ミートテックがムーブメント。「ヴィーガンミート」はヘルシー&サスティナブル。レシピも紹介

ミートテックがムーブメント。「ヴィーガンミート」はヘルシー&サスティナブル。レシピも紹介

ヴィーガンミートとは?

ヴィーガンは完全菜食主義と訳されます。

ヴィーガンミートとは植物由来のもので作ったお肉の代替食品のことです。プラントベースミートともいいます。
今、このヴィーガンミートが2019年のフードトレンドワードにも入るくらいの勢いを見せています。

世界には様々な理由からヴィーガンの食生活をしている人々がいます。

動物愛護だったり、宗教上理由だったり、アレルギーだったり。健康やダイエット以外の目的で求められることも珍しくないヴィーガンフードの世界。

なんとなくヘルシーな感じはするけど、美味しいのかな?流行っているだけ?いえいえ、そんなことはありません。今世界はヴィーガンミートに大変注目をし、味や食感などにこだわりを見せているのです。

ミートテックの未来

ミートテックの未来

お肉といえば動物由来なのは当たり前のこと。では、ミートテックという言葉をご存知でしょうか。
植物性の原材料で“お肉もどき”を開発し、つまりはヴィーガンミートを食品業界に広めるイノベーションです。

現在、シリコンバレーではこのミートテックに注力している模様。
海外では大手バーガーチェーン店でもこのヴィーガンミートで作った商品の販売などを試験的に行い始めているようです。

ミートテックの目的として、畜産業でたくさん排出される温暖化ガスの削減、家畜の餌で消費される穀類などを減らし途上国の飢餓を救う、アニマルライツ(動物福祉)、動物性食品の過剰摂取で起こる肥満や疾病などの健康問題の改善などが挙げられます。

ヘルシーというだけではなく、環境や地球全体に対するのサスティナブルな意味で、食品・お肉が見直されているムーブメントが起こってきています。今後、代替えお肉の食品を目にする機会が増えてくるでしょう。

とはいえ、難しいことは抜きにして、ヘルシーで美味しい、新しい食材としてまずは受け入れてみてはいかがでしょうか。

様々なヴィーガンミートの種類

様々なヴィーガンミートの種類

ヴィーガンミートは完全に動物性を使っていない代替肉です。
どんなものがあるのか、いくつか挙げてみましょう。

知っている方も多くなっていると思いますが、代表的なものはソイミート。
大豆タンパクで作られています。唐揚げにぴったりなブロックタイプや生姜焼きなどもできるスライスタイプ、ひき肉の代わりに使えるミンチタイプなどがあります。

次にセイタン。
こちらは小麦タンパクで本物のお肉のような弾力ある噛みごたえが特徴的。味付けした状態で欧米諸国では瓶詰めなどでよく見かけます。

現在はアレルギー問題でグルテンフリー(小麦粉フリー)や大豆フリーの動きも見られるため、
えんどう豆のタンパクやひまわりの種のタンパクで作られたヴィーガンミートなども生まれてきています。

日本に昔からあるヴィーガンミート

これらのヴィーガンミートは全て海外発祥で、日本にもたらされたものがほとんどですが、日本に昔からある食材で、お肉のように食べられる食材があるのをご存知ですか?

それは「麩」です。
前述のセイタンと同じく、原材料は小麦です。

お麩のいいところは、乾物なので賞味期限が長いところ。冷蔵庫の中で賞味期限を気にしながら使うお肉より、使う分だけ戻して使えるお麩は種類も豊富。板麩やおつゆ麩、生麩など。その中でも食べ応え抜群で見た目も食感もお肉と遜色ない、車麩を使ったヴィーガンミートレシピをご紹介します。

レシピ:車麩のカルビ丼

車麩のカルビ丼

<レシピ:2人分>
車麩        2個
A
昆布椎茸出汁    1/2カップ
醤油        大さじ1
みりん       大さじ1と1/2
にんにくすりおろし 小さじ1
しょうがすりおろし 小さじ1
胡麻油       大さじ2
白ごま       大さじ1
片栗粉       大さじ1と1/2
ごはん       2人分
白髪ねぎ      適量
ししとう      4本

<作り方>

1.車麩は分量外の水に10分、浮かないように小皿を乗せて浸水しよく水気を絞る
2.1つの車麩を5等分に斜めに削ぎ切りし、Aの材料に30分漬け込む
3.また車麩をよく絞り、(漬け汁は捨てない)白ごまと片栗粉を押すようにしてよくまぶす
4.フライパンにごま油をひいて車麩とししとうを両面カリッと焼き目がつくように焼く
5.ししとうだけフライパンから取出し、③で残しておいた漬け汁をフライパンに入れ中火で加熱しながら車麩とよくからめる
6.丼にごはんを盛り、車麩カルビ、白髪ねぎ、ししとうを乗せる

車麩を甘辛くジューシーにお肉のように仕上げてご飯の上に乗せた様子はまるでカルビ丼。
お肉に見えるけれども、100%植物性。

食欲をそそる香りがたまりません!肉厚の車麩のじゅわっとした味わいが男性やお子様にも大満足のレシピです。お肉のようなボリュームあるものが食べたいけれど、硬いのはちょっと……。というご年配の方にもオススメです。

少量でたくさん作れ、お財布にも優しい。お麩でしたら、普通のスーパーでも手に入りやすいですよね。脂たっぷりのお肉と違い、まな板や包丁の汚れやにおいもつかないので、使う洗剤の量を減らすことができ、後片付けも楽チンそしてエコ。

まとめ

ヴィーガンミートは植物性のお肉。LDL(悪玉)コレステロールを増やす、飽和脂肪酸を多く含む動物性脂肪の摂取を減らすというヘルシーさだけでなく、環境問題や貧困問題を改善し、動物を大切にする。そんな地球と世界、そして自分にいいことを始めてみてはいかがでしょうか。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

iina(イイナ)

iina(イイナ)

菜食料理家 ・ヴィーガンフードクリエーター 著書に「MODOKI 菜食レシピ 」「Vege&Spice 野菜、スパイスで世界の菜食ごはん」「SUSHI MODOKI」(2019年11月、英訳され全世界へリリース予定)がある。 お肉・お魚・卵・乳製品・白砂糖以外の食材を使い、化学調味料や着色料などは一切使用せず、自然から生み出される野菜の色や形を大事にしたクリエイティヴなヴィーガンフードを生み出す。料理教室主宰、学校講師、メディアや広告等のレシピ制作等で活躍中。