今年のトレンドカラーは何色?ぽっちゃりさんにおすすめの取り入れ方

「トレンドは色から始まる」ということをご存知ですか? 実は、トレンドカラーは国際流行色委員会の会議で実シーズンの約2 年前に動き出しているのです。
時代・社会背景などの世相がトレンドカラーに落とし込まれ、生地になり、デザインされ、縫製されて、店頭に並びます。

ただトレンドを取り入れるだけだと、芸がなく、没個性になってしまってつまらない…やっぱり、自分らしさを生かすように取り入れたいですね。
今回は、ぽっちゃりさんならではの、トレンドカラーの取り入れ方についてお伝えします。

今季のトレンドカラーは何色?

① アビスカラー/深海のような深い青=ネイビーなど

「アビス」とは、直訳すると「深淵・深いふち」。
アビスカラーとは、海の底を代表とする深いブルーのことで、デニムのようなブルー全般を指す場合もありますが、最も代表的なのはやはりベーシックカラーのネイビーです。
ネイビーは、着る人を選ばないので誰にでも似合いやすく、上品かつ知的に見せてくれる色。
黒ほど重たくならず、適度な収縮色であり、後退色(遠くにあるように見える色)でもあるため、着やせ効果としても抜群の色。
どんな色とも相性がいい優秀カラーですので、ぜひ積極的に楽しんでみてくださいね。
ちなみに、ネイビーから少し紫の方向に寄せたカラーも今季注目ですよ。

② ベイクドカラー/こんがり焼いたような、深みがある色=マスタードなど

「ベイクド」とは、直訳すると「焼いた」。
ベイクドカラーとは、こんがり焼いたような深みのある色。
別名スモーキーカラーともいい、燻したようなくすんだ色のことで、濃い深みのあるディープトーンや、鈍く落ち着いたダルトーンが中心となり、深みや渋みが大人っぽくて魅力的な色です。
秋にぴったりのベイクドカラー、四季がある日本人ならではの繊細な美意識を、ぜひ色合わせで表現してみてくださいね。

今季はレトロな雰囲気がトレンドですので、ヴィンテージっぽさを感じさせてくれるベイクドカラーはぴったりです。
ベーシックカラーの組み合わせでいうと、先ほどお伝えしたアビスカラーのネイビーと、ベイクドカラーのブラウンのコンビも、今季は特にオススメです。

③ ペールカラー/薄く、浅く、淡い色=シャーベットカラーなど

「ペール」とは、英語のpaleで「薄い・淡い」という意味です。
ペールカラーとは、淡い「シャーベットカラー」のような色。女性らしい甘さを表現しやすい色で、ロマンティックなイメージです。
素材でいうなら、肌触りのいいシルクやカシミアといったところ。

でも今年はロマンティックよりもひんやりしたイメージを意識してみて。
ラメなどのシャイニーな素材、スポーツ素材で取り入るとより今季らしいムードになります。
甘くなりやすいペールカラーも、ツヤや光沢感のある素材で用いると、スポーティーな印象になり、絶妙な甘辛バランスが演出できます。

アビスカラーで着こなす秋冬アイテム

ぽっちゃりさんにとって、ベーシックカラーの中で、最もおすすめなのがネイビー。
収縮色でありながら、黒ほど重たくならず圧迫感もなく、爽やかに品良く着こなせます。
トップスでもボトムスでも、大面積でも小面積でも、どんな形で用いてもOK!
その代わり、合わせる色柄を個性的にして「脱・無難!」を目指したいですね。

①EVLOVE・sab street/トッパーカーディガン&花柄タンクトップアンサンブル

詳細はこちら→

タンクトップと薄手カーディガンのセットアップが、季節の変わり目に嬉しいアイテム。
単品使いもできますし、夏から秋にかけての温度調整にもぴったり!
カーディガンの袖は短めで、ほっそりとした手首が出るので着やせ効果も高くなっています。
ネイビーとパープルの組合せがクールな印象ながら、ノスタルジックな花柄がちょっぴりレトロ。そんなバランス感も今季らしい印象です。
肌の色がブルーベースの方はネイビー、イエローベースの方はマスタードがオススメです。
ボルドーは、より女性らしい印象になりますよ。

②eur3/無地プリーツ×チェック柄!切り替えチェックプリーツスカート

詳細はこちら→

ベーシックカラーのネイビーは無難な色かもしれませんが、こうやって用いるととっても新鮮!
カラフルなチェックは今季のトレンド柄でもありますし、プリーツスカートも引き続き人気。
落ち着いた印象の中に、ポップでレトロな印象も加わって、おしゃれ度満載。
チェックの中に含まれている色は、コーディネートの中に合わせやすいので、トップスや靴の色合いでいろんな雰囲気を楽しめそう。
寒い季節は、今季トレンドの丈感短めのジャケットやアウターと合わせると好相性です。

ベイクドカラーは秋にぴったり!

