コーデに簡単に季節感を取り入れたいなら「素材」に注目!

季節感を演出するには「素材」が大事!
例えば、冷たさを感じさせるブルーでも、今季トレンドのファー素材で用いると多少温かみを感じることができますね。
さらに、毛足を長くすればするほど、より深まる秋の気配を演出することができます。
このように、同じ色でも素材を変えるだけでグっと印象を変え、季節感も変えることができるのです。
また「色は質感を伴う」と言う言葉があるように、質感を変えると色の印象も変わります。

そのため、似合わないと感じる色でも、質感を変えてみるとしっくりくることもあります。
顔周りに近いトップス選びの際は特に、ご自身の「目」「髪」「肌」などの質感をよく観察して、似たような質感を合わせてあげてみてくださいね。

きっとご自分らしい装いができると思いますよ。

今年オススメの秋冬素材はなに?スタイリストさんに教えてもらいました!

① キラキラ&ツヤツヤとしたような光沢感に注目!

特に、ラメ入りのツイードベロアやサテンなどが昨年に続きホットです。
動くたびに色みが変化して見える風合いは、奥行き感や立体感を演出し、空気感を伴った大人の色気を醸し出してくれます。
年齢とともに、どうしてもツヤなどの質感は損なわれてしまいがちですが、落ち着いた光沢感は、さりげない光や艶を足してくれる演出効果があります。
そのため、年齢を重ね始めた女性にとっては強い味方になってくれる素材。オススメです。

eur3/ツイード仕立てテーラードジャケット

詳細はこちら→

手首を折り返すデザインは、そこに視線を集中させ、折り返しのボリュームとは対照的な細い手首を強調できますので、着痩せ効果抜群です。
抜け感も演出できますので、こなれた印象にもなりますよ。

② ふわふわ感にも注目!

今季は、誰もが思わず触りたくなってしまうような、肌触りの良いふわふわ素材もトレンド
ふわふわ素材は、柔らかくてマットな質感をお持ちの方がよく似合う素材です。

ハリ感のある肌・髪・目をお持ちの方は、素材も多少のハリツヤ感があった方が映えるのですが、ふわふわ素材を着られるときは、アクセサリーなど小物でいいので、どこかにスタッズやラメなどのハードな素材を取り入れるのがオススメです。
女性らしさも感じさせやすいので、モテ素材とも言えるかもしれませんね。

QUINTY/ボアコーディガン

詳細はこちら→

思わず人が寄ってきそうなふわふわ感がたまらない素材のコーディガン。柔らかな印象のあるぽっちゃりさんは着こなしやすい素材です。
コートとカーディガンの良いとこどりのコーディガンは、カーディガンより暖かいのにコートほど重たくも暑過ぎることもなく、ぽっちゃりさんにとって嬉しいアイテム。これからの季節に大活躍してくれるのではないでしょうか。

今年はファーがトレンド!ぽっちゃりさんが取り入れるコツは?

昨年に引き続き、ファー素材もトレンドです。
部分使いから、ボリューム使いまで、さまざまなテイストが楽しめます。
寒い季節でも暑がりさんの場合は、部分使いだと便利ですね。
取り外しができるようなタイプだとなおさらです。

7分丈の袖周りがファーですと、対比効果で細い手首を強調できますし、フードの縁がファーになっているものは、同じく対比効果で小顔効果が期待できます。
ぜひ試してみてくださいね。

earth music&ecology/フルフルダッフル(ショート)

詳細はこちら→

今年トレンドのベイクドカラーを代表するマスタード。
マスタードの他にも、10色展開なので、色選びも楽しめます。

大きめのフードは小顔効果も高く、取り外し可能なファーは外せば春先まで着られそう。
ショート丈のアウターも今季のトレンドで、上半身がコンパクトに見えるだけではなく、脚長効果も期待できる嬉しいアイテムです。

ベロア×こっくりカラーで秋を演出しよう♪

こっくりカラーは毎年秋冬にはたくさん登場しますが、今季は特に「ベイクドカラー」として注目を浴びています。
ベロア素材で用いることでこっくり感が増し、深まりゆくこれからの季節をより一層楽しめますね。
高級感にも繋がりやすいので、大人のリッチ感も楽しめます。

(左)grove/スタッズベロアフラットシューズ (右)SHOO・LA・RUE/モールベレー帽

シューズの詳細はこちら→
ベレー帽の詳細はこちら→

トレンドのカラーや素材は、何も洋服だけで用いるのではなく、小物で取り入れても十分トレンド感が出ます。
むしろやりすぎていない感じが大人っぽいですし、小物にこだわるのも大人のオシャレです。
シューズはスタッズ使いもおしゃれのスパイスになっていて素敵です。

定番コーデュロイの着こなしはどうすればいいの?

コーデュロイは、髪の毛がくせ毛風だったり、お肌に風合いや味わいがある方、髪質や肌質が割としっかりしている方がより似合う素材です。
寒い季節も暖かく過ごせますし、今季トレンドのレトロクラシカルな印象も作りやすい素材です。

キメが細かく、ハリ艶光沢感があるような肌質の方は、細めのコーデュロイで、キラキラ感があるような素材の質感がオススメ。
コーデュロイは肉感を拾いにくい厚手の素材なので、体型カバーも期待できるのですが、使いすぎると色気は少なめになってしまいます。
大人の女性は、コーディネート内に1アイテム取り入れるくらいの適度さがオススメです。

earth music&ecology/スキスキスキニー(コーデュロイ)

詳細はこちら→

細身のタイプのパンツは、ボリューム感のあるトップスと相性がいいので、着膨れしがちな秋冬には特に持っておきたいアイテム。
細身のタイプはブーツにもインしやすいので便利です。
薄手の細身パンツだと、どうしても肉感を拾ってしまいがちなので、そういう時こそコーデュロイがオススメ。
こちらは色違いで欲しくなってしまいそうな一押しアイテムです。

自分に合う素材で秋らしさを演出しよう!

デザインの三要素は素材
自分が持つ色素や質感、パーツ、骨格や体型をよく観察して、似たような色、質感や大きさ、ラインのものをまずは選んでみてください。
それを生かした上で、好み狙いたい演出に寄せるようにすると、自分らしくなりたい自分へと近づくことができます。

中でも特に季節感の演出は素材が大事。
そして大人の女性にはやはり、自分に似合ういい素材のものを着ていただきたい。
そこにはライフスタイルと言った生き様が現れるような気がしています。
私もすでにいい年ではあるのですが、本当の意味で大人の女性に近づけるように一緒に頑張ります(笑)。

ニッセンの商品一覧→
Alinomaの新着商品一覧→

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

都外川 八恵

都外川 八恵

スタイリング&カラーコンサルタント。COCOLOR代表。 企業向けカラーコンサルや研修はもちろんのこと、 「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を実現するスタイリングが得意。 似合う色だけではなく、似合う質感・柄・形で、ロジカルなメソッドを確立。 著書9冊、各種メディアからも取材実績多数。