海外プラスサイズの女性の素敵な着こなし

突然ですがみなさん自分の体型は好きですか?

ぽっこり出てるお腹・短い足・がっしりとした肩幅など、気になるところならいくらでも出てくる、という方のほうが多いかもしれませんね。私たちはファッションを楽しむ前に、どう体型をカバーするかに注力しがちです。

ただ、海外に目を向けてみるとどうでしょうか。海外ではもっと大きいぽっちゃりさんが沢山いて、また沢山のプラスサイズモデルが活躍しています。

これまでファッション業界や企業のイメージ戦略として、細目の体型の女性が美の象徴として重視されてきました。
そういったイメージは、多くの女性を永遠に終わらないダイエットへと導くことに…。

しかし近年は画一的な概念が少しずつ変化して、「個」の美しさが注目されるようになりつつあります。
プラスサイズモデルの誕生背景には、このような様々な個性に、それぞれの美しさを見出すムーブメントが生まれたこと挙げられます。

痩せている人もぽっちゃりの人も、誰にでも、自分にしかない個性や魅力があるのです。
どんな体型でも人にみられることを恐れなくてもいい、というメッセージを、プラスサイズモデルは私たちに教えてくれています。

今回はそんな海外で活躍する素敵なぽっちゃりさんたちの着こなしをご紹介します!

海外のぽっちゃりさんのファッションを参考にしてみよう

メリハリコーデで女性らしさを強調

カシュクールタイプのトップスとボトムスのツーピース。
トップスのカシュクールは、胸元が深いVラインでデコルテがすっきりし、カシュクールの斜めラインにより胸が強調され、且つ「絞り」がうまれ、メリハリのあるXラインの女性らしいコーディネートが出来上がります。

大きな胸とお尻の間に絞りを作ることが、メリハリコーデのポイントです。ハイウエスト気味に絞りをつくると足長効果もプラスされ、ボトムスのラインが引き立ち、より女性らしさが強調できます。

隠すのではなく、しっかり出す・強調することで、ぽっちゃりさんならではのメリハリコーデが完成し、より柔らかな女性らしさを出すことができます。

ヘアスタイルもボブですっきりして小顔効果もあり、パッツン前髪も個性的で可愛いです。
オリジナリティのあるヘアスタイルに、個性を生かしたコーディネートは、ファッションを楽しんでいることが伝わってきて、見ているほうも楽しさをわけてもらったような気持ちになりますね。

差し色をポイントにした着こなしで女性らしさを!

様々な色のアイテムを買ってしまうとコーディネートの難易度が上がってしまうもの。
自分の軸色を2色か3色までに決めることで、服選びがぐっと楽になります。軸色の決め方は自分の好きな色の組み合わせでもいいですし、自分に似合う色を持ってきてもいいでしょう。ポイントは明るい色を使ってコーディネートをハッピーに仕上げましょう。

赤・黒・白が着こなしの基調になっており、明るい赤色がコーディネートを引き立てています。差し色である赤の面積は抑え目に、無彩色である白と黒の面積大きくして、より顔周りの差し色を引き立てバランスをとっています。気になる下半身よりも差し色のある上半身に目がいくことで、着やせ効果もあります。

プラスサイズの方はカービーな体型のためシャープさが軽減され、深めのV字ネックもさらりと着こなせます。明るい色を取り入れた、ハッピーで女性らしいコーディネートがとても素敵ですね。

カービーだけど女性らしいIラインを強調して垢抜けコーデ

お尻の大きさをカバーするためふんわりとしたスカートやガウチョパンツ、もも丈の長めチュニックなどを多用しがちですが、スキニーパンツを履いて大人可愛いを実現できるんです。

長めのトップス(チュニック丈ほど長くない!)をハイウエストでウエストマークすることで、横にしっかりと出たボリュームのあるお尻でも、足長のバランスのよい着こなしに。

ポイントは長すぎないトップス丈です。お尻の一番大きい箇所のちょうど下の丈により、Iライン且つ足長効果が強調され、垢ぬけた印象に。
色使いも重要です。ネイビーとラベンダーで統一されており目線が分散されず、気になるところに目が向きにくいです。ボリュームのあるヘアスタイルに帽子をプラスすることで小顔効果もうまれます。

気になるポイントをすっぽりと隠してしまうのではなく、丈感をぎりぎりまで短くする。目線が散らばらないように色味に統一感を出すことで、カービーだけど垢抜けた女性らしいIラインコーデが作れます。Iラインコーデはシャープでメンズライクになりがちですが、女性らしいIラインコーデがぽっちゃりさんだからこそ作ることができます。

そしてハッピーオーラ溢れる笑顔は何より魅力的です。女性らしいカービーで柔らかい体型に素敵な笑顔は、周りの人を優しく包み込んでくれますね。

<まとめ>

トレンド感を押さえた着こなしから個性派な着こなしまで三者三様のおしゃれを見てきました。大事なことは、自分の良いところに目を向け、思いっきりファッションを楽しむこと。その姿は見ているこちらまでハッピーになります。

私たちには、自分にしかない魅力的な個性がたくさんあります。それをプラスととるか、コンプレックスとしてしまうかは本人次第。海外のぽっちゃりさんたちはそんな日々の在り方を私たちに教えてくれている気がします。

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

山田 ハナ

山田 ハナ

低身長・デブ・がっちり体型の3重苦に長年苦しめられ、試行錯誤した結果、骨格診断とパーソナルカラーに出会い人生が変わる。その後10kgの減量に成功し、現在は骨格診断の知識をもとにスタイリングのアドバイスをしている。