【ぽっちゃりさんのお悩み相談】やめられない暴飲暴食…どうすればドカ食いから卒業できる?

イライラするとつい暴飲暴食してしまって、食べ終わったあとに罪悪感で胸が苦しい…多くの方がそんな体験をしたことがあるのではないでしょうか?
ストレス発散のために食べたはずがさらにストレスに…そんなことを繰り返さないためにはどうすればいいのでしょうか?
ぽっちゃり専門カウンセラーのほりぐちみどりさんに、ご自身の体験を交えつつ教えていただきました。

お悩み相談:イライラするとドカ食いしてしまう…もっと上手にストレス発散したい!

昔から食べることが好きでしたが、ここ数年、楽しくて好きで食べるだけでなく、ストレス発散のための、いわゆる『ヤケ食い』のような行為に走ってしまうようになり、急激に体重が増えました。太ることを気にして、最初の内はヤケ食いする度にトイレで吐くようにしていましたが、先日遂に無茶な嘔吐が災いして食道に傷が付いて吐しゃ物に血が混じってしまい、マロリーワイス症候群と診断されてしまいました。

そういった身体的な負担はもちろんのこと、精神衛生上にも絶対に良くないように思えるので、ジムに行くなどの運動でのストレス発散に切り替えようとしましたが、体力が無く疲れてしまうことがさらにストレスに繋がり、余計にヤケ食いをしてしまいました。今は運動が苦手な人にも手軽にできるような、心身に良いストレス発散方法を探しています。何かおすすめはないでしょうか? (キセさん:20代)

イライラすると食べてしまう…!それがさらにストレスを貯める行為?

イライラした時に無性にドカ食いがしたくなって食べてしまったとき、気持ちはスッキリしていますか?
食べてしまったことに罪悪感を感じてしまい「あぁ~また食べてしまったな…」「また太ってしまうな…」と、自分を責めてしまったことはないでしょうか。
「食べてしまったのだから運動して消費しよう!」と始めたウォーキングやエクササイズも、その時の決意とは裏腹に続かなかったりして、根気がない自分をさらに責めてしまう。そんなことが続いて、もう何をやってもダメだからと半ば諦めてしまっている方もいるのではないでしょうか?

私も産後のストレスで、子どもが寝ている時間にパン、スイーツやスナック菓子に炭酸ジュースなどドカ食いしていた時期がありました。無性に食べたくなると止まらない、でもどんどん太っていく身体をみて「痩せなきゃ!」 と思うのに、やめられない…そんな負のループを繰り返していたので、その気持ちはとってもよく分かります。

ストレスで暴飲暴食してしまうのはなぜでしょうか?
それは「ドカ食いはダメだ!」と思っていることが、実は大きいんです。
食べてはダメと思えば思うほど、食べ物に執着して頭から離れなくなってしまい、余計に気になってしまい、その行動を引き起こしてしまっているのです。

食べること以外で、上手にストレス発散したい!

では、ストレス発散を食べること以外でするには、どうしたら良いのでしょうか?
ドカ食いしたい!と感じているときは、ストレスで心も頭もいっぱいになっている状態です。
なので、心と頭を一旦ストレスの原因からそらしてあげるのが良いでしょう。

ショッピングに出掛けたり、お部屋の掃除をしたり、大声でカラオケをしたり、またお風呂につかったり、リラックスできるマッサージに行ったり、緑の多い公園や庭園などで自然に触れたり、瞑想したり、寝たりなど、ほかに集中できることや一時的に日常を忘れる環境にいったりして、ストレスの原因から意識をそらしてあげられるといいですね。

その中でも私の一番のおすすめは、人に今の気持ちを話すこと!
会うたび同じ話で友達に悪い気がするとか、話したところで現状は変わらないと諦めず、まず友達に甘えてみましょう!
その時に友達の負担にならないよう「20分だけ、ただただ気持ちを聞いてくれる?」と相手の気持ちを確認し、思いやれるといいですね。

気持ちを言葉に出すことは、あなたが思っている以上に心が楽になります。
そして話しているうちに気持ちの整理がつきストレスの原因解決の糸口が見つかったりすることもあるのです。
食べること以外でどんな方法で上手にストレスを発散してあげられるのか?色々と試してあなたにぴったりなものを見つけられるといいですね!

