ぽっちゃりさんの秋冬女子うけ女子会コーデのポイント(20代アラサー独身女子会/40代アラフォー大人女子会・ママ友会)

秋冬の女子会コーデはどう着こなす? 独身女子会から40代大人女子会まで・きれいめスカート・パンツスタイル

同期、学生時代の友人、ママ友に趣味仲間……大人になっても女子会は楽しみたいもの。とくに久しぶりに会うときに、ダサさや時代遅れは厳禁! せっかくの集まりだから、いつもはカジュアル派な方もきれいめにおしゃれしちゃいましょう。

「でも、何を着たら……?!」そんな方におすすめしたい、秋冬の女子会コーデのポイントをお伝えします。

INDEX

20代・アラサー独身女子会での女子うけコーデ

まずは独身女子会での女子うけを意識したコーデです。

20代・アラサー独身女子会スカートスタイルのポイント

ぽっちゃりさんにおすすめの20代・アラサー独身女子会の女子うけコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

1.スカートのシルエットは程よく甘めに

独身女子ならではの甘さを味わうのもアリ!だけど女子受けのためには、甘くなりすぎないように注意が必要です。

2.全体のバランスでスカートの長さをチョイス

素材や形が辛めなら長さは短め、甘めなら長めなど、他の要素とバランスをとりましょう。

3.トップスは顔映りの良いカラーを

洋服は全体のシルエットはもちろん、顔の印象も左右します。顔映りをよくし、第一印象を上げる、自分のパーソナルカラーを意識しましょう!

20代・アラサー独身女子会おすすめのスカートスタイルコーデ

20代・アラサー独身女子会おすすめのスカートスタイルコーデ

コーディネート詳細はこちら>>

トレンドカラーのベージュも、あえて補色のビビッドカラーと合わせれば元気一杯。パンチが効いたカラーなら、フェイスラインもスッキリと引き締まります。女子会ならではのちょっとだけ攻めたハットなどの小物も大いに楽しんで。

20代・アラサー独身女子会おすすめのスカートスタイルコーデ_02

コーディネート詳細はこちら>>

暗く地味になりがちな冬の装いにも、綺麗めカラーコートを持ってくるとテンションアップに印象アップ。
ラベンダーカラーにパープル系のタイツ、と細かいところにも抜け目がありません。バッグもあえて白っぽくして、若々しさと明るさを加えて。この3点の差し色があることで、ベーシックなニットワンピもかなりの格上げです。

20代・アラサー独身女子会パンツスタイルのポイント

ぽっちゃりさんにおすすめの20代・アラサー独身女子会の女子うけパンツコーデ

コーディネート詳細はこちら>>

1.素材選びが大事

ワイドも細身もOK。大事なのは素材。肉感を拾わない生地を選びましょう。ハリパンツの場合は、あえて甘めのカラーや艶っぽい素材で、女子らしさを加えてもGOOD。

2.トップスとのバランスで柄を楽しんで

トップスがシンプルなら、柄のパンツを。反対にトップスが目を引くアイテムならパンツはシンプルに。 気になる個性的な柄なら、まずはパンツでチャレンジしてみてくださいね。

20代・アラサー独身女子会おすすめのパンツスタイルコーデ

20代・アラサー独身女子会おすすめのパンツスタイルコーデ

コーディネート詳細はこちら>>

落ち着いた赤みの色のパンツはスタイルを綺麗に見せてくれ、いやらしくなく、男性受けもいいです。柄パンツを合わせるときも、このくらいの柄付きのトップスであれば、柄ON柄になっても喧嘩せずに可愛らしく華やかにまとまります。

20代・アラサー独身女子会おすすめのパンツスタイルコーデ_02

コーディネート詳細はこちら>>

デニムもロールアップして履けばフレッシュさ抜群。綺麗めのパンプスやバッグを合わせればお洒落デニムコーデの完成です。バッグに合わせてホワイトパールのピアスなどをしても可愛いです。また、ベーシックなデニムや、グレーやネイビーこそ、差し色を楽しんで。個性が光るだけではなく、顔映りも良くなって、第一印象もアップです。

バッグと靴の選び方

シンプルな装いほど、バッグや靴などの小物にはこだわって。
個性的なデザインで、女子友の中のオシャレ番長になること間違いなし。

バッグと靴の選び方_01商品詳細はこちら>>

素材が印象的な小物は、ぜひニュアンスカラーを選びましょう。洋服と合わせやすいので、素材の印象をやわらげ全体的なバランスを整えてくれます。

バッグと靴の選び方_02

商品詳細はこちら>>

今年トレンドのベージュやブラウンにも合わせやすいバイカラーのブーティー。この丈は、合わせるボトムの形や丈を選ばないので、一足持っていると本当に便利です。
また、タイツだけではなく、ソックスと合わせても◎いろいろな表情を楽しめます。

