素材で快適に。暑い夏を乗り切るぽっちゃりさんにおすすめ夏服・夏素材

素材で快適に。暑い夏を乗り切るおすすめ素材

いよいよ夏!昨年の凄まじい猛暑を思い出すと、今年の暑さも油断はできないものですよね。
しかし暑すぎたり寒すぎたり、あまりに極端な気温のときって、オシャレのことなんて二の次になってしまいがち。

ところが昨今は、オシャレで機能的な洋服、つまり素材に一工夫ある洋服が豊富に揃うため、ただ見た目の可愛らしさだけで選ばず、素材に着目して選ぶだけで、暑い夏でも快適に過ごしつつ、着ていて楽しくなるオシャレも抜かりなくできるのです。

では暑い夏を快適に過ごせる素材って?その疑問にお答えします。

夏服におすすめの素材

夏服におすすめの素材

リネン、コットン、テンセル、レーヨン、ポリエステルが夏におすすめの素材です。それぞれを詳しく説明します。

リネン(麻)

肌あたりがシャリっと、からっとしていて、通気性・速乾性抜群!ここ数年の猛暑に率先して着たい、夏服にベストな清涼感のある天然素材といってよいでしょう。汗をかいても肌に張り付きにくく、そして早く乾くので湿気の多い日本の夏に昔から多様されていた素材です。

元々シワ感のある風合いのため、洗濯がラクでアイロンいらず。ワンピース、ボトムス、ブラウスとして着るだけでこなれて見えるので、おすすめですね。

リネン・麻_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

リネン・麻_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

ただしリネンは、カジュアルな雰囲気がでやすいことが、良い面でもある反面、フォーマルな場にはふさわしくありません。かしこまったレストランなどに着るのは、なるべく避けましょう。

コットン(綿)

肌触りが良くて、、吸水性が非常に高く風通しも良いコットンも、年中使われる素材ですが、汗をよくかく夏にも適した天然素材です。
ピュアコットン(綿100%の商品)か、他の繊維と混紡かによって風合いが変わりますが、総じてカジュアルなシーンで着たい、Tシャツやワンピースが豊富に揃います。

コットン・綿_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

コットン・綿_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

綿100%の素材は、シワが付きやすくブラウスやパンツなどは旅行には不向き。加えて濃色もシワが目立ちやすいので、夏の旅行にもっていくなら、シワが目立ちにくい白のTシャツやスカートがおすすめです。

テンセル

シルクのようなツヤ感がドレッシーで、肌あたりはさらっと柔らかい風合いであることから、夏服で着ると清涼感ある再生繊維です。

再生繊維とは、元々木材パルプや綿の実など天然植物が原料で、それらを極力化学の力を使わず繊維にしていることから、天然繊維らしさを残した化学繊維になります。

テンセルは、そのツヤ感を生かして夏のオシャレ着に多く使われている素材ですが、洗濯シワが付きやすいので、手洗い&洗濯ネット入で脱水&吊り干しもしくは平干しがマスト。

テンセル_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

テンセル_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

カジュアルな装いも、テンセル素材のものを選ぶと、ドレッシーになりますので、デニムやTシャツを綺麗めに着たい方にもおすすめですね。

ポリエステル

石油を原料とした化学繊維のひとつにあたる、合成繊維になります。化学繊維と聞くと天然繊維より安っぽく見られたり、粗悪のように思われがちですが、決してそんなことはありません。スポーツ衣料にもよく使われる素材になります。

元々ポリエステルは、耐久性が高い素材。洗濯や着用を重ねるにつれてピリングという小さな毛玉がでやすいところがデメリットではありますが、ポリエステルは速乾性や伸縮性が優秀なので、実はとっても機能的な優秀素材なんです。

コットン100%のデニムが固くて履きにくくても、ポリエステルとの混紡であると、ストレッチがきいていてよく伸びるため、履きやすくなるのです。

最近は、ノースリーブのブラウスのような、大人がさらっと着る夏服にも多く、コットンやリネンには出せない、エレガントな印象を出してくれるのがポリエステルの特徴でもあります。

