【ぽっちゃりさんのお悩み相談】ヘルシー希望の私とがっつり派の夫。2人が満足する食事が知りたい!

体型が気になってヘルシーな食事をしたくても、ご家族がいる場合、一緒に住んでいる人の食事も気になるところ。
食事は毎日の楽しみでもありますから、一人の希望を叶えてしまうと不満が溜まることも…。
今回はそんなお悩みを、料理研究家の三井愛さんに相談してみました!

お悩み相談:家族との食事、どうすればいいの?

そろそろぽっちゃりという単語を使うのがおこがましいのでは…と思ってしまうぐらいにぽっちゃりしているのが気になります。
さらに、そろそろ自分の健康が心配…具体的に言うと糖尿病などが出てくるのではないかと、家族だけでなく医者からも心配されています。
体型のためもありますが、何よりも健康な身体のために、なるべくヘルシーな食生活を心掛けたいです。

ですがここで問題になってくるのは夫です。
夫は生粋の野菜嫌いな偏食家で、ヘルシーな料理にありがちな野菜の味が強い料理を食べてくれません。
私の健康はもちろん、夫の野菜不足も気になっています。
何か白米との相性が良いしっかりめ・がっつりめの味付けなのに「実はヘルシー!」といった感じの、夫婦の食べたいものが両立できるような料理のレシピは無いでしょうか?(キセさん 20代後半)

栄養士が回答!まずは味付けから意識してみよう

健康な体を維持するためには、体重管理は大切ですね。
ヘルシーな食生活を送るために、野菜を取り入れた食事はとてもよいと思います。

ただ、野菜嫌いを直すのは、なかなか大変です。
長年、慣れ親しんできた料理から、ヘルシーな味付けの野菜料理にするのは、とても抵抗があることだと思います。
最初は、香辛料や調味料を使い、野菜の味を隠してくれるような野菜料理から始めてみてはいかがでしょうか?
たとえば、キムチを活用した料理や、酢をきかせた味付けの料理、トマトで煮込んだ料理など。
キムチに使われているトウガラシには、カプサイシンという脂肪の燃焼を助けてくれる栄養素が含まれていたり、白米との相性も抜群です。
酢がきいた料理は、野菜の味を隠してくれ、まろやかなコクのある味わいにしてくれますトマトで煮込んだ料理は、トマトも栄養豊富な食材なので、おすすめです。ぜひ試してみてください。

三井さんおすすめ!野菜たっぷりの満足レシピ3選

1:トマト風味のロールキャベツ

高野豆腐を加えることにより、ガッツリ派の旦那さまも満腹感を得られるメニューです。
キャベツにトマトの味が染み込み、食物繊維が豊富な野菜をたくさん食べられます。
鶏むね肉の挽肉を使うことにより、カロリーダウン。
トマトの味がしっかりとついているので、むね肉のぱさぱさ感も気になりません。

<材料> 2人前
キャベツ 大きめの葉4枚
鶏むね挽肉 150g
高野豆腐 2個
たまねぎ 1/2個
溶き卵 1/2個分
ナツメグ 少々
塩・こしょう 少々
*スープ
水 カップ1 1/2
トマト缶 1/2缶
白ワイン 大さじ1
固形コンソメ 1個

<作り方>
① キャベツの葉は、耐熱皿にのせ、ラップをかけ、電子レンジ(500w)で約3分間加熱する。
しんの部分をそぎ取っておく。
② たまねぎはみじん切りにし、耐熱皿にのせ、ラップをかけ、電子レンジ(500w)で約2分間加熱し、冷ましておく。高野豆腐はおろし器ですりおろしておく。
③ ボールに鶏挽肉、たまねぎ、高野豆腐、溶き卵、ナツメグ、塩、こしょうを加え、粘りがでるまで、よく混ぜる。
④ キャベツの中央に1/4量ずつのせ、手前を折り、左右を折り、中の具材を包み込むように巻き、巻き終わりを楊枝でとめる。
⑤ 鍋にスープの材料を入れ、火にかける。温まったら、④を並べ、落し蓋をして、弱火で約20分間煮込む。

2:手羽先と大根のやわらか黒酢煮込み

白いご飯と相性抜群なあっさりレシピ!
鶏肉の表面を焼いておくことにより、うま味を閉じ込めることができます。
黒酢を使うことにより、照り、つや、コクが加わります。

<材料> 2人前
鶏の手羽先 6本
大根 1/2本
にんじん 1/2本
サラダ油 適量
*煮汁
水 カップ1
醤油 大さじ2
黒酢 大さじ1
酒 大さじ1
砂糖 大さじ1/2

<作り方>
① 大根は皮をむき、1.5cm厚の半月切りにする。にんじんは皮をむき、乱切りにする。
② フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉、大根、にんじんを炒める。鶏肉の表面に焼き色がついたら、取り出す。
③ 鍋に煮汁と②を入れ、火にかけ、落し蓋をして、中火で約20分間煮る。

3:野菜たっぷり“キムチのチヂミ″

野菜をたっぷりと食べられるチヂミは、お好みの野菜を入れて楽しめますので、旦那さまの好きな野菜で作ってみるのがよさそう。
たれは、さっぱりとした酢醤油でいただくか、ラー油などを加えてもおいしくいただけます。

<材料> 2人前
ニラ 1/2袋
にんじん 1/2本
じゃがいも 1個
白菜キムチ 80g
豚ひき肉 50g
小麦粉 80g
卵 1個
水 80ml
塩・こしょう 少々
しょうゆ 小さじ1
にんにくのすりおろし 小さじ1/2
ごま油 適量
*たれ
醤油 大さじ1
酢 小さじ2

<作り方>
① ニラは、3cm長さに切る。にんじんは皮をむき、千切りにする。じゃがいもは皮をむき、千切りにし、水にさらしておく。キムチは、汁気を切り、ざく切りにしておく。
② ボールに小麦粉、塩、こしょうを入れ、卵、水を加え、泡立て器で混ぜる。①の材料、ひき肉、しょうゆ、にんにくのすりおろしを加え、ざっくりと混ぜ合わせる。
③ フライパンを温め、ごま油をしき、おたまで②を直径7~8cmの円形になるように流し入れ、両面をこんがりと焼く。
④ たれをつけていただく。

少しずつ食事に野菜を取り入れてみましょう

香辛料や調味料を活かした野菜料理をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

体型維持、健康のためにも、少しずつ、野菜を取り入れた食生活を実践していってくださいね。
野菜は旬の食材を使うと、栄養も豊富なので、そのときどきの旬の野菜を楽しみながら、野菜料理を進めていくとよいでしょう。
無理をすると、リバウンドの原因にもなりますので、マイペースで、食べたい料理と野菜を使った料理のバランスをうまくとりながら、献立を立てていってくださいね。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

三井 愛

三井 愛

フードコーディネーター。 食品メーカー商品開発を経て、2007年より、ジャパン・フードコーディネーター・スクールチーフプロデューサーに就任。 食の世界を目指す後進の指導・育成に邁進する傍ら、自らメニュー開発・商品開発・スタイリング・食育教室など、さまざまなフードプロジェクトに携わっている。