あなたはいくつ覚えてる? 平成の出来事

新年あけましておめでとうございます!今年もcolorearをどうぞよろしくお願いいたします。
2019年4月30日で平成も終わり。
今日はアラフォー&アラサーの方ならぐっとくる、平成に起こった出来事を一挙にご紹介します。

あなたはいくつ覚えていますか?

平成元年(1989年)任天堂から懐かしいゲームが発売された年!

1989年1月7日。
当時官房長官だった小渕恵三氏が「平成」と書かれた書を掲げました。
この年は、任天堂からゲームボーイとスーパーファミコンが発売された年。小学生を中心に爆発的なヒットとなりました。

平成4年(1992年)音楽業界で激震!

「若者のカリスマ」と呼ばれた尾崎豊さんが26歳で逝去。
また、1983年に結成し、「ギザギザハートの子守唄」「涙のリクエスト」などで知られるチェッカーズが結成9年で解散しました。

平成5年(1993年)皇太子さま・雅子さまご成婚

1993年6月9日、皇太子さまと雅子さまの結婚の儀が執り行われました。
皇居正門から4.25km。約30分間のパレードには20万人もの人が集まったそうです。

また、この年に日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)がスタート。
年間総合優勝はヴェルディ川崎で、当時の監督は松木安太郎氏。三浦知良・武田修宏・北澤豪・ラモス瑠偉など有名選手を多く擁していました。

平成8年(1996年)女子高生から火がつき社会現象に!「たまごっち」発売

入荷待ちで長蛇の列を作ったたまごっちが発売されたのは1996年。レアカラーは1台数万円にもなり、珍しい「おやじっち」を育てていると一目置かれるなど、社会現象に。

そしてポケモンが発売されたのもこの年。「ポケモン言えるかな?」という歌が小学生の間でブームになりました。

平成9年(1997年)消費税がはじめての増税、3%→5%に

今年10%に上がる消費税ですが、1997年は3%から5%に上がった年でした。

そしてダイアナ元皇太子妃がパパラッチに追跡されて交通事故死を遂げたのもこの年です。

平成10年(1998年)長野オリンピックが開催、スキー・ジャンプ ラージヒル団体男子が金メダル

第18回オリンピック冬季競技大会が長野で開催されました。
スキー・ジャンプのラージヒル団体では、金メダル。原田選手が「ふなき~」と叫ぶ姿を覚えている方も多いのではないでしょうか?

また、平成の怪物・松坂大輔選手が第70回選抜高等学校野球大会決勝戦においてノーヒットノーランを達成、横浜高校が優勝しました。
決勝戦でのこの偉業達成はなんと59年ぶり、史上2人目という快挙です。

平成13年(2001年)「ポケットに1,000曲」のキャッチフレーズの〇〇が発売開始

2001年10月にアップルからiPodが発売されました。モノクロな画面、5GBで47,800円と、今から考えると高価格だなと思いますが、当時CD数十枚分の音楽を持ち運べると話題に。
「ポケットに1,000曲」というCMが流れました。

そして、2018年時点で、日本歴代興行収入第1位である「千と千尋の神隠し」が公開されました。日本歴代興行収入TOP10にはスタジオジブリの作品が「ハウルの動く城」「もののけ姫」と合わせて3本ランクインしています。
※興行通信社発行「CINEMAランキング通信」参照

また、第一次小泉内閣が発足、アメリカ同時多発テロ(9.11)が起こったのもこの年です。

平成15年(2003年)郵政事業庁が日本郵政公社に

郵政民営化の第一歩として、郵政事業庁が日本郵政公社になったのがこの年。
今では当たり前となっていますが、当時電話・FAXなどで受け付けていた郵便物の再配達依頼が、インターネットを通して申し込みができるようになりました。

平成16年(2004年)20年ぶりの新紙幣発行

2004年11月、20年ぶりの新紙幣が発行されました。
一万円札は福澤諭吉、五千円札は樋口一葉、千円札は野口英世になっています。最新の偽造防止技術が搭載されたことに合わせて、日本銀行から発行される紙幣の表面ではじめて女性の肖像が採用されたことも大きく取り上げられました。(※2000年発行の二千円札の裏面に、紫式部と源氏物語の一場面の図柄は書かれていますが、肖像ではありません)

ちなみに…
新紙幣の前はそれぞれ誰だったか覚えていますか?
千円札 夏目漱石 → 野口英世、五千円札 新渡戸稲造 → 樋口一葉にでした!
言われれば「ハッ!」と思い出せますよね。

平成18年(2006年)「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手が大活躍

早稲田実業が第88回全国高等学校野球選手権大会にて初優勝を果たしました。
斎藤佑樹投手の愛称「ハンカチ王子」はこの年の流行語大賞にノミネートされています。

また、この年は「Twitter」がサービスを開始、「Facebook」も一般向けサービスが開始した年でもあります。
この時期から急速にSNSが発展を遂げることとなります。

