秋冬のオフィスカジュアル(オフィスコーデ・スーツコーデ) スタイリストが教えるぽっちゃりさんの着やせテク

秋冬のオフィスカジュアル(オフィスコーデ・スーツコーデ) スタイリストが教えるぽっちゃりさんの着やせテク

オフィスでの服装が制服やスーツと決まっていれば楽ですが、服装自由なオフィスだと、着ていくものに迷ってしまうことありますよね。
カジュアルにしすぎて、周囲から浮くのはNG。迷った時はキレイ目(フォーマル度が高い方)を選ぶのが無難です。

きれい目派・堅め・硬派なオフィススタイルなら、トレンドカラーや今年らしい襟元をインナー(ボウタイやプチハイネック)に取り入れるなど、顔まわりでおしゃれを楽しみましょう。

カジュアル派・自由なオフィスカジュアルなら、周囲とのバランスを取りつつ、動きやすく仕事感も出て休日とも兼用出来るアイテムで、コーディネート出来るといいですね。

INDEX

・きれい目派・堅めオフィススタイル派にオススメ!
きれい目・堅めオフィスカジュアルのぽっちゃりさんがすっきり見えるトップス
・きれい目・堅めオフィスカジュアル派さんのボトムスは気になる部分をカバーするデザインを選ぼう!
・カジュアル・自由度の高いオフィスカジュアルのコーデのポイント
・自由度の高いオフィスカジュアルには、ボトムにチェック柄が定番
・自由度の高いオフィスカジュアルならトップスはトレンドを積極的に取り入れよう!
・自由度が高いオフィスカジュアルなら、ワンピースは思い切って柄物を!
・自由度の高いオフィスカジュアルならデニムをきれいにはきこなそう
・オフィスコーデに一つあると便利なアイテム
・楽しくお仕事をこなすために

きれい目派・堅めオフィススタイル派にオススメ!

昨年のトレンドのベースカラーはネイビーでしたが、今年はグレートとベージュです。

オフィスコーデのベースとなる色は、紺、グレー、ベージュ、白が基本です。着痩せ効果を期待して、黒を選ぶという方が多いのではないでしょうか?しかし、黒には実際よりも「重さ」を感じさせてしまうことがあります。また美容系、ファッション関係ではよく着られている色ですが、医療系では敬遠される可能性もあります(インナーやボトムなど、ポイントで使うには問題ありません)。特にスーツで黒を選ぶ際は少し注意が必要です。

そこで、今期注目して欲しい色はグレー。上品で女性らしい柔らかな印象を持ちながら、収縮色なので着痩せ効果も期待できる優れものです。

秋冬オフィスカジュアルのグレージャケット

コーディネートの詳細はこちら>>

こちらのお尻が隠れるくらいの長めジャケットは、パンツスタイル全般とタイトスカートと相性がいいです。ジャケットより、濃色のボトムと合わせると、すっきりとした着痩せ効果が期待できます。

1週間の中で1枚はフレアスカートをローテーションに入れる人も多いのでは?お腹周りや太もものラインをカバーしてくれるフレアスカートですが、こちらのフレアスカートは、美しさと快適さを追求した5面体のシルエット。様々な体型にフィットする注目アイテムです。
単品でもスーツでも着られるセットアップのスカート・ジャケットがあると、いざスーツが必要な時に困らなくてすみますね。フレアスカートと合わせる時のジャケットは、お尻の真ん中くらいがベスト丈です。

秋冬オフィスカジュアル フレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

きれい目・堅めオフィスカジュアルのぽっちゃりさんがすっきり見えるトップス

ビジネスシーンですっきり細く見せるトップスには、体のラインをさりげなくカバーしてくれるシルエットがポイントです。また、縦ラインを強調してくれるストライプ柄は鉄板です。縦に目線が誘導される事で、ほっそり見せる効果が大きくなります。その他にも縦ラインを演出してくれるアイテムをいくつかご紹介します。

秋冬オフィスカジュアルすっきりトップス

コーディネートの詳細はこちら>>

身体のラインをうまくフォローしてくれる裾広がりシルエット。
インスタイルが苦手な人は、出して着て自然に気になるお腹周りをカバーできるトップスは嬉しいですね。スーツスタイルのときは、ジャケットの裾よりブラウスが出てしまう場合はインスタイルにしてください。
長い期間着ることが出来る7分袖、カフス付きできちんとしたブラウスは1枚あると安心です。
低めのスタンドカラーはここ数年のトレンドの襟元です。

秋冬オフィスカジュアル ボウタイブラウス

コーディネートの詳細はこちら>>

今年、トレンドアイテムでもあるボウタイブラウス。
台襟が低く、襟元がスッキリ開いた上からのボウタイリボンになるので、抜け感があり着痩せ効果あり。スーツ、ジャケット、カーディガンのインナーにもなりブラウスだけでも素敵ですね。
そして、こちらは同じ生地のスカートもありますので、ワンピースのような着こなしも楽しめます。