それでも食べたい時は…幸せ時間を増やすように!

そうやって考えていても、「どうしてもイライラしてしまって食べたい!」と思うときってありますよね。
それでもいいのです。食べることで心のバランスをとってくれている(自分を守ってくれている)のだから、食べたいと思う自分も否定せず、嫌わないで受け入れてあげましょう!それも今のあなたを大切にするということです。

おすすめは、いつもとりあえず口にしていたものを吟味し、値段やカロリーより「その時に食べたい!」と 直感的に感じたものを丁寧に、ゆっくり食べる。それができた時には、ちゃんと自分を誉めてあげる。許してあげる。

どうせ食べるなら罪悪感なく、美味しくいただいたほうがあなたの人生に幸せな時間が増えますよね!
食べてしまったことを責める・後悔すると、またストレスがたまります。あなたの一番の味方は自分自身です。自分がやってしまったことを否定して苦しい時間をさらに増やすのではなく、許して・認めてあげて幸せな時間を増やすようにしてみましょう。
そういう風にあなたの幸せ時間を増やしていけたら、少しずつ自分を大切にするということがどういうことなのか?を、実感できてくると思います。

ストレスを抱え込まないために、まずは自分自身を知ろう

では、どうやったらストレスを貯めないようにできるのでしょうか?
まずは、自分のことを知る努力をしてもらいたいのです。

なぜ痩せたいと思っているの?
自分を責めたり否定したりしていませんか?もし痩せたいという気持ちが、今の自分のことを好きになれないという理由なら、悪いところにフォーカスしてしまう癖に気をつけ、まず自分のいいところを探す癖をつけるようにしましょう。

食べたくなる時がどんなキッカケ(タイミング)なのか?
ドカ食いしたくなるのがイライラする時ならば、まずは腹がたつ原因を考えてみましょう。
人にされると嫌だなと感じること、こういう行動はあり得ないと思うこと、自分が受け入れにくいことを考えてみてください。自分のイライラのパターンをちゃんと知ることができれば、感情をコントロールできるようにもなります。

あなたが幸せや苦しみを感じる瞬間はどんな時なのか?
あなたが、寂しくなる、悲しくなるのはどんな時ですか?うれしいときはどんな時ですか?
それを理解することで、今の自分に何が不足しているのかが分かり、補う方法を見つけることができるかもしれません。自分を満たすことができれば、空虚感を減らしてあげることができます。

自分のことが分かりだすと、今満たされていない原因、気持ちが安らぎ安定する方法が、敏感に分かるようになってきます。すぐには難しいと思いますが、少しずつ意識してみましょう。そして、なるべく苦しみを感じる状況を避けたり距離を置いたりできるよう心がけてみましょう。

ストレスを抱え込まない5つの習慣

ストレスが貯まって、ドカ食いしたくないのに食べてしまう。そして罪悪感を覚えてまたイライラする…そんな負のループ。そこから抜け出すには、まずはストレスを貯めこまないようにすることが大切です。
その秘訣は自分を満たしてあげること!
満たすのってどうしたらいいの?とよく聞かれますが、とってもシンプルなことなんです。

① 好きなことをして心のゆとりを持つ
② 家族や大切な人と幸せな時間を共有し、愛されていることを実感する
③ 毎日よく頑張っている自分のことを褒めてあげる
④ 自分の気持ちにウソをつき我慢や無理をしない
⑤ つらい出来事があったら、一番の味方でいてあげる

特別なことではなく、明日から誰でもできることだったりします。
あなたの満たされない思いが少しずつ消えて、ストレスに縛られる時間が減り、幸せな時間が増えることを願っています。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

ほり口 みどり

ほり口 みどり

日本で唯一のぽっちゃり女子専門カウンセラー。 自分に自信が持てず恋愛に臆病だったり、自信を持ってやりたいことができないぽっちゃり女子が減り、やりたいことを思う存分楽しめるぽっちゃり女子で溢れるような世の中にしたい!という思いで関西を中心にカウンセラー活動を行っている。