2019年春のアラフォーぽっちゃりさんファッション

厚手のコートやダークカラー中心のファッションだった冬が終わりを迎え、そろそろ春のアイテムに衣替えをする時期です。ファッションを楽しみたいけれど、どう着たら良いのか…と、迷うことはありませんか?
今回は、2019年春にピッタリなアラフォーぽっちゃりさんファッションコーディネートのコツを紹介します。

目次

1. アラフォーぽっちゃりさんのファッションで気を付けたいこと

アラフォーぽっちゃりさんのファッションで気を付けたいことは大きく3つあります。一つずつ説明していきますね。

① 素材を意識してプチプラでも安っぽくならないようにする

ファッションは、主に「色」「デザイン」「素材」の3つの要素から構成されています。
この3つの要素のうち、「安っぽくならない」を演出するのは「素材感」が大きく影響をします。
「プチプラファッション=安っぽく見える」となってしまうわけではありません。
プチブラアイテムは、ハリ感のあるしっかりとした素材定番カラー(白や黒)、定番デザイン(シャツ等)のアイテムを選んでみましょう。

ハリ感のある素材は、気になるボディラインをカバーしてくれるのでぽっちゃりさんにはぴったりの素材です。ツイル、デニムのような少し地厚なコットンやリネンなどの素材で定番カラー(白や黒)、定番デザイン(シャツなど)のアイテムを選んでみましょう。

左の商品詳細はこちら>>
右の商品詳細はこちら>>

また、靴、バッグやアクセサリーなどのファッション小物を、レザーなどの高級感のある素材を選ぶと、洋服をプチプラにしても全体が安っぽく見えず年齢にあった品のあるファッションコーデを楽しめるのでおすすめです。

② 「若見え」には顔周りに明るいアイテムを

アラフォー世代に大切なのは「若見え」。若作りではありません。
ボディラインが出てしまうアイテムや短すぎるスカート丈といった、露出が多いコーディネートは「頑張っている」と感じさせ「若作り」に繋がってしまいます。一方で、体型を隠せるからと自分のサイズに合っていないオーバーサイズアイムは、だらしなさや着せられている感が出てしまいます。

若作りではなく、「若見え」にするコツは、アクセサリーや顔周りに明るい色を使ったりすること顔色が明るくなって若見えします。
また、ファッションすべてをファストファッションやチープアイテムにするのではなく、カバンやアクセサリーといった小物は上質なアイテムを取り入れると、オトナの余裕が感じられ、抜け感のある若見えファッションに繋がります。

露出をするのはデコルテ・手首・足首の細いところにして、アラフォー女性の品の良さを演出し「若見え」を目指しましょう。

③ アラフォー世代のトレンドを取り入れた方

トレンドを取り入れたファッションからは、柔軟性が感じられ「コミュニケーションをとりたい」と相手に好印象を与えます。なので、アラフォー世代もトレンドを取り入れていくことをお勧めします。

ただ、無理して全身トレンドファッションを取り入れてしまうと、ファッションに自分の表情がついていかずに「着せられている感」が出てしまったり、いわゆる頑張っている若作りの印象を与えてしまったりするかもしれません。トレンドばかり追いかけるのもしんどいですが、程よく、何か1点取り入れてみる、を実践してみてください。
トレンドを取り入れる際の手がかりとして、自分がおしゃれだなと思うママ友や職場の方のファッションを参考にしたり、コツを聞いてみるもいいですね。

トレンドの取り入れ方のコツは、カラーで取り入れることです。デザインよりもカラーのほうが取り入れやすいからです。
実際、トレンドがフリルやリボン使いなど目立つデザインの場合、ハードルが高いと感じてしまう人もいると思います。そんな方におすすめなのが、定番デザインのアイテムとトレンドカラーのコーディネート。失敗しにくいトレンドの取り入れ方です。

2019年春夏は「イエロー」「ピンク」「ペールトーン(明るく薄い色)」がトレンドカラーになります。

左の商品詳細はこちら>>
右の商品詳細はこちら>>

イエローやピンクの単色は、アラフォー世代だからこそ、顔映りが良く若々しく肌がきれいに見える、自分に似合う色を選ぶようにしましょう。

パーソナルカラーがイエローアンダートーン(スプリング・オータム)の方には、卵の黄身やマスタードのようなイエローを、サーモンやコーラル、アプリコットのようなピンクを顔の近くにコーディネートすることをおすすめします。
一方、ブルーアンダートーン(サマー・ウィンター)の方には、レモンやヒヨコの羽のようなイエローを、ショッキングピンクやクレヨンのピンク、パステルピンクのようなピンクを顔の近くにコーディネートすることをおすすめします。