秋冬オフィスカジュアル ストライプシャツ

コーディネートの詳細はこちら>>

着痩せ定番柄ストライプ柄のシャツ。
このシャツは身体のラインを美しく見せるこだわり、バストサイズを選べるから、ぴったりサイズが見つかりそうですね。胸元のチラ見えを防ぐ隠しボタン付きや、汗をかいてもサラッとする吸汗速乾と至れり尽くせりです。

秋冬オフィスカジュアル カーディガン

コーディネートの詳細はこちら>>

ジャケットまでは着なくてもいい日、きっちり目のカーディガンがあると便利ですよ。
目のつまった、ニットは体のラインを拾いにくいので安心です。配色で自然と縦ラインになっているのも嬉しいですね。

きれい目・堅めオフィスカジュアル派さんのボトムスは気になる部分をカバーするデザインを選ぼう!

太ももやお尻回りなど、下半身のボリュームの大きな部分が気になる方は、足首やふくらはぎなどの体の細い部分を思い切って出すことで、スタイルアップすることができます。

秋冬オフィスカジュアル テーパードパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

太もも周りがしっかりしていて、パンツスタイルを諦めていた方にも取り入れやすいのが、テーパードパンツです。太もも周りはゆったりめで、足首に向かって次第に細くなるように作られているので、自然と美脚シルエットになるのが特徴です。
この商品はパンツの中央に入った折り目のおかげで、より縦長な印象となります。
9分丈で細い部分である足首を強調できるので、足を細く見せる効果があり、抜け感も出せます。

秋冬オフィスカジュアル セミフレアスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

太ももやお尻周りが太めで、パンツしか穿かないという人は多いですが、形や長さ次第では、スカートを履いてすっきり見せることもできるんです。
おすすめは、シルエットをボリュームダウンしてくれるセミフレアスカート。
このスカートはちょうど膝丈なのも、オススメのポイントです。膝丈だと、ちょうど足が細くなっている部分から足を出せるので、細見え効果があります。ちょうど太い部分で終わる丈は太さを強調してしまいますので、締まっている部分の膝丈がオススメです。
合わせる靴は、数センチでもヒールのあるものを選ぶことで、より足長と細見え効果が期待できます。

カジュアル・自由度の高いオフィスカジュアルのコーデのポイント

自由度の高いオフィスカジュアルなら、色や柄を楽しむコーデが出来ますね。

この秋冬は、ベイクドカラーと呼ばれる、くすみがあり落ち着きを感じられる色がトレンドと同時に、差し色でイエロー系、グリーン系、パープル系をコーディネートに使うブランドが多いです。自由度が高いなら、ベーシックカラーにプラス、差し色カラーや柄を取り入れて、楽しむのはいかがでしょうか。

ただし、自由度が高いオフィスカジュアルは、油断するときちんと感が全くなくTPOを考えてないとマイナスな印象を与えてしまうことも。自由度が高くても清潔感あり、不快感の無い好い印象がもたれる「バランス」をとることを意識しましょう。

自由度の高いオフィスカジュアルには、ボトムにチェック柄が定番

秋冬オフィスカジュアル チェックボトム くすみカラー

コーディネートの詳細はこちら>>

くすみカラーのピンク系のトップスに女性らしく、チェックのボトムで甘さをしめることで、オフィススタイルに。くすみカラーがトップスだと顔まわりが暗くなってしまうかも、と思う人もいると思いますがピンク系は顔なじみがいいですよ。
おしゃれスウエットも、キレイ目ボトムと合わせればオフィスカジュアルに。ニット着ると暑い、ブラウスだと寒いときに調度良い暑さですね。身体のラインを拾いにく素材プラスほんのりAラインでスッキリW効果。
休日はデニムと合わせてカジュアルにも楽しめますね。

秋冬オフィスカジュアル タイトスカート

コーディネートの詳細はこちら>>

太ももやお尻周りが太めで、パンツしかはかないという人は多いですが、スカートをはいてすっきり見せることもできるんです。
タイトスカートなんてはけない、と思っている人もいるかも知れませんが、サイズが合うタイトスカートはIライン効果で着痩せアイテム。トップスがカジュアルでもストレートラインで引き締められるのでオフィス仕様になるアイテムでもあります。
タイトスカートは、ウエストサイズよりヒップサイズに合わせるのが正解。チェック柄だと、体のラインのあたりも目立ちにくいのでトップスが無地のときのコーディネートにお勧めです。
合わせる靴は、数センチでもヒールのあるものを選ぶことで、より足長と細見え効果が期待できます。

自由度の高いオフィスカジュアルならトップスはトレンドを積極的に取り入れよう!

