ぽっちゃりさん・プラスサイズ 夏のアウトドアコーディネート・ファッション

ぽっちゃりさん・プラスサイズ 夏のアウトドアコーディネート(バーベキュー・フェス・キャンプ)

そろそろ夏の日差しが強くなり、色々なイベントが目白押しの季節がやってきますね。
山や川でのキャンプやバーベキュー、音楽フェスなど今から楽しみなイベントがスケジュールに入っている方もいらっしゃるでしょう。

そんなイベント時のアウトドアファッションはどんなところに気を付ければいいでしょうか。
自然の中に入るアウトドアの時は、朝晩の冷え込みと日中の気温の寒暖差が激しいことが多いです。
そのためにも、温度管理のしやすいアイテムでコーディネートした方がいいですね。

夏だからといってTシャツ1枚ではなく、上にすぐ脱ぎ着ができるスポーツ系のパーカーを羽織りましょう。
虫刺されや木々による擦り傷なども、自然の中では考えられるので、あまり露出が多すぎないものを選ぶのもアウトドアファッションのポイントです。

解放的なシチュエーションだからといって、胸元や背中が見えすぎたデザインのものは避けた方が賢明です。
そうとは言え、あまりにもスポーツテイスト感のあるコーディネートで男性的になってしまうのも、女性としては避けたいところ。

今回は、温度管理ができて、露出が多すぎず、且つ男性っぽくならないアウトドアファッションのコーディネートをお伝えしていきます。

\シーン別/ぽっちゃりさんにおすすめしたいアウトドアファッション

日帰り&手軽にBBQ!いつもよりちょっとラフなコーデ

日帰り&手軽にBBQ!いつもよりちょっとラフなコーデ ぽっちゃりさんの夏のアウトドアファッション

商品詳細はこちら>>

日帰りなどで近くの川などに行き、ちょっと手軽にバーベキューを楽しみたいときなどは、こんな感じのコーディネートがオススメです。
近場と言っても電車に乗る方も多いと思いますので、ラフすぎないコーデでかつ動きやすい服装がベストですね。
ブルーのカットソーにワイドデニムを合わせた、キレイめな大人カジュアルスタイルです。
足元はヒールのない、ペタンコの赤いバレエシューズで歩きやすさとポイントのさし色カラーとの2つのポイントを兼ね備えた着こなしに仕上げています。

バーベキューでもバッチリなコーディネートですが、普通に町を歩いていても違和感のないファッションです。
近場の手軽なバーベキューには、いつもよりちょっとラフくらいのアウトドアファッションがGOODです。

日帰り&手軽にBBQ!いつもよりちょっとラフなコーデ ぽっちゃりさんの夏のアウトドアファッション

コーディネート詳細はこちら>>

ストライプのブラウスにゆったりめデニムを合わせて、キレイめカジュアルスタイルもオススメです。
ストライプが縦ラインを強調して細見え効果もありますし、パンツはゆったりめでボディラインを拾わないので安心の履き心地です。

デニムなので、バーベキュー時に少し汚れたところに座っても気にせずいられますね。
ボトムスはデニムでカジュアルに仕上げたら、トップスは少しレディライクなブラウスをセレクトして、男性っぽいコーディネートにならないようにしましょう。

紫外線対策をしっかり!ぽっちゃりさんのフェスコーデ

紫外線対策をしっかり!ぽっちゃりさんのフェスコーデ ぽっちゃりさんの夏のアウトドアファッション

コーディネート詳細はこちら>>

終日炎天下の下にいることも多いフェスはスタイル、紫外線対策や熱中症対策をしっかりと考えたコーディネートにするのが理想的なスタイルです。
白いビッグシルエットのシャツワンピースに汚れても平気なデニムを合わせて、ストリートっぽい雰囲気を演出したカジュアルコーデです。

炎天下の中にいるので、帽子は必ず被っていった方が良いアイテムです。
ですがハットなどつばの広すぎるものだとフェスのライブで踊っているときに他人に当たったり、手が当たって脱げそうになったりということもあるので、キャップなど顔周りのつばが小さめの帽子をセレクトするのがいいでしょう。

日中、体を焼きたい方は羽織にしているシャツワンピを脱いで、タンクトップ1枚になってみるのもいいですね。
日が陰ってくるころには涼しくなってくるので、シャツは羽織って、紫外線対策と温度管理ができるコーディネートでフェスを楽しんでくださいね。

紫外線対策と温度管理ができるコーディネート ぽっちゃりさんの夏のアウトドアファッション

コーディネート詳細はこちら>>

ゆるめのロングワンピースにスポーツテイストのパーカーを合わせた甘辛ミックスカジュアルコーデです。

フェスといっても、少し女性らしい雰囲気を演出したければ、このようなティアードワンピ―でロング丈のものがオススメです。
ゆったりとしたシルエットのワンピースなので、体のラインを気にせず安心して着られる点もマストなスタイル。
パーカーは紫外線対策や日が落ちてきたときの温度管理用の羽織として、フェスコーデには必需品のアイテムです。

キャンプコーデは防寒&虫よけを忘れずに!

キャンプコーデは防寒&虫よけを忘れずに! ぽっちゃりさんの夏のアウトドアファッション

コーディネート詳細はこちら>>

泊りがけで行くキャンプコーデの場合、山は日が落ちると冷えるので防寒対策をしっかりとしたスタイルで楽しみたいところです。
虫よけもしたいので、虫が寄ってくる黒を基調にしたコーディネートは避けた方がいいでしょう。
ロゴ入りTシャツにデニムパンツを合わせて、カラフルなパーカーを羽織ったスタイルはキャンプコーデにオススメです。

日中は暑いのでTシャツ1枚で過ごし、寒くなってきたらパーカーをオン!
汗をかいたら中に着ているTシャツを変えればいいので、着替え用Tシャツを何枚か持っていくことも忘れずに。
足元は花柄のスリッポンタイプのスニーカーでお洒落感と歩きやすさを兼ね備えたコーディネートがオススメです。

お洒落感と歩きやすさを兼ね備えたコーディネート ぽっちゃりさんの夏のアウトドアファッション

コーディネート詳細はこちら>>

キャンプコーデでスカートを取り入れたコーディネートにしたいというときはこのような着こなしをしてみましょう。
遊び心のあるカラフルパーカーにブラウンのロングスカートを合わせて、ボディバッグをかけて、鮮やかな色使いのカジュアルスタイルです。
インナーはTシャツをセレクトして、パーカーの羽織は日中と夜の寒暖差の温度管理に一役買ってくれます。
足元はスニーカーをチョイスするのが、ベストです。

最後に

毎年夏がやってくると、楽しいイベントが多く、家族の思い出もそれだけ増えていきますよね。
今年のアウトドアもピッタリなコーディネートで参加して、楽しく過ごしてください。

ニッセンのコーディネートはこちら>>
Alinomaのコーディネートはこちら>>

こちらの記事もオススメ

ぽっちゃりさんの浴衣の着方・選び方>>
今年は夏を満喫! 体型カバーできる補正水着・ラッシュガード>>
BBQ・バーベキューコーデ、持ち物も>>
着やせもかなう! ぽっちゃりさんの浴衣の着方・選び方>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

宮 万紀子

宮 万紀子

20代前半より古着ショップでスタッフとして働き、ファッション業界に入る。数社の国内アパレル会社にて販売、バイヤー業務に携わった後、2010年よりフリーランスのスタイリスト。タレントのTV出演時のスタイリングやCM,広告のスタイリングを数多く手がける。現在はライターも兼務。