ぽっちゃりさんにオススメの運動・ウェア選び(ヨガウェア/トレーニング・フィットネス・スポーツウェア)

ぽっちゃりさんにオススメの運動・ウェア選び(ヨガウェア/トレーニングウェア)

運動をした方がいいというのはわかっている。でもなかなか始めれない、続けることができない、忙しくてそんな時間まで手が回らない。そんな人の方が圧倒的に多いものです。

それでも思い立って運動を始めてみよう、そんな気持ちを持った方はそれだけで、とても素敵なことです。

今回は、私自身がぽっちゃり体型だけれど運動大好きで、ヨガインストラクターの資格も持っている、コロレア編集長のまるこが、ぽっちゃりさんにオススメの運動とウェアについてお話をさせていただきます。

INDEX

ぽっちゃりさんにおすすめの運動って何? 初心者からでも始められる運動

運動・身体を動かそうと思っても、何がいいのか迷うものです。
始めやすい運動を上げてみましたので、参考にしてみてください。

◎ウォーキング/ランニング

ウォーキング/ランニング

まず始めやすい運動として挙げられるのは、ウォーキングです。
手持ちの動きやすい服装から始められ、施設費用などの初期投資が少ない、隙間時間にできるのも利点です。
ランニングはしんどいけれど、早歩き程度のウォーキングなら初心者でも始めやすいのではないでしょうか?自分で決めた距離・スピード・頻度で進められることもメリットです。

一方でデメリットは、始めやすい分辞めてしまいやすいこと。
天候にも左右されてしまい、継続するモチベーションを維持することが一番難しい運動です。コツコツ続けることが得意な人に向いています。

◎ヨガ

ヨガ

始めやすい運動には、ヨガもあります。
初めは手持ちの動きやすい服装でももちろん構いませんが、ヨガスタジオに通うのであれば入会費や月額利用費、1回チケット代などがかかってきてしまうのでウォーキングよりは初期投資がかかってしまいます。
ヨガのメリットは、初心者向けのクラス・リラックス系のクラス・運動量の多いクラスなど、自分のレベルやその日の体調・嗜好にあったクラスを選べるところです。運動初心者の方は初心者クラスやリラックスクラスで身体や心を慣らしながら始められます。

デメリットは、ヨガスタジオや先生の都合に合わせないといけないことです。
受けたいクラスが自分の都合にあうかがポイントになってきます。
ヨガはストレッチ効果も高いため、続けることで身体が柔らく・しなやかになります。
身体が固いからヨガはちょっと、、、という声をよくききますが、だんだんとできるようになってきます。みんなが経験することなので、固い人を笑ったりバカにする人はいません。
身体が固すぎることは肩こり・腰痛膝痛にもつながりデメリットも多いので、運動初心者の方にはストレッチ効果の高いヨガもオススメの1つです。

◎フィットネスクラブ・ジム

フィットネスクラブ・ジム

こちらもヨガ同様、スタジオに通う初期投資が必要になります。
フィットネスクラブの良い点は、いろんな運動ができるところ。1人でマシンを使って運動したり、筋トレしたり、スタジオに入ってエクササイズをしたり、プールがあれば泳いだり、自分に合うものを試しながら探せるところがいい点です。
ヨガスタジオは基本ヨガが中心ですが、フィットネスクラブはランニングマシンから、筋トレ・様々な種類のスタジオエクササイズと、いろんなメニューがあるところもいいところ。

デメリットは、通って1人でやり続ける根気が必要なことです。
グループレッスンなど誰かに誘導してもらえるなら行くだけで流れに身を任せられますが、筋トレやランニングマシンなど自分でやることを考え続けるのは飽きにもつながりやすいです。
そんな人には価格は張りますが、パーソナルトレーナー頼むのもオススメです。マンツーマンで自身にあったメニューを考えてもらえ、次回の予約もとって強制的に運動する仕組みにしてしまうのも手ですね。1人で継続するのが苦手な方にはおすすめの方法です。

◎運動系アプリ(ダイエットアプリ)

運動系アプリ(ダイエットアプリ)

フィットネスアプリも始めやすい運動の1つです。
アプリダウンロードだけで家でできるので、初期投資が少なく気軽に始められます。そして最近はAIアプリが増えているので、自分の希望と理想にあった運動・筋トレ・エクササイズだけでなく、食事メニューまでオススメしてくれるのも大きなメリットです。
ジムのパーソナルトレーナー同様、アプリがパーソナルトレーナーになってくれます。運動の種類も沢山あり飽きない、続ける工夫をアプリ自体がしてくれます。

デメリットは、やはり1人なので辞めやすいこと。家にいる分誘惑も多くだらけやすく、自分との闘いです。

運動を続けるコツ

三日坊主という言葉があるように、コツコツ続けることが一番難しいものです。
しかし、運動は続けることこそが大切です。では、続けるコツは何でしょうか。

◎続けるコツ① 「身近な目標を作る」

毎日やる、10キロ痩せる、といったちょっとハードルの高い目標を初めに掲げると、なかなか到達できないため、挫折してしまいやすいです。
手に届きやすい目標を、1つ1つクリアしていく方が、達成感もあって続けやすいです。目標が達成できたら、ご褒美を上げる、素直に喜ぶ(自分をほめてあげる!)ことも大切です。