秋冬オフィスカジュアル カットソー

コーディネートの詳細はこちら>>

リブが縦ラインを演出してくれるシンプルなカットソー。タートルネックが苦手は人も首から離れた、プチハイネックなら試してみやすいかも。今年らしい襟元になりますよ。
スーツスタイル、ジャケットスタイルのインナーにもなりますね。明るめの色を持ってくると顔色が映えます。
デニムやカジュアルなボトムと合わせれば普段使いも活用できますね。

秋冬オフィスカジュアル キャンディースリーブ

アイテムの詳細はこちら>>

遊び心もありオフィスにもデイリー使いもしやすいニット。キャンディースリーブで絞りができるため手首を華奢に見せることもできる女性らしいデザインです。
ボトムスにインしてスッキリ着こなすと特にキャンディースリーブが目立ち、細見え効果も期待できます。仕事中は袖リブで止まるので少したくし上げて邪魔にならないように。

自由度が高いオフィスカジュアルなら、ワンピースは思い切って柄物を!

忙しい朝、コーディネートを考えなくていいワンピースはお助けアイテムですね。

ぽっちゃりさんにおすすめのオフィスカジュアル・ワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

とろみ感ある素材の柄シャツワンピースにレギンス合わせで、トレンドを楽しみながら、柄はオフォスよりの幾何学柄で出来る女アピール。ハリのあるシャツ素材なのでカジュアルになり過ぎないところがオフィスに向いています。
座ったり立ったりすることが多いオフィスだとシワが気にならない素材が嬉しいですが、無地より、柄が入っている方がシワが目立ちません。斜めに縦ラインが入った幾何学柄は目の視覚効果で細く見えます。
シャツワンピースの場合、ボタン間から足がチラッと見えてしまう可能性もあるので、レギンスを合わせていると安心ですね。

秋冬オフィスカジュアル ストライプ柄ワンピース

コーディネートの詳細はこちら>>

着痩せ柄鉄板の、ストライプ柄ワンピース。ストライプ柄もストレートラインでカジュアルになり過ぎず、オフィスに向いています。
膝丈のワンピースだとパンツと合わせてロングシャツとしても活用できるのでコーディネートの幅が広がります。ロングカーディガンと合わせて、Iラインを強調するとより着痩せ効果になりますね

自由度の高いオフィスカジュアルならデニムをきれいにはきこなそう

秋冬オフィスカジュアル デニム

コーディネートの詳細はこちら>>

カジュアル度合いの高いデニム素材は職場ではNGなところも多いですが、デニムもOKの職場でしたら、デニムのスカートスタイルはいかがでしょうか。カジュアルになり過ぎないコツは、デニムの色味を薄くしないこと。ブラックデニム・ウォッシュ感の無い(少ない)デニムを選ぶことでコーデが程よく引き締まります。
しっかり厚みのあるデニム素材だと、トップスをインしても肉感やあたりが出ずにスッキリ着こなせます。カジュアルな素材で、シルエットはタイトで綺麗目なのが程よいオフィスカジュアルになりますね。
トップスはシャツとプルオーバーを重ね着し、こなれ感を出しシャツの襟で小顔効果が狙えます。

秋冬オフィスカジュアル ワイドデニムパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

デニムのパンツをオフィスに履いていく場合、ダメージ加工はない方良いでしょう。ワイドシルエットだと大人っぽく、キレイ目のトップスとも相性がいいです。

オフィスコーデに一つあると便利なアイテム

万能トップス

秋冬オフィスカジュアル 万能トップス

アイテムの詳細はこちら>>

パンツにもスカートにもバランスよく合うトップスがあるといいですよね。
襟ぐりから入る前タックデザインは自然なドレープで気になるお腹周りをカバーしてくれます。裾がバルーンになっているのでアウトで着てもインスタイルのようなきっちり感になるブラウス。デイリーにもオフィスにも使用できる着回し力あるトップスです。

丈が選べるフレアスカート

秋冬オフィスカジュアル ミディ丈 フレアスカート

アイテムの詳細はこちら>>

気に入ったスカートが見つかっても、丈がもう少し長かったら、また短かったらいいのにと思うことありますよね。
こちらは、ひざ中丈とひざが隠れるミディ丈を選べます。ひざ下に自信が無い方はミディ丈を。大人っぽく着こなせます。ひざ中丈は若々しくさわやかに着こなせます。落ち感のあるフレアスカートなので膨張せずスッキリラインで着こなせます。ストレッチ素材で着心地がいいですよ。
遊び心のあるカラーから、ベーシックカラーまで6色から選べるのも嬉しいですね。

楽しくお仕事をこなすために

ほんの少しの事でおしゃれも着痩せも叶うのが、洋服の面白いところですね。

誰もが、着ている物で気分が変わる経験をしたことがあると思います。良い気分だと仕事もはかどって、その日が楽しい1日になるかもしれないですよね。オフィスコーデが少しでも良い気分に繋がるきっかけになれば、嬉しく思います。

ニッセンのオフィスアイテム一覧はこちら>>
Alinomaのオフィスアイテム一覧はこちら>>

オフィスカジュアル・通勤コーデはこちらも参考に

黒田 茜

黒田 茜

パーソナルスタイリスト。パーソナルスタイリングを行う傍ら、百貨店でスタイリング講座やトークショー、企業向けセミナーなどの活動も行う。 また、企業制服デザインやアパレルブランド立ち上げのプロデュース業なども手掛ける。 パーソナルスタイリングでは働く女性に絶大な指示を受けリピーターが多いのも特徴。