【医師監修】冬の敏感肌…セーターのチクチクをどうやって防止したらいい?

冬は空気が乾燥して、肌の水分が失われやすくなるため、些細な刺激に対して敏感になるものです。ウールやアクリルなどの硬い繊維のセーターが肌に触れると、肌が敏感に反応してチクチクした痛みやかゆみを生じることも多いでしょう。場合によっては、皮膚が荒れて炎症が起きることも…。

冬の敏感肌でも気持ちよく温かいセーターを着るポイントを医師に教えてもらいます。

重ね着をしてチクチクを防ごう!

セーターなどのニット類は繊維が硬いため、敏感肌の人は肌に触れるだけでチクチクします。また、アクリル・ウレタンなどにかぶれて、赤みや腫れを生じる接触性皮膚炎を発症することも少なくありません。

このような場合には、ニット類が肌に直接触れないよう綿やシルクなど肌への刺激が少ない繊維のシャツを重ね着するのがおすすめです。冬に人気の薄手であたたかいことで人気のナイロン、アクリルなどで作られた合繊インナーは吸水性が悪く、肌に刺激を与えることがあるため敏感肌の人は避けた方が無難です。綿やシルクでもデザイン性が高いシャツも多いので、重ね着をしてチクチクを防ぎつつ、おしゃれも楽しむようにしましょう。

 

冬とはいえ汗をかくことも多いと思います。セーターなどのニット類は保温効果が高く、合繊のものは通気性が悪いため、汗をかくと肌が蒸れて刺激となり、敏感肌を悪化させる原因になることがあります。

また、タイトなシルエットのニット類は汗が蒸れやすくなるだけでなく、肌への摩擦が起こりやすく、炎症を引き起こす誘因にもなりえます。

このため、ニット類を着るときは、汗を吸収する綿やシルク素材のシャツや肌着を重ね着したり、ゆったりとしたシルエットのものを選ぶようにしましょう

肌への保湿も忘れないで!

冬の敏感肌の原因の多くは、肌の乾燥です。ニット類のチクチクを防止するには、その原因を根本から改善することも大切です。

乾燥による敏感肌は、保湿効果の高いボディークリームやローションを使用することで改善できます。特に「尿素」などの成分が配合されたものは、乾燥によって硬くなった角質層を除去する効果もあり、しっとりと滑らかな肌に導いてくれるのでおすすめです。

ただし、肌に炎症がある場合には市販のクリームなどを使用するとかえって炎症が悪化して、敏感肌もひどくなることがあります。肌の赤み、強い痛み・かゆみなどがある場合は皮膚科を受診して薬を処方してもらうのもよいでしょう。

ゆらぎ肌にもしっかり対策しよう!

ゆらぎ肌とはいつもと違ったトラブルが起こりやすくなる肌のことです。ゆらぎ肌になることで、肌が敏感になってチクチクが生じやすくなるため、しっかり対策するようにしましょう。

ゆらぎ肌でチクチクが起こる原因には、ターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)の乱れ、生理前後や体調不良などが挙げられます。ゆらぎ肌を改善するには、規則正しい食生活や睡眠時間の確保を心がけ、体調を整えることが大切です。特に季節の変わり目や乾燥した冬はゆらぎ肌になりやすいため、保湿などのケアも怠らないようにしましょう。

静電気体質もチクチクの原因に…?

冬に悩まされる人が多い静電気。ドアノブなどに手をかけた瞬間にビリリと刺激が走った経験は誰でもお持ちでしょう。

静電気はニット類などの繊維によっても発生し、これがチクチクの原因にもなります静電気は乾燥肌だけなく、食生活の乱れが原因の場合があります。高脂肪・高塩分の食事を続けて血液がドロドロになると、体内のマイナスイオンが減少して静電気が起こりやすくなるのです。

静電気によるチクチクを避けるためにも、乾燥肌対策だけでなく、体内のマイナスイオンを増やす緑黄色野菜や果物、海藻類などを多く取り入れた食事を心がけ、身体の内側から体質改善を目指しましょう。

 

セーターのチクチクは、生活習慣や体調の変化、気候など様々な原因によって引き起こされます。快適に冬のファッションを楽しむためにも、チクチクの原因を改善していきましょう。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

成田 亜希子

成田 亜希子

弘前大学医学部卒。大学卒業後、育児を経て一般内科医として勤務。公衆衛生分野にも携わり、感染症対策や健康づくりにも従事。国立医療科学院や結核研究所での研修も積んでいる。 主な所属先:日本感染症学会、日本内科学会、日本公衆衛生学会