ぽっちゃり女性必見!骨盤の歪みをケアして美しい下半身を手に入れる

ぽっちゃり女性がかかえる悩みの1つに「下半身太り」があります。
大きなお尻、太い足首など、スカートを避けてしまう人は多いのではないでしょうか。 この下半身太り、骨盤のゆがみと関係があるのでしょうか?

目次

下半身太りと骨盤のゆがみの関係

下半身が太いのを気にされる方はたくさんいますが、その原因はさまざまです。
原因の1つに、筋肉の緊張があります。
緊張した筋肉は硬く、伸び縮みしていない状態。
そんな緊張した筋肉は、なんと「骨」を引っ張り、骨盤のゆがみを発生させてしまうのです。
骨盤の歪みは、正常な骨の位置を動かしている状態なので、むくみやすく、脂肪を多く蓄えてしまいます。
もちろん体型は遺伝が影響しますが、下半身が太いのは全て遺伝が理由なのではなく「ゆがみ」が関係するということがお分かりいただけたでしょうか?
筋肉が緊張する → 骨盤が歪む → むくみ・脂肪がたまる
大寒波でも平気な人は、体内で熱を発生させる遺伝子を持っています。
猛暑でも平気な人は、体内で熱を発生させる遺伝子を持っていません。
DNA情報を変えることは出来ませんが、ゆがみは修正することが可能です。
これから紹介するケア法を実践することで、徐々にゆがみがリセットさせ、美しくスラっとした下半身に近づくことできます。
太い下半身にお悩みをお持ちの方はぜひトライしてみてください。それでは、いってみましょう!

骨盤のゆがみをチェック

自宅で簡単にできるチェック法をいくつかご紹介致します。
ただし、筋肉量の左右差なども関係するため、目安として知る程度に留めておきましょう。

チェック方法1

①A4の紙に大きく「+」を書き、その紙を床に置く
②紙の上に立ち、目をつむり足踏み30秒
③30秒後、足踏みを終えてから目を開けて、立ち位置がずれていたら骨盤が歪んでいる可能性大

チェック方法2

①床に寝て、両膝を曲げる
②曲げた両膝を左右に倒す

・倒しやすい方向 → 骨盤が開いている側
・倒しにくい方向 → 骨盤が閉まっている側

*中臀筋、腰部の硬さの影響あり

ほかに、「前屈」がまったく出来ない人も、骨盤が左右にゆがんでいる可能性があります。
基本的に現代人の多くはどこかしら歪んでいますので、あまり神経質になる必要はありません。
私たちはロボットではないのですから。
歪みを気にするよりも、「硬い!弱い」と感じる筋肉を伸ばし鍛えることで、歪みは自然に修正されていきます。
ぜひこれから紹介するストレッチ&エクササイズをコツコツと実践し、歪みのない体作りを目指していきましょう。

ストレッチでちょっとずつ矯正

骨盤の歪みは姿勢悪化の原因となり、全身の血行を悪くしてしまいます。
姿勢が悪くなれば、自然と首が前傾になり頸椎動脈が狭くなります。
そして、血液が脳へ届きにくくなり、結果として頭がボ~っとして、お顔の血色が悪く見た目年齢を下げてしまうのです。
骨盤の歪みをケアするためには、硬くなりがちな「太もも前面、股関節前面」の柔軟性をつくることから始めるとよいでしょう。

 【初心者向け】太もも前面のストレッチ

1.横向きに寝る(まくら有り)
2.上の脚の膝を曲げ、手で足の甲をつかむ
3.カカトを上の片尻中央へ近づける(太もも外側へ引くのはNG)
4.7秒以上かけて伸ばす × 3~5セット(立位の姿勢も可)

 【中・上級者向け】股関節前面のストレッチ

1.ベンチ、ソファー、ベッドなどの真横に立つ
2.片脚をベンチの上に乗せ脚をまっすぐに伸ばす
3.片方の股関節前面をベンチに押しつける
4.一呼吸おく
5.ゆっくりと膝を曲げ、足をつかむ
6.カカトを片尻中央へ近づける(太もも外側へ引くのはNG)
7.7秒以上かけて伸ばす × 3~5セット(股関節前面がベンチから離れないよう注意)

2つのストレッチの共通ポイント

・無理はしない、自然な呼吸を意識する
・必ず両脚実施し、硬い方を念入りに行なう
・上半身はリラックス、毎日行なってOK

日頃の姿勢を正しいものに

前回のコラムでご紹介した「姿勢チェック法」をまずお試しください。
前回のコラム記事はこちら>>

コラム内の「肩まわしエクササイズ」ですが、実は骨盤の歪みを修正する効果が期待できる優れたエクササイズ。
なぜなら肩甲骨がよく動くようになると、実は骨盤の動きもスムーズになるのです。
股関節前面ストレッチとセットで行なうと、より早く結果が出るでしょう。

下半身が太い人の生活習慣

下半身の太さと骨盤の歪みが関係するといっても、運動習慣が全くなく、エネルギーの消費がほとんどない人の下半身は(当然ですが)太い傾向にあります。

一般的に下半身が太い人に共通することは、
1. 股関節全体の柔軟性不足
2. 歩く習慣がない
3. 糖質過多、摂取カロリー大の食生活
です。

下半身太りのケアだけでなく、健康的な身体を手に入れるためにおすすめなエクササイズが「ウォーキング」です。
いつでも、どこでも、1人でできる優れた運動!
ウォーキングを甘く見てはいけません。
ポイントは、歩幅は広め・早歩きを意識し、初心者は1日7,000歩以上を目標に歩いてみましょう。

ウォーキングの注意点

・無理はしない。膝や腰に痛みが発生した場合はただちに中断すること
・万歩計で歩数を確認、友人や家族と一緒に歩くことでモチベーションUP
・インターバルなどバリエーションを加え、ゲーム感覚で歩くと歩数アップ

ウォーキングを始める前に

・体調の確認(膝痛などの持病のある方は、かかりつけの医師や運動指導の専門家に相談)
・運動の目的を再確認(下半身太り解消、など)
・服装のチェックと水分補給(喉が渇く前に飲む)
・歩く前に軽めのストレッチ(肩甲骨、股関節、足首、手首は念入りに)
・雷注意報の出ている時は控える
・ウォーキングシューズ/機能性シューズの活用(膝への負担が軽減され, 長時間楽に歩くことが可能)

最後に

いかがでしたか?
今回は下半身太りと骨盤の歪みケア法をご紹介しましたが、これくらいの強度であれば、皆さんも気軽にチャレンジ出来るのではないでしょうか。
股関節全体が硬くなればなるほど、下半身は太くなり、疲れやすい身体になってしまいます。
今回ご紹介した方法(ストレッチ、エクササイズなど)は、下半身の太さをケアするだけでなく、婦人科系疾患(生理痛、生理不順など)の症状を緩和させる効果も期待できます。
毎日コツコツと実践して頂くことで、3週間後くらいから確実に変化を感じることができるでしょう。
季節はもうすぐ春です。これからは下半身を気にせず、思いっきりスカートを楽しんでくださいね。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

貝瀬 アツヤ

貝瀬 アツヤ

国際ビューティスペシャリスト(エステティシャン/パーソナルトレーナー/美容師) TLJ美人塾を主宰。容姿に悩みを持つ女性を美しく変身させる美容施術と運動指導の専門家。主婦、OL、芸能人、ナイトワーク女子まで幅広く対応。全国へ出張可、セミナー実績、メディア出演多数あり。 instagram:@atsuya_kaise