夏の装いはもう終わり?ぽっちゃりさんの残暑コーデ

アパレルショップでは8月1日から秋冬のファッションアイテムが並びます。
まだまだ残暑が厳しいころですが、秋ファッションのトレンドを取り入れた、秋を感じられるファッションを楽しみたいと思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、秋を先取りできるファッションアイテムとカラーコーディネートをご提案します。

秋カラーを活用して季節感を先取り

「秋カラー」と聞いて、どのような色を連想しますか?まず連想するのは“山々が紅葉した色”や“植物の実りの色”といった色ではないでしょうか。
「夏カラー」が夏の太陽に照らされた鮮やかなビビットカラーだとしたら、秋カラーは、少し落ち着いた深みのあるディープカラー。

緑系の秋カラー

通気性の良い天竺素材Tシャツ

アイテムの詳細はこちら>>

オレンジ系の秋カラー

レースデザインドルマントップス

アイテムの詳細はこちら>>

こういったアイテムのような、「モスグリーン」や「カーキ」といった緑系や「テラコッタ」や「アンバー」といったオレンジ系が、代表的な「秋カラー」です。他には、黄色系のマスタード、茶系のチョコレートやマロン、紫系のマルベリーなども「秋カラー」の深みのある色です。
「秋カラー」は実際よりも小さく見える「収縮色」といった色の特性があるので、細見え効果も期待できます。

秋カラーだけのファッションは、残暑の時期には重たく暑い印象になってしまうので、トップスに秋カラーを取り入れたら、ボトムには明るい色をコーディネートしてアクティブで爽やかな印象にしたり、涼しさを感じさせる素材を選びましょう。
ボトムに秋カラー取り入れたときは、トップスや顔周りに明るい色をコーディネートすることをお勧めします。

リネン混ウエストリボン付ハーフパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

この秋はキュロットがトレンドアイテムとなりそうです。
ウエストやヒップよりも裾幅が広いデザインのキュロットは、着痩せ効果も期待できるのでおすすめです。

「秋カラー」を夏アイテムに取り込めば、残暑の時期でも、「秋」を先取りしたファッションコーデが完成します。
まだまだ残暑が厳しいこの時期は汗をかくので、自宅でお手入れできる素材や肌触りのいいアイテムを選んで、季節を先取りした「秋カラー夏ファッション」を楽しみましょう。

朝晩の寒さは羽織りもので調整

昼間は暑くても、朝晩は涼しく感じたり、冷房が効きすぎていて寒いなと感じる事もありますよね。その様なときは、さっと羽織れて温度調節がしやすいアイテムがあると便利です。
温度調節にも活用したい羽織りものは、小さくたたんでカバンに入れて持ち歩くことも多いと思います。その様なときには、しわになりにくい素材のトッパーやカーディガンは持ち運びも便利で簡単に羽織れるのでおすすめです。

ロング丈薄手ニットカーディガン

アイテムの詳細はこちら>>

イレギュラーヘムカットソーロングカーディガン

アイテムの詳細はこちら>>

着丈の長いトッパーやカーディガンは、インナーとボトムを同系色にして縦のラインを作ると細見え効果が期待できます。着ない時は、腰に巻けば腰回りをカバーでき、ファッションコーディネートのアクセントとしても使えるのでおすすめです。

小物で秋を取り入れる

「美は細部に宿る」という名言がありますが、ファッションコーデも細部までこだわって、より美しくおしゃれに楽しみたいですよね。ファッションコーディネートアイテムの細部は、靴やバッグ、アクセサリーなどととらえることができます。
残暑の時期は、この秋のトレンドアイテムをまず取り入れて残暑コーデをワンランクアップさせましょう。

スクエアトゥパンプスワイズ4E

アイテムの詳細はこちら>>

この秋、スクエアトゥの靴がトレンドです。サンダルからスクエアトゥのパンプスに変えたるだけで、グッと秋のファッションコーデに近づきます。また、トレンド素材はサテンなどの光沢感のある素材です。