ポリエステル_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

ポリエステル_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

ポリエステルは、シワも付きにくいので、旅先にもっていく夏服にもおすすめですし、アイロンいらずで洗濯したらすぐに着られる服が多いことから、夏場の日常着にもおすすめです。

レーヨン

レーヨンもテンセルと同じ再生繊維ですが、テンセルは木材から抽出したセルロースを「精製」したものに対し、レーヨンは化学変化を起こしたセルロースを、さらに化学薬品で「再生」したものになり、元の原料は同じでも、テンセルよりずっと人工的な化学繊維になります。

レーヨンワイドパンツ

レーヨン_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

レーヨン混プリントTシャツ

レーヨン_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

さらっとした着心地や、ツヤのある風合いは、上記に上げたポリエステルやテンセルにも似た特徴があります。

レーヨンならではというと、静電気が起きにくいところや、ニオイが付きにくい特徴をもつことから、夏服におすすめの素材です。

ただしシワが付きやすかったり、型崩れがしやすいデメリットがあるため、うっかり吊るして干したり収納したりすると伸びきってしまいます。日々のメンテナンスに注意が必要になります。

素材_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

素材_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

 

おすすめ!素材のコーデ

ポリエステル×レーヨンコーデ

ポリエステル×レーヨンコーデ ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品の詳細はこちら>>

暑さ対策したいけど、日焼けが気になるから、真夏でも長袖を着ていたい!という女性は少なからずいるもの。

ポリエステル100%で落ち感のある長袖のとろみシャツとレーヨンベースのパンツで落ちつき爽やかコーデの完成です。
ポリエステル素材のシャツは、汗をかいてもベタベタせず、さらっとした着心地で暑さがたまらない日でも快適!袖を少しまくって着ると、こなれて見えておすすめです。

パンツはレーヨンベースだから、汗をかいて脚に生地がまとわりつくことがなく、足さばきよく歩けるから、炎天下でも活動的に動けます。

コットン×ポリエステルコーデ

コットン×ポリエステルコーデ_01 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

コットン×ポリエステルコーデ_02 ぽっちゃりさんにおすすめの夏服・夏素材

商品詳細はこちら>>

コットン素材のワンピースは、通気性がよく、着心地も抜群だからこそ、まさに真夏の必需品!
ポリエステルとの混紡のワンピースをベージュアイテムで固めるのが吉。ベージュのコットンワンピースにありがちな、カジュアル感を抑えたお出掛け仕様の風合いになります。真夏のデートシーンにも最適だから、小物を変えて、様々な印象を楽しんでみてください。

ほんの少し、素材のことを知っておくだけで、ライフスタイルに寄り添うオシャレが楽しめます。
機能性とオシャレが共存したとっておきの夏服を、ぜひ見つけてくださいね。

ニッセンの商品一覧はこちら>>
Alinomaの商品一覧はこちら>>

こちらの記事もオススメ

涼&楽なのにキチンと見え!夏のオフィスカジュアル>>
ママにおすすめ!お悩み解決別の夏のトレンド着やせコーデ>>
夏におすすめな涼しい下着>>
蒸れやすい夏場の生理…。快適なブルーデイの過ごし方とは?>>
やっぱり綿100%が好き!おすすめ綿インナーをご紹介
汗でお困りの方必見!着るだけでできる汗ジミ対策アイテム>>
【医師に聞いた】汗の匂いの秘密とあせも(汗疹)対策

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

高田空人衣(くにえ)

高田空人衣(くにえ)

スタイリスト・パーソナルスタイリスト。大人女性のライフステージの変化に沿った、装いの悩みを解決する専門家。 “着やせファッション”に定評があり、NHK、テレビ朝日、日本テレビ、TBS等の人気番組に多数出演、着こなし監修を手掛けている。 Yahoo!Beautyをはじめとした大手WEBマガジンにて、ファッションコラム連載中。