トップスインが苦手なぽっちゃりさんへ!トップスインコーデのコツ、OK・NG例をご紹介

トップスインが苦手なぽっちゃりさんへ!トップスインコーデのコツ、OK・NG例をご紹介

今回は着こなしの定番であるトップスインについて、特徴やぽっちゃりさんおすすめのトップスインコーデ、逆にトップスインしないほうがいいケースなどをご紹介します!

目次

お腹周りが気になって、トップスインに抵抗がある。。
トップスインコーデのポイント3つ
ぽっちゃりさん向け!おすすめのトップスインコーデをご紹介
これはNG!トップスインしないほうがいいコーデ

お腹周りが気になって、トップスインに抵抗がある。。

「トップスを中に入れたら太って見えるんじゃない?」
「試してみたいけど抵抗がある」
「お腹周りが目立つ気がする」
などトップスインに苦手意識のある方も多いのではないでしょうか。

しかし、細見えしたい人こそトップスインは有効なのです!
お腹を目立たせたくないからと言ってトップスを外に出して着ると、くびれがなくなってずんどう体型に見えがちです。
コーディネートにメリハリがないことから、だらしない印象にもつながります。

逆に、トップスインをすることで細見えする理由は2つあります。
・上半身がすっきりする分、コーディネートにメリハリが生まれる
・ウエスト位置をはっきりさせると、脚が長く見える

ロングパンツやロングスカートなど、引き続きゆったりシルエットがトレンドです。ボトムスにボリュームがある分、トップスはインしてコンパクトにしたほうがすっきりします。
また、お腹をカバーするようにトップスを出すと足が短く見えアンバランスです。

トップスをインして普段よりウエスト位置をあげることで、同時に脚長効果が期待できます。
トップスインは簡単にすっきりとした印象になるため、苦手と感じている方もぜひチャレンジしてもらいたいテクニックです!

トップスインコーデのポイント3つ

その1:トップスインに適したアイテムを選ぶ

トップスインコーデ成功のためには、トップスインに適したトップス選びが重要です!

1、素材:薄手のもの
2、サイズ:ややゆとりのあるサイズ感
3、長さ:余裕のある長さ

トップスインに向いている要素は以上の3つです。それぞれ詳しく説明します。

1.素材:薄手のもの

薄手のもの

商品詳細はこちら>>

カットソーやブラウスなど薄手のものを選べば、中にインしてもお腹周りが目立ちません。トップスインに抵抗のある方であれば、まずは薄手の素材からチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

2.サイズ:ややゆとりのあるサイズ(ブラウジングするときに大切)

ややゆとりのあるサイズ

商品詳細はこちら>>

「トップスインはジャストサイズを選ばないと!」と思いがちですが、実はすこしゆとりのあるサイズのほうがトップスインしやすいのはご存知ですか。
理由はトップスをつまみ出して微調整(ブラウジング)するときに、ぴったりよりも少し余裕があったほうがバランスを取りやすいからなんです。
トップスインするときのサイズは、ぴったりジャストサイズより少し大き目のものを選びましょう。

3.長さ:余裕のある丈感

余裕のある丈感

商品詳細はこちら>>

トップスイン失敗しやすい原因の1つに、トップスの丈が短いことがあげられます。丈が短いと動いているうちにトップスが出てきてしまったり、うまくブラウジングできなくなってしまいます。
少なくともおへそより下まで長さのある丈感のものを選ぶとよいでしょう。

