ぽっちゃりママさん向け卒園式・入学式の服装・スーツの選び方は?

あれよあれよと時は過ぎ卒園・卒業・入学・入園シーズンが近づいてきています。

「入園の時に着たスーツがある」 「七五三の時のセレモニースーツがある」 と安心していたら、着られそうにない……などピンチになることも。
サイズが合わない服や、着慣れていないスーツを着るのはつらいですよね。また、式典前後は子どもの写真撮影などで動いたり、人前に出たりするシーンが多いもの。子供が主役のイベントですが、早めの準備をおすすめします。

お子様のハレの日に、ママのファッションが彩りをそえる服装のマナーや着まわし術をお伝えします。

ぽっちゃりさん・バストが大きいのが気になる方へのオフィススーツの着こなし術はこちらもオススメ>>

卒園式・入学式の服装のマナー

子供の成長と門出を祝い厳かな式典を行う「ハレの日」。 ママも卒園の場にふさわしい、派手さをおそえたフォーマル度の高い落ちつきのある服装を心掛けましょう。スーツやワンピース、スカートorパンツにジャケットとインナーをコーディネートする準礼装~略礼装が卒園の服装の基本です。

入園式は、これから接点の増える他のママや先生方に「好印象」を与えるコーディネートを目指しましょう。卒園式と同じく、スーツやワンピース、スカートやパンツにジャケットとインナーをコーディネートする準礼装~略礼装が入園式の服装の基本です。

ぽっちゃりさんの卒業式の服装の選び方

ネイビーやブラック、グレーといったベーシックカラーや、落ち着きのあるダークカラーが卒園式に選ぶスーツのカラーの基本です。
ただし、全身ダークカラーだと重たい印象になってしまうので、インナーや小物は華やかなアイテムを選ひましょう。

卒園と入学式を一緒のスーツで済ませたい場合は、ライトグレーがおすすめです。どのような色がいいのか迷ったときは先輩ママにアドバイスをもらってもいいと思います。

式典にはスーツやジャケット着用のイメージはあるけれど、実際にどのようなものを選べば良いのか、具体的に着用シーンを想像しながら考えてみましょう。

スカートスーツ・ワンピースの場合

式典中は椅子から立ったり座ったり、お辞儀をしたりと、いろいろな動作を行わなければなりません。立ったり座ったりする動作には、膝頭が隠れるくらいの丈のフレアスカートがエレガントで動きやすいのでおすすめです。

また、ワンピースは手を挙げた際や、お子様を抱っこする際に、スカートの裾も一緒に上がるので、少し長めの丈を選ぶようにしましょう。タイトスカートもスタイリッシュなのですが、入園・卒園の式典時には硬いビジネススーツの印象を与えてしまいます。また、ぽっちゃりさんにはヒップよりも裾幅の広いフレアスカートの方がソフトなボディラインに良く似合います。

GIRL (ガール)/ノーカラージャケット&ヘムラインワンピースセットアップスーツ・フォーマルスーツ

詳細はこちら→

ニッセン/フォーマルアンサンブル

詳細はこちら→

また、フォーマルアンサンブルはインナー選びに迷うことがないので、コーディネートを考えるのが苦手な方にもおすすめです。学校行事やフォーマルシーンの万能カラー「ネイビー」は好印象を与える事、間違いなしです。ワンピースの袖がレースなので、ジャケットを脱いだ姿もエレガントですよ。

パンツスーツの場合

最近ではパンツスタイルのママも多くみられるようになりました。「普段はパンツばかりでスカートには抵抗がある」「パンツスタイルはビジネススーツみたいで式典の場にはふさわしくないのでは」と考えている方も、フリルやシフォンといった女性らしいインナーをコーディネートしたり、ドレープ感のある柔らかな素材のパンツを選んだりすれば、フォーマルなシーンでもパンツスタイルが楽しめます。

ただし、柔らかな素材でも裾が細くなっているペンシル型のデザインはヒップやお腹周りが目立ってしまうので、ヒップから裾にかけて同じ太さか裾のほうが太いものを選ぶようにしましょう。

GIRL (ガール)/カラージャケット&ブラウス&パンツのセットアップパンツドレス・フォーマルスーツ

詳細はこちら→

ジャケットやボトムが複数のセットスーツの場合

ジャケット1点+パンツ+スカート、ジャケット2点+スカートといった、ジャケット+ボトムスの2点のスーツではなく、複数がセットになったセットスーツは、卒園式と入学のどちらも使えるおすすめアイテムです。

ボトム「黒」×トップス「グレー系」のコーディネートは落ち着いた印象を、ボトム「グレー系」×トップス「黒」のコーディネートは若々しくさわやかな印象を相手に与えるので、園行事や通勤、ママ友とのランチといった様々なシーンでも活用できます。

ニッセン/4点セット(ツィード調(ジャケット+スカート)+ジャケット+ワンピース)(コサージュ・リボン付)

詳細はこちら→

ニッセン/フォーマル3点セット

詳細はこちら→

インナーもセットになったフォーマル3点セットは、アンサンブルスーツの様にインナーを考える必要がない、便利なアイテムです。ジャケットはノーカラーで着丈が長いので、裾幅がヒップより狭いペンシルデザインのパンツでも、すっきりと着ることができます。また、タックの入ったテーパードのパンツデザインは、お腹・お尻周りが気になるぽっちゃりさんでも、スタイリッシュでアクティブな印象になりますよ。

トップスとボトムスのサイズが違う方は、大きい方のサイズに合わせてスーツを購入し、合わないサイズを我慢して着ているという方もおられますが、だぼだぼのスーツはフォーマルの場では浮いてしまうことも。

例えばスカートがきつい小さいサイズだと、立ったり座ったりする機会が多いので動きが悪かったり、裾があがってきて足が丸見えになることもあります。同一サイズのセットスーツの購入が難しい場合は、ジャケットだけ、フォーマルワンピースだけなど、サイズがあった単品を新調することをお勧めします。

上下のサイズが別売りのセットアップになるスーツも販売してますので、そちらもチェックするのもいいでしょう。

ぽっちゃりさんにおすすめのプラスワンアイテムは?