◎続けるコツ② 「友達・仲間をつくる」

1人ではなかなか続けられないもの。一緒に励ましあう友達がいることも続けるコツです。同じスタジオ・ジム仲間、インストラクターやスタッフと会話するのも楽しいものです。
また、インスタグラムやSNS・ブログに運動専用アカウントを作って記録したり、仲間をさがすのも手です。

◎続けるコツ③ 「なるべく近所」

ウォーキングもジムもスタジオも、なるべく近所がおすすめです。自宅から近い、職場から近いところを選びましょう。
わざわざ遠くに通うのはおっくうになりやすいです。

◎続けるコツ④ 「すぐに結果を求めない」

これが一番大切なのですが、すぐに成果を求めないようにしましょう。
すぐに痩せる、筋力がつく、身体が柔らかくなることはありません。時間がかかります。少しづつ、自分の身体や気持ちを変えていきましょう。
すぐに結果は出ませんが、ちょっとの変化が積み重なって、そういえば肩こりがなくなった、片頭痛が減った、身体が軽くなった、前向きになった、人見知りが減ったなどと気づくようになります。

人の目が気になるから勇気を出せない人へ

ぽっちゃりさんは、人の目が気になってしまうかもしれません。実際私もそうでした。最近はアプリも豊富で家でも運動ができますが、人の目が気になるからスタジオやフィットネスクラブに通うのをためらう気持ちはよくわかります。

ですが、実際は、ぽっちゃりさんが沢山います。むしろ多いと感じています。

スポーツブランドやフィットネス・ヨガのポスターや広告は、細くて美しい方をモデルに起用していますが、あんなに素敵な姿で、涼しそうな顔して運動をしている人はほとんどいません。
ポスターの中の人に惑わされず、勇気をもって運動を始めて欲しいです。始めてしまうと、意外と同じような人ばかりなので周りの目が気にならなくなりますし、やっている側も、どんな体型の人でも全く気になりません。お互い頑張ろう!という気持ちになります。

運動するためのウェア選び

初めは手持ちの動きやすい服装でOKですが、だんだんウェアが欲しくなってくるものです。見た目から入ってモチベーションを上げる人もいますね。どんなウェアがあって、メリットデメリットがあるかをご紹介します。
お手頃価格でスポーツウェアを手に入れるには、ユニクロやGAPがおすすめです。ですが、安価で店舗も多く手に入れやすい分、他の人と被りやすいというデメリットもあります。

ほかにもぽっちゃりさんはサイズが気になる所。クチコミやサイズ表をしっかり確認するようにしましょう。
大きなサイズまでカバーしているスポーツウェアは、ニッセンがおすすめです。アマゾンにも沢山海外ブランドの商品が販売されています。中国や韓国のブランドもいいものが沢山ありますので、色々探してみてください。

室内のヨガ・ジム向けのウェア

室内のヨガ・ジム向けのウェア

室内のヨガ・ジム向けのウェアは上記の写真の左3つのようなウェアです。
一番右のようにジャージスタイルの人はあまりおらず、適度なフィット感・露出感のあるウェアが主流です。

パンツは、①身体にフィットするレギンスタイプ ②キュロットやショートパンツをあわせたスタイル ③ゆったりパンツ のいずれかですが、スポーツ用ではなく手持ちのレギンスパンツを使用している人も多いです。スポーツ用のレギンスパンツの方が当然動きやすく、汗も吸い取り乾きやすく快適ですが、それなりに価格がしてしまいます。

一番多いスタイルは、①のピッタリタイプです。

ピッタリタイプ

商品詳細はこちら>>

ぴったりタイツタイプは、身体のラインが出やすいという最大のデメリットがあります。気になる方は、黒や紺といった濃い色の柄無(無地)をお勧めします。
柄モノで取り入れやすいのは、写真のように濃い色味。サイドにラインが入ったデザインもラインが分断されて着痩せ効果がありオススメです。
ぴったりタイツで1点気を付けたいのは、透け。特に色柄もの、手持ちのレギンスで行う場合は、下着が透けて見えないかのチェックだけはするようにしましょう。見えてしまう場合は、ショーパンを重ね履きする、柄物下着は避ける(黒のシームレスタイプがオススメ)など工夫しましょう。

レギンス_01

商品詳細はこちら>>

レギンス_02

商品詳細はこちら>>

レギンスにキュロットがついている商品もあれば、手持ちのレギンスにショートパンツだけ買い足す手もあります。ショートパンツだけなら価格も押さえられますね。
ただ、ショートパンツはなかなか大きなサイズがないのが悩みどころです。足回りなのでピタピタサイズや伸縮性のない素材は動きにくくなるのでNGです。
身体のラインを出すのに抵抗があるなら、ゆったりタイプのパンツを選びましょう。