40代・アラフォーママ友や同級生と女子会好感コーデ

40代、アラフォー世代の女子会・ママ友会におすすめのコーデとポイントを紹介します。

40代・アラフォーママ友会・女子会スカートスタイルのポイント

ぽっちゃりさんにおすすめの40代・アラフォーママ友会・女子会スカートスタイルのポイント

コーディネート詳細はこちら>>

1.シンプルでほのかに大人の女性らしさが出るラインを選んで

トップスに綿入りなどハリ感があるなど、シンプルで素材が良さそう見えるものを選ぶと安心です

2.ミモレ丈〜ロング丈で落ち着いた大人の女性らしく

トレンドも踏まえると、ひざ丈やミニ丈のスカートはハードルが高め。
ミモレ~ロング丈を選びましょう。ブーツの色とタイツを同じ色で繋いでもいいですが、ナチュラルカラーのストッキングなどで肌見せしても抜け感が出ます。

3.ヘアスタイルはシルエットに合わせて

トップス、スカートともにロングシルエットになった場合は、髪の毛をアップ。トップスが空いた場合は髪の毛を下すなど、全体のシルエットに合わせてヘアスタイルを決めましょう。

40代・アラフォーママ友会・女子会おすすめのスカートスタイルコーデ

40代・アラフォーママ友会・女子会おすすめのスカートスタイルコーデ

コーディネート詳細はこちら>>

ネイビーやパープルって、実は着る人を選ばないってご存知でしたか? 大人のお肌を綺麗に見せてくれる効果があり、どんな色素や血色をお持ちの方にもおすすめです。

個性的なざっくりニットもシンプルなミモレ丈のスカートと合わせれば、こだわりの大人綺麗めコーデのできあがりです。

40代・アラフォーママ友会・女子会おすすめのスカートスタイルコーデ

コーディネート詳細はこちら>>

シンプルなウエスト切り替えワンピースは、1枚着るだけで綺麗めスタイルを完成させてくれます。
もちろん、レギンスやタイツ、ロングスカートと合わせてもOK。

ベーシックなスタイルなので、差し色の綺麗めパンプスや個性派バッグなど、小物選びにこだわれば、周りからオシャレさんの太鼓判を押されること間違いなしです。

40代・アラフォーママ友会・女子会パンツスタイルのポイント

ぽっちゃりさんにおすすめの40代・アラフォーママ友会・女子会パンツスタイルのポイント

コーディネート詳細はこちら>>

1.脚のラインを拾わない太さを

脚のラインをあまり拾わないジャスト〜ワイドサイズのパンツを選びましょう。
ゆったりヒップのワイドパンツは、楽チンだけど、どうしてもラクしているように見えてしまうので、パンプスなどでメリハリを。

2.おじさんっぽくならないように注意して

パンツを選ぶ場合は、おじさんぽくならないようにトップスや小物で女性らしさを投入しましょう。ほど良い甘辛バランスコーデができあがります。

40代・アラフォーママ友会・女子会おすすめのパンツスタイルコーデ

40代・アラフォーママ友会・女子会おすすめのパンツスタイルコーデ

コーディネート詳細はこちら>>

トレンドのブラウンカラーや、ウエストマークを意識したコーデ。
ブラウンカラーやデニムは、必要以上に落ち着いて見えてしまいがちですが、個性的な柄や赤いパンプスでスパイスを追加すればとってもオシャレに。
ころんとしたシルエットの綺麗めバッグや、ラウンドトウのパンプスで、可愛らしさや女性らしさも忘れていないところも大きなポイントです。

バッグと靴の選び方

バッグと靴の選び方

商品詳細はこちら>>

オトナ女性のオシャレは小物にこそ投資!とくに素材が安っぽく見えるものは避けましょう。
高見えするバッグのポイントは、

  • ゴージャスに見えるさりげない金具
  • 型崩れしないような綺麗なシルエット

です。カジュアルなパンツやスカートと合わせても装い全体がランクアップして見えますよ。

バッグと靴の選び方_02

商品詳細はこちら>>

先が尖った印象のポインテッドトウは、足を綺麗に、脚長に見せる効果があります。

スカートでもパンツでも合わせやすいですが、このように女っぷりが上がるパンプスこそ、パンツに合わせて欲しいもの。また、綺麗な差し色は装い全体のアクセントにもなり、オシャレ上級者へと格上げしてくれるアイテムです。

まとめ

たまに履くパンプスや背筋が伸びるファッションは気分をあげてくれるもの。ワンラック上のおしゃれな装いができれば、自信もアップ! 女子トークを思いっきり楽しんでくださいね。

ニッセンのコーディネートはこちら>>
Alinomaのコーディネート一覧はこちら>>

こちらの記事もおすすめ

都外川 八恵

都外川 八恵

スタイリング&カラーコンサルタント。COCOLOR代表。 企業向けカラーコンサルや研修はもちろんのこと、 「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を実現するスタイリングが得意。 似合う色だけではなく、似合う質感・柄・形で、ロジカルなメソッドを確立。 著書9冊、各種メディアからも取材実績多数。