スーツはすでにある方や入学式や兄弟の入園・卒園式に着まわせるようプラスワンにおすすめのアイテムを紹介します。

ツイードのジャケット

ツイードはカジュアルな素材の印象がありますが、最近はフォーマルなシーンでも着用できるラメの糸が織り込まれている華やかなものが多く出ています。例えば、ジャケットがツイードでボトムがシフォンスカートといったセットアップはフェミニンな印象となり人気があります。

ツイード素材は生地に厚みがあり洋服のラインがきれいに出るので、ボディラインが気になるぽっちゃりさんにもおすすめの素材です。

詳細はこちら→

ノーカラーのロングジャケット

胸元をスッキリと見せるノーカラージャケットはブイゾーンをタイトにまとめるので、胸のボリュームが気になるぽっちゃりさんに特におすすめです。また、ロング丈のジャケットは、気になるお腹周りと腰回りをカバーし、袖を折って着こなせば、手首が見えるので着痩せ効果があります。

インナーとボトムを同系色でまとめ、ジャケットは違う色のものをコーディネートして縦のラインをだし、コサージュやネックレスで視線を上に集めればスッキリとした印象になります。

詳細はこちら→

イベント後も使えるインナー

卒園の式典時、スーツやジャケットのインナーとして着用したアイテムは普段使いして、いつものファッションを格上げしましょう。

ニッセン/ティアードシフォンブラウス(温湿度コントロール裏地付)

詳細はこちら→

襟元がシンプルなティアードブラウスは、ジャケットを羽織らなくても華やかな印象を与えます。
式典後はジーンズと併せれば、綺麗めカジュアルの完成です。

LACOUPE (ラ・クープ)/レースブラウス

詳細はこちら→

袖までレースが使われているので、ジャケットを脱いだ時でもエレガントで上品な印象を与えます。
明るい色のスーツのインナーとして黒を選べば、引き締め効果も期待できます。

fleur by mint breeze (フルール バイ ミントブリーズ)/ドビークロスノースリブラウス

詳細はこちら→

アクセサリーなしで顔周りが華やかになるネックデザインは、普段のファッションをスタイリッシュに格上げするアイテムです。ノースリーブなので、ジャケットを着ても腕周りがきつくなりません。素材は比較的はり感があるので、ボディラインではなく洋服のラインがきれいに出るので、着痩せ効果があります。

紹介したインナーは、ボトムの中に裾をinしなくても良いデザインなので、お腹や腰回りのカバーができます。ただし、式典時に着用する際は、ジャケットの着丈とのバランスでinしたほうが良い場合もあるので、必ず、姿見で全体のコーディネートバランスを見るようにしましょう。その際、靴やカバンも合せてみてください。着用時の姿を自撮りして客観視するのもおすすめです。客観視して、あれ!?ここ、なんか変だな。と、思ったところは補正するようにしましょう。

普段から、姿見でコーディネート全体の確認をすると、自分のボディラインで出したほうが良いところ、カバーしたほうが良いところがわかり、よりおしゃれが楽しくなります。

アクセサリー・コサージュ

上下同じ色のスーツスタイルは着こなしにメリハリが乏しくなりがちです。アクセサリーを上手に使って、視線を上に集め、華やかさと縦長スッキリ効果を目指しましょう。

ただし、式典時は、アクセサリーのつけ過ぎは禁物。上品で控えめなアクセサリーづかいを心掛けましょう。
卒園式後に謝恩のパーティーがある際は、アクセサリーをプラスして華やかさと彩りを添えるのもおすすめです。

ぽっちゃりさんが、チョーカーや華奢なネックレスをつけるとデコルテからお顔周りのバランスが悪くなってしまう場合もあるので、アクセサリーをつける際は、必ず、姿見で全体のバランスを見るようにしましょう。

ブーツやサンダル、ピンヒールは避け、つま先の隠れるパンプスが基本です。上履きやスリッパに履き替える事もあるので、ストラップの無い脱ぎ履きしやすい靴で服装に合わせた色を選びましょう。また、ベージュのパンプスは足長効果も期待できます。

詳細はこちら→

バック

服装に合わせた色のフォーマルで小ぶりのものを選びましょう。ただし、書類や上履き、カメラ等の荷物もあるのでサブバックがあると便利です。

詳細はこちら→

卒園・入学のハレの日、セレモニースタイルだからと頑張り過ぎず、ママもTPOにあわせたおしゃれを楽しんでお子様の成長をお祝いしましょう。

ニッセンのセレモニースーツはこちら>>
Alinomaのセレモニースーツはこちら>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

川島 彩子

川島 彩子

カラーコーディネーター 。インポートブランドのショップスタッフ時、人によって「似合う色」「デザイン」があることを知り、ファッションやインテリアの「色」について専門的に学ぶ。現在は、カラーコーディネーター育成の他、企業や地方自治体主催のカラーセミナーなどを精力的に行っている。