ゆったりタイプのパンツ_01

商品詳細はこちら>>

ゆったりタイプのパンツ_02

商品詳細はこちら>>

ゆったりタイプのパンツは動きやすく、身体のラインも出にくく、体重の増減にも適応しやすいというメリットがあります。デメリットは、激しい運動にはもたついたり、汗を吸収して重くなったり、滑ってしまう点。あまり動かないタイプの運動(リラックス系のヨガなど)などにおすすめです。

トップスは、いわゆる「ブラトップ」のようなカップ付きのトップスが楽ちんで、洗濯物も少なくおすすめです。スポーツ用でなくてもブラトップは夏向けに吸汗速乾タイプのものが多いので、スポーツ用としても十分使えます。そして、安価なのが嬉しいですね。実際にユニクロのブラトップを利用している人はとても多いです。

ブラトップ

商品詳細はこちら>>

デメリットは、やはり他の人と被ってしまうところ。いろんなスポーツブランドでもカップ付きトップスは沢山でており、デザイン性のあるものも沢山あるので、人と被るのが気になる方、おしゃれしたいのであれば好きなデザインを探しましょう。

カップ付きトップス

商品詳細はこちら>>

カップ付きトップスではなく、スポーツブラ+トップスの人も沢山います。

スポーツブラ+トップス

商品詳細はこちら>>

日常使いのワイヤー入りの普通のブラジャーは、動きにくいし圧迫もされ、呼吸も上手くできにくくお勧めしません。スポーツブラは動きやすくデザインも可愛いものが沢山あるのでお気に入りを見つけてみてはどうでしょうか。

トップスは、手持ちのTシャツよりは、スポーツタイプの吸汗速乾タイプのものがおすすめです。トップスは、肩・袖口にゆとりがあるものを選びましょう。手を上げ下げしたり動かすのに、肩・腕周りにゆとりがないと動きにくいです。

夏は半袖、冬は長袖とトップスに変化もつけやすいです。

、スポーツタイプの吸汗速乾タイプ

商品詳細はこちら>>

、スポーツタイプの吸汗速乾タイプ_02

商品詳細はこちら>>

トップスなしで、スポーツブラのみ、の方ももちろんおられます。潔くてかっこいいですね。

スタイルのいい人でないとできない、と思われがちですが、ホットヨガならばぽっちゃりさんも多く、スポーツブラのみの人も沢山おられます。荷物も洗濯ものも少なくて済みます。

冬のウォーキング

あたたかい時期のウォーキングは上記のような室内ウェアとあまり大差ないですが、冬の時期の外でのウォーキングだけは、温かさが必要です。

冬のウォーキングウェア

商品詳細はこちら>>

冬のウォーキングはジャージやパーカーなど、温かい&動きやすいウェアをお勧めします。
ジャージ素材は動きやすいですが、風も通しやすいので、上にパーカーやウィンドブレーカーを羽織る、パンツの下にレギンスを重ねる、レッグウォーマーをつけるなどの工夫も必要です。
上半身は汗をかきやすいですが下半身は汗をかきにくいため、冷えてしまうことも。
お尻周り・ひざ下が冷えないように工夫しましょう。(特にそんなに距離やスピードを出さない場合)

シューズ

シューズ

左の商品詳細はこちら>>

右の商品詳細はこちら>>

ウォーキングやスポーツジムなどでも、スポーツ対応のクッション性のあるシューズをなるべく使用しましょう。ジムなどの床素材は滑らないので足に負担もかかるためクッション性があったほうが膝やかかとなど足に負担がかかりません。

ウォーキングも同様。最近は軽い素材のスポーツシューズが沢山でています。クッション性・軽さなど足に負担なく続けられるものを選ぶようにしましょう。
海外メーカーのシューズは横幅(ワイズ)が狭いモノもあります。縦・横と自分の足にフィットするものを探すようにしましょう。

ちょっとずつ続けてみよう

面白くない、苦痛なことを続けることは本当にしんどいですね。そして、続かないです。
何かしら楽しさがあるからこそ、続けられます。

なので、面白くなる、ちょっとでも楽になる、そんな工夫をしてみてください。せっかく運動してみよう、と思った気持ちを是非大切にしてほしいです。

我慢ばかりでは続きません。楽に続ける方法を、ぜひ探してみてください。

Alinomaのスポーツウェアはこちら>>
ニッセンのスポーツウェアはこちら>>

こちらの記事もオススメ

まずは呼吸から。ぽっちゃりさんにおすすめのお手軽ヨガ>>
下半身太りの原因は、むくみ・筋肉・脂肪! 下半身痩せにいい食事・運動>>
ぽっちゃりさんにつらい痛み・だるさにおすすめの体質改善エクサ・食事>>
骨盤の歪みをケアして美しい下半身を手に入れる>>
顔がむくむ…自宅でできる小顔マッサージ>>
二の腕を引き締めるには?! 二の腕&脇肉撃退マッサージ>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

colorear編集部

colorear編集部

プラスサイズの女性のためのライフスタイルマガジン。毎日のコーディネートのヒントやきっかけ、専門家によるお役立ち情報、グルメ情報など、毎日に彩りを添えられるような情報をお伝えしてまいります。

ホーム画面に追加 閉じる