ブラックスクエアトゥヒールパンプス選べるワイズ

コーディネートの詳細はこちら>>

ベージュ系の明るい色のシューズは足と一体となり、足が長く見える効果が期待できますが、黒に代表される暗い色を足元やボトムにコーディネートするとファッション全体に落ち着きや安定感を生む効果があります。この時期から、靴やボトムの色を暗い色にシフトしておけば、秋の落ち着いた重厚感あるファッションを長期間、楽しむことができるのでおすすめです。

バンブーハンドルの2WAYショルダーバッグ

アイテムの詳細はこちら>>

クラシックなファッションイメージは、この秋のファッショントレンドイメージの一つです。
クラシックなイメージに通じる、落ち着きのある小ぶりなデザインのハンドバックや、バンブーなどのクラシカルな素材が使われているものがおすすめです。

ロング丈チュニックコーデ

コーディネートの詳細はこちら>>

ファッションカラーコーディネートの目安として、3色を使用し、3色それぞれの分量を変えるとファッションカラーコーディネートがまとまりやすくなる、「カラーコーディネートバランス」という手法があります。
こちらのカラーコーディネートはチュニックのモカベージュが一番大きな面積に使う色「ベースカラー(全体の70%程度)」、スカートのレッドが二番目に大きな面積に使う色「アソートカラー(全体の25%程度)」、そして、ファッションカラーコーディネート全体を引き締める役割をする「アクセントカラー(全体の5%程度)」がショルダーバックのイエローです。

アクセントカラーの使い方でファッションコーディネートが成功するかどうかが決まるといっても過言ではありません。カバンなどの小物をアクセントカラーとするファッションコーディネートにして、周りの人と被らない秋ファッションを楽しみましょう。

べっ甲調モチーフネックレス

アイテムの詳細はこちら>>

アクセサリーもビーズやガラスなどの清涼感ある素材から、べっ甲やレザーなどのアイテムに変えるだけで秋の雰囲気を演出することができます。

アジャスター付きべっ甲調サークルネックレス

コーディネートの詳細はこちら>>

アクセサリーもビーズやガラスなどの清涼感ある素材から、べっ甲やレザーなどのアイテムに変えるだけで秋の雰囲気を演出することができます。
ロングネックレスは、デコルテにゆったりとした縦長のラインを加えることができるので、スタイルアップして見える効果や小顔に見える効果も期待できます。
これからの季節はタートルネックなどの胸元の詰まったデザインのトップスが多くなるので、ロングネックレスが一つあると、縦長ラインを簡単に作ることができるのでおすすめです。
こちらのべっ甲のネックレスはアジャスターで長さ調節ができ、ロングネックレスとしてべっ甲のトップをバスト下になるようにつければ縦長ラインにプラスして、バストアップしたように見える細見えも期待できます。

ファッションの細部ともいえる小物からも秋のアイテムを取り入れて、残暑コーデを完成させましょう。

まとめ

残暑が続いていますが、ファッション界の暦は「秋」にシフトしています。
まずは、秋カラー夏アイテムや機能的素材をうまく活用したり、小物に秋のトレンドアイテムを取り入れて秋ファッションにシフトチェンジしましょう。
秋はファッションを、最も楽しめる季節です。
今から季節を先取りして、秋のトレンドアイテムやカラーを上手に使って、ファッションを楽しみましょう。

ニッセンの秋の新作はこちら>>
Alinomaの秋の新作はこちら>>

こちらの記事もオススメ

ナチュラルな重ね着で季節の変わり目を楽しもう♥ 楽ちんワンピースレイヤード>>
着痩せ見えに使える! デニムジャケットですっきりおしゃれなアウターコーデ>>
夏の終わりに着たいのは「涼しげロングワンピース」! >>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

川島 彩子

川島 彩子

カラーコーディネーター 。インポートブランドのショップスタッフ時、人によって「似合う色」「デザイン」があることを知り、ファッションやインテリアの「色」について専門的に学ぶ。現在は、カラーコーディネーター育成の他、企業や地方自治体主催のカラーセミナーなどを精力的に行っている。