この秋人気のマスタードカラー! ぽっちゃりさんにもピッタリなコーデの作り方とは?

この秋人気のマスタードカラー! ぽっちゃりさんにもピッタリなコーデの作り方

今年の春夏も人気を集めたマスタードカラーは秋冬も人気続行中!
大人っぽさがあって派手すぎない、絶妙な色合いが魅力のマスタードは秋の紅葉を連想させる色でもあります。
モノトーンなどの定番カラーがワードローブの大半を占めている方にもおすすめしたい、ぽっちゃりさん向けマスタードカラーの取り入れ方をご紹介します。

※こちらの記事では、あくまでコーデの参考としてスナップを選定しています。

フレアスリーブが目を引くフェミニントップスはオフィスに◎

フレアスリーブが目を引くフェミニントップス ぽっちゃりさんにおすすめ秋のマスタードカラーコーデ

スナップ詳細はこちら>>

伸びが良くさらりとした風合いが着心地のいい、カットジョーゼット素材を使用したマスタードカラーの7分袖フレアブラウス。

ボディラインを拾いにくく、ブラックのプレーンなクロップドパンツのシックなボトムに投入するだけで、ぐっとエレガントさ漂うコーデにアップデートできるのが魅力です!
袖口のフレアな切り替えが腕を動かすたびに揺れ動く、腕の華奢見え効果も華やかさもたっぷりのアイテムは一枚でサマになるのが嬉しい。オフィスシーンにもおすすめのコーデです!

細見えが期待できるセットアップリブカーディガン!

細見えが期待できるセットアップリブカーディガン

スナップ詳細はこちら>>

伸縮性があってボディラインを拾いすぎないリブ素材が嬉しい、ニットカーディガンとキャミソールのセットアイテム。
秋に人気のニットアンサンブルはマスタードカラーを選べば、トレンド感の中にも品の良さを感じるスタイルに仕上げることができます。

ボトムスはライトカラーのデニムを合わせれば軽やかさを感じる配色コーデに!
キャミソールとのセットなら、暑がりさんでも着こなしやすく、二の腕周りのもたつきが少ないのも嬉しいポイントです。

ボディラインを難なくカバーするならゆったりブラウス!

ゆったりブラウス ぽっちゃりさんにおすすめ秋のマスタードカラーコーデ

ゆったりブラウス_02 ぽっちゃりさんにおすすめ秋のマスタードカラーコーデ

スナップ詳細はこちら>>

ナチュラルなムード漂うフラワープリントが可愛い、マスタードカラーの柔らか7分袖ブラウス。センターのタックやVネック、リボンを配したボリュームスリーブが立体感をプラスしてくれるから、ボディラインを拾いにくくすっきりと見せられるのが嬉しいアイテムです。

ボトムスには青みの強いグリーンのロングフレアスカートを合わせれば、秋冬らしい上品な配色コーデに仕上がりますし、デニムカラーとも相性がよいです。

カジュアルにも着まわしやすいプリーツロングスカート

カジュアルにも着まわしやすいプリーツロングスカート ぽっちゃりさんにおすすめ秋のマスタードカラーコーデ

出典:cubki.jp

ビッグシルエットが今季らしいホワイトのロゴTシャツにブラックのキャップを合わせた、スポーティーなコーデ。
マスタードカラーのロングプリーツを合わせれば、プリーツが縦ラインを強調する上、グッと上品さ漂うコーデにアップデートすることができます!

インディゴブルーのデニムジャケットなど、定番のショート丈アウターを合わせても秋らしく好バランスに仕上がるはず。

適度なフェミニンさをプラスできるマスタードシャツワンピース

適度なフェミニンさをプラスできるマスタードシャツワンピース ぽっちゃりさんにおすすめ秋のマスタードカラーコーデ

出典:cubki.jp

レース使いがロマンティックなブラックのトップスに、濃いめカラーのデニムパンツを合わせたダークトーンコーデ。
軽やかさのあるマスタードカラーのロングシャツカーディガンをプラスすれば、脚にかけての体系カバー効果はもちろん、程よくフェミニンさ香るコーデに仕上げることができます。

ポイントはネック周りの開きと袖口のロールアップ!
ボリュームのあるロングシャツも手元&首元が見えるだけですっきりとした印象に見せられるはずです。

ダークトーンコーデの差し色にもピッタリのマスタードカラー。春夏に比べると重たい印象になりがちな秋のファッションにプラスして、コーデを盛り上げていきましょう!

ニッセンのマスタードカラーアイテム一覧はこちら>>
Alinomaのマスタードカラーアイテム一覧はこちら>>

こちらの記事もオススメ

アラフォーママは何を着ればいいの?19年オススメ時短コーデ>>
2019年秋のトレンドコーデ・アイテム>>
小花柄アイテムで作る、甘すぎない大人ガーリースタイル♪>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

bossa

bossa

学生時代から女性誌のライターアシスタントを数年、その後男性情報誌を手掛ける出版社で広告記事作成などに携わる。現在はファッションメディアを中心としたフリーライターとして活動中。