平成21年(2009年)石川遼選手がゴルフツアー史上最年少の賞金王

18歳2ヶ月という若さで、プロゴルファー石川遼選手が賞金王に輝きました。
2018年に選手会長になったことでも話題となりましたが、女性のゴルフファンが増加したきっかけとなっています。

また、裁判員制度による初の裁判が行われました。
国民自ら参加することで、市民のもつ日常感・常識を裁判に反映させ、司法への理解を深めるきっかけともなりました。

平成22年(2010年)バンクーバーオリンピック 浅田真央選手が銀メダル

第21回オリンピック冬季競技大会で、フィギュアスケート女子シングルで浅田真央選手が銀メダルを獲得。
金メダルを獲得したのはキム・ヨナ選手でした。

平成23年(2011年)地上デジタル放送スタート、サッカー女子ワールドカップで日本女子優勝!

アナログ放送から地上デジタル放送に2011年に完全移行。
黄色いスクール水着、角がアンテナの「地デジカ」というキャラクターも登場し、各番組で本格的にデータ放送が導入されるようになりました。

また、FIFA女子ワールドカップ ドイツ大会で「なでしこJAPAN」こと女子日本代表が優勝したのもこの年。
決勝戦ではアメリカと対戦し、延長戦で決着がつかずにPK戦で優勝をもぎとりました。
この年は東日本大震災が起こった年でもありました。

平成25年(2013年)「倍返しだ!」紅白歌合戦並みの視聴率を獲得

流行語大賞となった「倍返しだ!」のセリフで人気を博したTVドラマ「半沢直樹」が高視聴率となりました。
平均視聴率が29.1%、最終回が42.2%と紅白歌合戦並みの視聴率を獲得。
ちなみに2013年の流行語大賞は「倍返し」「じぇじぇじぇ」「お・も・て・な・し」「今でしょ!」の4つです。
高視聴率ドラマと聞いて「家政婦のミタ」を思い出す方もいると思いますが、家政婦のミタは2011年に放送されたドラマです。

平成26年(2014年)17年ぶりに消費税5%→8%にアップ。買いだめが社会現象に

平成で2回目、17年ぶりとなる消費税増税が実施され、5%から8%にアップ。
増税前の3月には買いだめをするお客さんでお店がごったがえしました。

また、1982年から32年間にわたり放送を続けていた「笑っていいとも!」が終了。
8,054回の生放送は、「バラエティー番組 単独司会最多記録」としてギネス記録に認定されています。
最後のセリフはいつも通りの「明日も見てくれるかな?」でした。

平成28年(2016年) 国民的アイドルSMAPの解散

2016年12月31日、国民的アイドルグループSMAPが解散。
グループ結成から28年での解散となりました。
12月に発売されたラストアルバムは発売から3週目でミリオンセールスを達成し、Instagramなどで「#SMAPにどうか届きますように」「#SMAPは日本の宝」といったハッシュタグがたくさん生まれ、人々の注目を集めた出来事でした。

平成29年(2017年) 将棋 最年少棋士藤井四段が29連勝

史上最年少プロ棋士、若干14歳の藤井聡太四段が歴代単独一位となる29連勝を達成。
29連勝を達成したのは30年ぶりの快挙です。

平成30年(2018年) 平昌五輪で羽生結弦選手が連覇

昨年は、西日本豪雨被害や北海道の地震、大型台風が次々と日本列島を襲うなど、自然の猛威を痛感する一年でしたが、嬉しいニュースも沢山ありました。
テニスの大阪なおみ選手は全米オープン女子シングルスで優勝。四大大会シングルスの優勝は、男女を通じて日本人初です。
2月におこなわれた平昌五輪では、女子スピードスケートやカーリング女子で表彰台にのぼり、冬季オリンピック最多の13メダルを獲得。
そしてなんといっても、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が右足の負傷を乗り越えて連覇を達成!! 個人として最年少となる国民栄誉賞も授与されました。

あなたはいくつ覚えていましたか?
平成の出来事を編集部でピックアップしご紹介しました。個人的には、内容は覚えていてもこちらが先に起こったんだっけ…?と驚きました。
また、iPadの発売、地デジへの移行など今は当たり前になっているものを見ると、なんだか懐かしい気持ちに。

あと4カ月の平成と新元号とともに、皆様の一年が素晴らしい年であることを心よりお祈り申し上げます。
colorearでも少しでも皆様のお力添えできるような記事をお届けしていこうと思います。

よい一年にしていきましょうね!
今年もcolorearをどうぞよろしくお願いいたします!

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

colorear編集部

colorear編集部

プラスサイズの女性のためのライフスタイルマガジン。毎日のコーディネートのヒントやきっかけ、専門家によるお役立ち情報、グルメ情報など、毎日に彩りを添えられるような情報をお伝えしてまいります。