その2:ウエスト部分がゴムになっているものを選ぶ

ウエスト部分がゴム_01

商品詳細はこちら>>

ウエスト部分がゴム_02

商品詳細はこちら>>

トップスインするときに便利なのが、ウエスト部分がゴムになっているものです。

すべてにゴムが入っている必要はありません。後ろの部分だけゴム仕様になっているものは、よりきちんと感が出るのできれいめなコーディネートを作るときにおすすめです。

その3:ブラウジングしてお腹が目立たないように調整する

ブラウジングしてお腹が目立たないように ぽっちゃりさんにおすすめのトップスインコーデのコツ

商品詳細はこちら>>

ただトップスインするだけでなく、ブラウジングをするとお腹周りがより自然に見えます。では、簡単なブラウジングの方法をご紹介します。

①トップスを全てスカート(もしくはパンツ)の中に入れる。

——※この時点ではお腹わまりがパツパツでもOK

②トップスを3〜5cmほど引き出してお腹周りに少しだけゆとりを作る

③後ろ側(背中の部分)も前側と同じように引き出す

ブラウジングをすれば、座ったときもぽっこりお腹が目立ちにいのでオススメの方法です。

ぽっちゃりさん向け!おすすめのトップスインコーデをご紹介

それでは続いて、トップスインのコーディネートをご紹介します。
ぽっちゃりさんでもバランス良く着こなすための秘訣がありますので、ぜひチェックしてみてください!

フレアスカートにインする

フレアスカートにイン ぽっちゃりさんにおすすめのトップスインコーデのコツ

商品詳細はこちら>>

秋冬のトップスインコーデのキーとなるのがフレアスカート!

ふんわりした女性らしいシルエットでお尻まわりを自然にカバーしてくれるのもフレアスカートの嬉しいところ。

トレンドのチェック柄なら華やかな印象もプラスされ、シンプルなトップスをインすれば簡単安心トップスインコーデです。

ワイドパンツやキュロットパンツを合わせる

ワイドパンツやキュロットパンツを合わせる ぽっちゃりさんにおすすめのトップスインコーデのコツ

商品詳細はこちら>>

スキニーパンツやストレートパンツはトップスインするとバランスが悪くなりがちですが、裾にむかって広くなる形のワイドパンツやキュロットパンツは、トップスインと相性抜群です。

トップスを中に入れることで上半身の面積が減り、足を長くみせる効果があります。

ニットなど少し厚手のアイテムは前だけインがおすすめですよ。

ゆったりめのアウターを羽織る

ゆったりめのアウターを羽織る ぽっちゃりさんにおすすめのトップスインコーデのコツ

商品詳細はこちら>>

秋冬でも、すっきり見せるために役立つのが「ゆったりめアウター+トップスイン」の組み合わせです。

ゆったりめアウターとトップスインの相性がいい理由は、シルエットにメリハリが出るため。トップスインをして上半身をコンパクトにしてから、ゆったりめのアウターを羽織ると女性らしい華奢さが演出できます。

ロングカーディガンを合わせる

袖口くしゅくしゅロング丈ニットソーカーディガン ぽっちゃりコーデ

トップスインに挑戦してみたいけれど、どうもお腹や腰回りが気になるという方におすすめなのが、ロングカーディガンとの重ね着です。
ロングカーディガンを合わせるときは、もたつきの原因にならにようトップスをきちっとスカートやパンツにインさせてください。
すっきりとした印象になりつつも、お腹やお尻はロングカーディガンでカバーできるので初心者の方にもおすすめのスタイルです。

とろみシャツを前だけインする

とろみ素材のゆったり抜け感シャツ ぽっちゃりコーデ

ワイドパンツは太ももを自然にカバーしてくれる万能選手ですが、トップスを出して着るとだらしない印象になってしまいがち。
そんなときにおすすめなのが、とろみシャツを前だけインする方法です。
トップスを前だけインすれば、きちんとした印象がプラスされ、こなれた雰囲気になります。
あくまでインしているのは前の部分だけなので、腰回りが気になる方にぴったりのコーディネートです。
シャツだけでなく、Tシャツでも使えるテクニックになります。

ロングスカートはハイウエストでインする

カーディガン+ミディ丈スカート ぽっちゃりコーデ

ふんわりロングスカートには、少しハイウエスト気味にトップスをインするのがおすすめです。
ハイウエストにすることで脚長効果が期待できます。
トップスはぴったりインするのではなく、ブラウジングする(=少し引っぱり出してトップスに緩みをもたせる)とお腹周りがカバーできて安心です。

