② 痛みを発生させないために

神経痛や痛みには自律神経が深く関わっているとご紹介しました。
ですから、自律神経がうまく働くようにすることが、痛みの予防には重要です。
昨今、ストレスに対処するためにリラックスすることばかりが注目されがちですが、自律神経は交感神経と副交感神経がバランスよく働くことが重要です。
気圧が変化したら、交感神経が優位になる。
そして身体が対処し終わったら、副交感神経が優位になって、身体を元に戻す。
このバランスが大事なのです。

・自然の流れに沿って生活する

ツボ療法などの背景にある東洋医学では、このバランスを整えるために、規則正しい生活、特に自然の流れに沿った生活を推奨しています。
自然の流れに沿った生活とは、明るい時間は活動的に過ごして、暗くなったら休むということです。
午前中にダラダラ過ごしたり、夜遅くまで起きて作業をしたりすることが続くと、自律神経が乱れます。
午前中は朝日をあびて、活動的に過ごす。
夕方には仕事を終えて、夜はリラックスしながら、なるべく早く寝るようにする。
当たり前のことですが、これをするだけでも、自律神経はかなり整います。

・気圧センサーを整えるツボ

愛知医科大学病院の佐藤純先生は、耳の中(内耳)に気圧の変化を察知するセンサーがあるという研究結果を出されています。
またこの内耳と関連して、めまいの薬が気圧の変化による症状に効果がある場合が多く、めまいに関係するツボ「内関(ないかん)」も良いと紹介しています。
私自身もこのツボを使ってみて効果があることを確認し、皆さんにおすすめしています。
押し方は先ほどの外関と同じで「グリグリしながら15秒ほど押し、その後15秒ほど休む」これを3セットやってみてください。

内関(ないかん)

内関(ないかん) めまいや自律神経を整えるのに有効なツボ

腕の内側で、手首から指3本分のところにある。
私はこの内関を耳やめまいの症状だけでなく、自律神経を整えるツボとしても使っています。
この内関は呼吸を整えてくれる効果があり、ゆったりとした呼吸ができることで、自律神経を整えてくれます。
この内関以外に、私は先ほどご紹介した外関のツボも大きな効果があると考えています。
外関は耳の症状全般に効果のあるツボで、耳鳴り、難聴にも絶大な効果を発揮します。
内耳にも良い影響を与えるので、内関と外関の両方を使うと良いでしょう。

・むくみに注意

むくみも神経痛に悪影響を与えることから、普段から体内に水分を溜めないようにしておくことも大事です。
水分代謝を良くするツボとして、私は湧泉をおすすめします。

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん) むくみに有効なツボ

足の裏で、人差し指と中指の間の水かきと、踵とを結ぶ線を三等分し、水かきから3分の1のところ、深く指が入るところにあります。

・積極的に歩く

下半身の循環を良くするためには、歩くことが効果的です。
ショッピングなどでゆっくり歩くよりも「ウォーキングをするぞ!」という気持ちで歩くことが大切です。
足の筋肉が付くと、血液やリンパを上半身に押し上げる力が強くなります。
下半身のむくみも減るので積極的に歩くようにしてください。

どんな人が神経痛を起こしやすい?

不規則な生活、ストレスが多い、運動習慣が無い、普段からむくみが多い、元々腰が弱い、冷え症などの人は、気圧による神経痛が発生しやすいので、注意が必要です。

治らない場合は病院へ

治らない場合は病院へ

痛みが治らない場合で、日に日に痛みが増したり、寝ている時でも痛みが治まらないといった症状があれば、天気の問題ではなくほかの病気の可能性がありますので、病院で検査をしてもらってください。

まとめ

天気によって不調が起こることを通称「気象病」と呼びます。
自分の体調不良と、天気の関係が分かると、未然に体調不良を察知することができ、予防することもできます。
天気を気にしながら身体をケアするという習慣は、自分の身体と向き合う時間となり、健康を見直すよいきっかけとなります。

あなたが、体調不良と天気との関係を知って、健康でいつも気持ちよい生活を送れるようなってもらえたらと良いなと思っています。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

手塚 幸忠

手塚 幸忠

鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、表参道鍼灸マッサージ治療室自然なからだ院長 東洋医学を通じて、薬に頼らない”自然なからだ”を目指す生き方を提唱。ストレスを減らし、自律神経を整えることで、めぐりの良い身体でいる方法をブログ等で発信している。