ペールトーンは膨張色なのでぽっちゃりが気になるアラフォー世代の方にとっては全身にまとうのは避けたいところ。靴やバックなどの小物をシャイニーな明るいペールトーンのアイテムにしてトレンドを取り入れましょう。

左の商品詳細はこちら>>
右の商品詳細はこちら>>

カラーの取り入れ方はこちらの記事もご参考ください。
ベースカラー別!ぽっちゃりさんの2019春コーデ カラーをうまく取り入れよう>>

カラーだけでなく、トレンドのデザインを取り入れたいという方におすすめなのは、2018年に続き春夏流行の柄「チェック」や「ストライプ」のアイテムです。
チェックやストライプなどの柄物を選ぶ時には、細かすぎる柄は避け、ベースになる色が黒や紺等の暗い色にすると落ち着いた印象となり、暗い色は収縮色なので着痩せ効果も得られます。

左の商品詳細はこちら>>
右の商品詳細はこちら>>

細かいチェックは幼くカジュアルな印象を与え「若作り」に繋がってしまう事もあるので、チェックの色の組み合わせや柄の大きさも年齢に合ったファッションコーデのポイントです。ストライプは縦長効果も加わり、更に着痩せ効果が期待できます。
アーガイルやタータンチェックといった3色以上を使ったチェックのファッションアイテムを選ぶ時には、一番小さな面積に使われているアクセントとなる色にイエローやピンクのトレンドカラーが入っていると、感度の高い春夏ファッションコーデを作ることができます。

商品詳細はこちら>>

2.この春アラフォーぽっちゃりさんにオススメのコーデ

スプリングコート×シンプルコーデ

春と言っても肌寒い日もあるので、ロング丈ジャケットとしても活用できるスプリングコートをおすすめします。

商品詳細はこちら>>

素材にはり感があるので、ボディラインではなく洋服のシルエットがきれいに出て、体型カバーもしてくれます。オン・オフのどちらのシーンも活用しやすいアイテムです。

コートよりも明るい色をボトムに合わせると、相手にさわやかな印象を与えることができて季節にもよく合いおすすめです。また、コートにボリュームがあるので袖を折り返して手首を見せ、ボトムはコートよりも裾幅が狭いパンツやスカートを、トップスのカラーは、ボトムの色と傾向を揃えてシンプルなIラインを作り出せば、スプリングコートはジャケットとしてもスッキリとしたコーディネートを作ることができます。

前ボタンのシャツワンピース×細身のクロップドレングスのパンツ

商品詳細はこちら>>

おしゃれも大事ですが、動きやすさも重視したいですよね。
前ボタンのシャツワンピースを細身のクロップドレングスのパンツに合わせてチュニックの様に着るとスッキリとアクティブな春らしいコーディネートになります。ボタンを開けてカーディガンの様に羽織ったりすることもできるので、シャツワンピースおすすめです。

ちょい長スキッパータイプのシャツ×ボーイフレンドパンツ

商品詳細はこちら>>

少し長めのシャツにルーズなボトムスをあわせた、シンプルカジュアルもおすすめです。
長め丈のシャツですが、前面中央の裾が短くなったタイプなので自然とすっきり着こなせます。ボーイフレンドデニムも動きやすく腰・お尻まわりが気になる人でもはきこなしやすいアイテム。シンプルなコーデなので、足音はヒールなどをあわせると女性らしくなります。シャツも無地のスッキリとしたデザインなので、イヤリングやネックレス等のアクセサリーづかいを楽しむことも可能です。

明るい色のパンツ×鮮やかトップス

春らしいカジュアルなパンツスタイルが苦手と感じている方に取り入れてもらいたいのが「明るい色のパンツ」です。

商品詳細はこちら>>

明るい色は「膨張色」ではありますが、横に膨張するだけでなく縦にも膨張させて見せる色。明るい色のボトムスは敬遠しがちですが「脚長効果」が期待できる色でもあります。ただ、トップスもボトムスも明るい色にしてしまうと、メリハリのないコーディネートになってしまうので、トップスや小物には濃い色や鮮やかな色を使ってコーディネート全体を引き締めるようにしましょう。また、顔に近いところ濃い色や鮮やかな色を使うと、視線がその色に集中するので、明るい色のボトムスでも、腰回りへの視線を気にすることなく、楽しむ事ができますよ。

今年らしく、自分らしく春のおしゃれを楽しみましょう!

スマイルランドの春服はこちらから>>
Alinomaの春服はこちらから>>

★アラフォー世代にはこちらの記事もオススメ

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

川島 彩子

川島 彩子

カラーコーディネーター 。インポートブランドのショップスタッフ時、人によって「似合う色」「デザイン」があることを知り、ファッションやインテリアの「色」について専門的に学ぶ。現在は、カラーコーディネーター育成の他、企業や地方自治体主催のカラーセミナーなどを精力的に行っている。