レイヤードで着やせテクニック

最近、よく聞かれるようになったレイヤードコーデ。
レイヤードには、「重ねた」「層状になった」という意味があり、レイヤードコーデとは、重ね着のことを指します。シャツの上にニットを重ねて、ニットの裾からシャツが見えているようなコーディネート、Tシャツの上にカーディガンのようにボタンを全て外したシャツを重ねるコーディネート、スカートにパンツやレギンスを合わせるコーディネートなどがレイヤードコーデの例です。

サイドスリット前後差丈ロングワンピースの詳細情報はこちら→
バックレースアップチェック柄ロング丈シャツの詳細情報はこちら→
デニムスキニーパンツを使ったコーディネートの詳細情報はこちら→

レイヤード、ぽっちゃりさんの着やせ着こなしポイントは?

レイヤードコーデは、おしゃれなのですが、着ぶくれして見えてしまう事も。でも、工夫次第で着やせ効果が見込めるのでレイヤードコーデをするときは、次の3点を意識してみてください!

① 縦長シルエットを意識したコーディネートにする

選ぶ柄をボーダーでなく、ストライプにするだけでも、違います。また、ロングカーディガンは縦長シルエットが作りやすいアイテムです。

② コーディネートにメリハリをつける

レイヤードコーデでトップスにボリュームが出る時は、ボトムスはできるだけボリュームを抑えた細身のパンツやタイトスカートを選んでみたり、サッシュベルトでウェストマークをするなどしてメリハリをつけると、スタイルアップが狙えます。

③ 手首、足首、首を見せる

身体の中で一番細い部分を見せることで、重ね着でも、スッキリとした印象になります。ただ、冬は身体を温める事を優先させたいので、身体にフィットしたインナーを着て、手首は暖かい状態で、その上に重ねた服の袖を折り返したり、タイツを履いた足首を見せるなど、防寒はできるだけ優先させましょうね。
髪の長い方は、まとめ髪にして首を見せるだけでも、スッキリしますよ。

スタイリストが選ぶ!おすすめ着やせレイヤードアイテム4選

この秋冬、レイヤードコーデが決まるだけでなく、着やせ効果を見込めるアイテムをご紹介します!

ミューズミューズ/フェイクレザースタンドカラージャケット

詳細情報はこちら→

レザージャケットは、ウェストを中心にして、アルファベットのXの形を作るのに適しています。Xのシルエットは、着やせテクニックの1つ。
ハリのある素材のため、重ね着しても着膨れして見えにくくコンパクトにまとめてくれるので、ボトムにふわっと広がるアイテムと合わせると、お尻やお腹周りをカバーした着やせレイヤードコーデを楽しめます。
ライダースジャケットほどハードな印象のないスタンドカラーになっているので、カーディガンのような感覚で取り入れてみてください。

ニッセン/カットソーロングカーディガン

詳細情報はこちら→

ロングカーディガンは、サイドが削られて、すっきり縦長シルエットに見せやすくなる効果が大きいアイテム。スッキリとしているトップスに合わせると、カーディガンの下で服がもたつかず、よりほっそりとしたシルエット着やせが狙えます。
中に着るアイテムの色が明るめなら、カーディガンには黒や紺など落ち着いた色を。暗く落ち着いた色なら、カーディガンには明るめの色で、顔まわりを明るくするようにしましょう。ワンピースと合わせる場合、カーディガンの丈はワンピースの丈より長くならない方が、品よく着こなして頂けます。ロングカーディガンをカジュアルに着こなしたい時、中に合わせるのはチェックシャツがオススメです。

ニッセン/前タックVあきブラウス

詳細情報はこちら→

レイヤードコーデは、ボリュームが出やすいので中に着る服はすっきりと抑えたいもの。
このブラウスは体にフィットするようなデザインでありながら、前タックがあることで、ゆとりのある着心地になり、縦ラインに視線を誘導できすっきりと見えるのでおすすめです。
落ち感のある素材のため、着膨れしにくいので、ボリュームの出やすいカーディガンやジャケットとコーディネートがおすすめです。前だけでもウェストインすると、スタイルアップが狙えます。

そして、今年はグレンチェックも要チェックです。

詳細情報はこちら→

少しでも細く見せたくて、ワンピースは特に、黒を選びがちではないでしょうか?
黒は引き締め色であることは確かなのですが、意外に体のラインをくっきりと浮かび上がらせてしまいやすいんです。その点、グレーだとシャープ過ぎずに、着やせが狙いやすくなります。何色とも合わせやすい色なので、カーディガンと合わせたレイヤードコーデを楽しむのも良さそうですね。

さらに首が詰まって「太って見えてしまう」「胸が大きく見える」タートルネックニットも、このワンピースと合わせると緩やかな開きのVネックが抜け感を作ってくれるので、顔まわりをスッキリと見せてくれておすすめです。

ただの重ね着ではなく、おしゃれなレイヤードコーデをするには、色に統一感を持たせることが大切です。例えば、同じ色でも、素材が違えば、微妙な色の違いが生まれます。それを重ねたコーディネートは、簡単なのに、こなれた同系色コーデに仕上がるので、オススメです。

いつものアイテム、新しく買ったアイテムを上手に組み合わせてスッキリレイヤードコーデを楽しんでくださいね。

ニッセンの商品一覧はこちら→
Alinomaの商品一覧はこちら→

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

中村 志江

中村 志江

旅行、医療系などの事務職、教員、モデルを経て8年前から、パーソナルカラーリストとして活動中。 骨格診断とは一味違う、好きと似合うをマッチングさせるパーソナルコーディネート診断との組合せで「似合わない」を減らすパーソナルコーディネーター。