コート選びが重要? ぽっちゃりさんの冬コーデ

空気がひんやりとして、足元が一層冷えてくるのを感じると「コートが着たいな」と思うようになりますよね。

お気に入りのコートがあれば、外に出るのが億劫になるほど寒い日でも、出掛けたくなる気持ちを後押ししてくれるもの。

そんな風に、気持ちも明るくしてくれるコート、見つけてみませんか?

コートは、一生モノではありません

「コートは、傷まない限り買い替えない」という、ものを大切にする気持ちも大事ですが、コートは意外に時代感が出ます。つまり“一生モノ”ではないんですね。

中に着るニットやパンツをいくら新調していても、一枚古びたコートを着るだけでなんだか野暮ったくなってしまうのは、コートの時代遅れ感が出てしまうからでもあるのです。
逆にいうと、コートを一新するだけで、今っぽくおしゃれに見せることができるのです。

今っぽいコートといっても、何もかもをトレンド最前線にする必要はありません。今年らしくするなら“丈”だけ“ショート丈”にこだわればOK!

これが2018冬の旬スタイリング

今期のコートはショート丈。そして色は無難なベーシックカラーから、鮮やかなカラーが注目されているのが特徴です。

鮮やかなカラーといっても、赤や黄色、ブルーのコートは、黒や茶、紺といった冬の定番ベーシックカラーと相性が良いため、コーディネートがとてもしやすく、着まわし率も高いです。

SEPIA (セピア)/ネオストレッチウールショートコート

詳細はこちら→

襟の形にも注目!ニットをはじめ、今期は襟が高めに作られたものがトレンド。実はこの形、小顔効果もあるため、顔周りがスッキリ見えておすすめなんです。

合わせるボトムは、断然スカートが一押し!トレンドのチェック柄スカートと合わせると、もうそれだけで今年らしいコーディネートになります。

さらに、コートはいかにスタイル美人に見えるかが重要です。スタイルに自信がないからと、ついついお尻がすっぽり隠れる丈のものを選んでいませんか?
お尻は半分隠れる程度のものを選ぶと、すっきり見せることができますよ。

miumann H (ミューマンエイチ)/フードコート

詳細はこちら→

ニッセン/中綿ショートコート

詳細はこちら→

また、すっきり見えるダウンコートも今期買いの一枚。
ウエスト位置が高く見える形のものを、選ぶように心がけてみてください。

例えば、実際のウエストよりも高い位置に、ベルトなど装飾がついているコートは、ダウンコートなどボリュームのあるコートでも、すっきり見えます。

eur3 (エウルキューブ)/ロングダウンコート

詳細はこちら→

膨張が気になりがちなダウン素材のコートは、実用面で毎シーズン一定の支持があったものの、今期は各ブランドがこぞってオシャレなデザインを打ち出したりしていることもあり、新たな人気を集めています。

ロングブーツが回帰。ボリューム靴でバランスを

冬といえば、ボトムと靴を繋げるバランス問題のお悩みが、多く寄せられます。

ここ数年は、スニーカーブームということで、冬場になってもブーツよりスニーカーが支持されていましたが、今期はというと、ブーツが人気再燃!
特に、ロングブーツが注目されているんです。

ニッセン/ゆったり履き口 ロングブーツ(低反発中敷)(ワイズ4E)

詳細はこちら→

昔っぽくならないためには、丈が長めのスカートで履くこと。もしくはパンツならワイドパンツで合わせるようにしましょう。デニムパンツを履くときは、ブーツインして履くようにすると、今年っぽくなります。

左のコーディネート詳細はこちら→
右のコーディネート詳細はこちら→

コーディネート詳細はこちら→

コーディネート詳細はこちら→

ショート丈のブーツも、パンツやスカートとの間に足が除かないように、すき間ができないようにコーディネートするのが、今年らしく着こなすポイント。

色も同色にすることで、よりすっきり見せることができますよ。

一気に寒くなってきたからこそ、お気に入りのコートを見つけてすぐ着て、冬の間たっぷり楽しみたいものですね。

ニッセンのコートはこちら→  Alinomaのコートはこちら→

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

高田空人衣(くにえ)

高田空人衣(くにえ)

スタイリスト・パーソナルスタイリスト。大人女性のライフステージの変化に沿った、装いの悩みを解決する専門家。 “着やせファッション”に定評があり、NHK、テレビ朝日、日本テレビ、TBS等の人気番組に多数出演、着こなし監修を手掛けている。 Yahoo!Beautyをはじめとした大手WEBマガジンにて、ファッションコラム連載中。