これはNG!トップスインしないほうがいいコーデ

トップスインは、コーディネートをバランスよく見せるために有効なテクニックですが、なんでもインすればいいというわけではありません!
逆にトップスインは避けたほうがいいアイテムもあります。
トップスインコーデを成功させるためには、何がNGなのか押さえておきましょう。

厚手のニット

厚手のニット ぽっちゃりさんにおすすめのトップスインコーデのコツ

商品詳細はこちら>>

厚手のざっくりしたニットは残念ながらトップスインに不向きなアイテム。もこもこした素材を中にインしてしまうと、お腹まわりがかえって悪目立ちしてしまいます。

ブラウスやカットソー素材のロングTシャツなど、トップスインしやすい薄手のものがおすすめです。

トレーナー素材のパーカー

トレーナー素材のパーカー

商品詳細はこちら>>

厚手のニットと同じように、パーカーもトップスインには難しいアイテムです。

トレーナー素材のパーカーはすその部分に太いリブが入っているものが多く、トップスインするともたついてしまいます。

ボリューム感がかわいいトレーナーは1枚で存在感がでるので、インをせずにそのままでコーディネートを楽しみましょう。

デザイン性のあるトップス

スカラ刺しゅうレースブラウス ぽっちゃりコーデ

デザイン性のあるトップスは、トップスインに向きません。
フリルやウエスト位置にリボンがあるようなデザインは、ボトムスの中でごわついてしまうし、トップスのデザインが崩れてしまう可能性が大です。
デザイン性のあるトップスは1枚で主役級になるアイテムですので、無理にインせずにそのまま楽しみましょう。

スキニーパンツ

レース衿ブラウス スキニーパンツ ぽっちゃりコーデ

スキニーパンツはトップスインと相性がよくありません。
細身のパンツにトップスをインすると、トップスの線がダイレクトに響いてしまい、せっかくのコーディネートも台無しになってしまう恐れがあります。
コーディネートは全体のメリハリをつけることで、着やせ効果が生まれますので、細身のパンツを履くときは、ふんわりしたトップスを外に出して着こなしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ぽっこりお腹が気になってトップスインに苦手意識がある方も多いと思います。

しかしトップスインに向いているアイテムをチョイスする、ブラウジングして調整する、などの工夫をすることで驚くほど簡単にスタイルアップできます。

春夏は薄手の素材が多くなるので、気軽にトップスインがしやすくなります。
最初はトップスインした自分の姿に見慣れないかもしれませんが、何度かトライしているうちに自分のベストバランスが見つかるはずです。

上手にトップスインを取り入れて、おしゃれな着こなしを楽しんでくださいね!

ニッセンのトップス一覧はこちら>>
Alinomaのトップス一覧はこちら>>

クーポン

こちらの記事もオススメ

・覚えておきたい!ぽっちゃりさんのための着やせコーデ術まとめ>>
・ぽっちゃりさんがワンピースを大人可愛く&着やせするコーデのコツ>>
・春に取り入れたいすっきりボーダーコーデ・着こなし術>>
・胸が大きいのが気になる…!グラマーさんにおすすめのオフィスコーデ>>

人気の記事

もう下着すら暑い!ぽっちゃりさんの夏におすすめな涼しい下着>>
汗でお困りのぽっちゃりさん必見!着るだけでできる汗ジミ対策アイテム>>
やっぱり綿100%が好き!コットンの魅力とおすすめ綿アイテム>>
グラマーさんにおすすめ Eカップ以上のブラの選び方って?>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

山田 ハナ

山田 ハナ

ファッションが昔から大好きだけどぽっちゃり・おチビ・肩幅しっかりがコンプレックスだった。試行錯誤した結果、骨格診断とパーソナルカラーに出会い等身大の自分でおしゃれが楽しめるように。骨格スタイルアドバイザー2級。