ベイクドカラーは、くすんだ暗めの色が多いので、定番色以外の収縮色=着やせカラーとしてもオススメ。
同じような収縮色でもグレーやブラックなどの無彩色と違って、文字通り「色気」が出るので、ぜひトライしたいところ。
せっかくトライするなら、特にトップスの場合は、自分に似合う色をチョイスして。
顔映りが全然違って色っぽく見えます。

ピンクみを帯びた血色の方、シルバーが似合う方は、オールドローズ、アッシュラベンダー、アッシュパープル、スモーキーブルーなどが似合います。
一方、オレンジみを帯びた血色の方、ゴールドが似合う方は、テラコッタ、マスタード、カーキ、モスグリーンなどがオススメですよ。

①ヴェールダンス/チュールスリーブ7分袖ハイネックワンピース

詳細はこちら→

今年らしいベイクドカラーを代表するマスタードイエロー。
チュールスリーブとの切り替えがおしゃれなワンピースです。
総ゴムのウエストがふんわりとした着心地ながら、身頃部分のシルエットが縦長の長方形に見えるので、スッキリとした印象。
七分袖で手首が出せるのに加えて、後ろの裾が長めのフィッシュテールスカートなので、着やせ効果が高いメリハリシルエットです。
マスタード系だけではなくネイビー系を選んでも、レトロな印象が今季らしいムードになります。
肌寒い季節は、ファーのジレなどと組み合わせると可愛いですよ。

②ニッセン/マキシ丈ロングニットカーディガン

詳細はこちら→

ロングカーディガンは着やせ効果の高いアイテム。
特に、ベイクドカラーやアビスカラーのような深みのある落ち着いた色合いは、明度が低く収縮色であるため、着やせ効果が高くなります。
そのような色合いでアウトラインを引き締めると、ロングカーデならではの縦長のIラインが出来上がるので、よりスラッとして見えます。

このアイテムは全5色展開。ラインナップの中に今季のトレンドカラーがたくさん含まれていますので、ぜひ積極的に取り入れて楽しんでみてくださいね。

<色展開とトレンドカラー>
ネイビー、ブラック → ①アビスカラー
カーキ → ②ベイクドカラー
ピンク、レモンイエロー、グレー → ③ペールカラー

ペールカラーには引き締めカラーをお忘れなく!

ペールカラーは今年らしい可愛いらしさがありますが、反面、膨張色でもあるので、それだけではアウトラインがぼやけて、実際よりも大きく見えてしまいがち。
それに加えて、服の印象が物足りず、自分だけが余計に重たく見えてしまうことも。

そうならないためにも、ベルトやバッグや靴やアクセサリーなどの小物や、ロゴや柄でもいいので、一部に収縮色であるダークトーンを活用しましょう。
カラーリンケージといって、髪の毛や眉毛と同じくらいの濃さを、洋服でもリンクしてあげるのです。
バランスが取れてきて、ペールカラーを可愛くクールに着こなすことが出来ますよ。

もし万が一単色の場合、選ぶアイテムは、あまりビッグシルエットやオーバーサイズではないものの方がいいですね。

ペールカラーコーディネート例①

詳細はこちら→

全身ペールカラーのコーデは、どうしてものっぺりとしてぼやけがち。着太りしてしまうと避けている方も多いのではないでしょうか?
そんな場合は、ロゴやマークなどでもいいので、引き締めカラーが少しでもあると全体が引き締まります。それ以外なら、バッグやベルト、靴やアクセサリーなどでもOK。
姿見で全身を写して、バランスを見ることをお忘れなく。
「オシャレは小物から、最終の仕上げは全身で」を常に意識してくださいね。

ペールカラーコーディネート例②

詳細はこちら→

全体が無地1色だとぼやけがちなペールカラー。柄の一部に引き締めカラーが入っているとメリハリがついてくるのでオススメです。
引き締めカラーは、暗めの深い色でも、鮮やかな色でもOK!
今季は、レトロな花柄もトレンドですが、チェック柄もトレンド。
色遊びとあわせて、ぜひ柄遊びも楽しんでみてくださいね。
トップスの柄の大きさは、自分の目鼻立ちといったパーツの大きさに合わせると上手く行きますよ。

GIRL/バイカラーアシンメトリーワンピース

詳細はこちら→

ペールカラーを全面に用いると、ぼやけた印象になったり、自分だけが重たく見えてしまうことも。そういう場合は、柄の切り替えの一部で用いたり、柄の一部で用いたりしてもオッケー。
それだけでトレンドの香りが出てきます。
できれば、ネイビーなどのダークな引き締めカラーと合わせると、よりメリハリがついていいですよ。

今回のトレンドを統括するなら「自分らしく」!

トレンドは、「自分らしく取り入れる」のがまさに今流です。
自分に似合う色だと思うなら、分量多めでOKですし、顔まわりを中心としたトップスに。
自分に似合わない色だと思うなら、分量を少なめにしたり、ボトムスや小物で楽しみましょう。
自分を活かしたオシャレは、年齢を重ねても色褪せて見えないものですよ。

ニッセンの秋ファッション一覧→
Alinomaの秋ファッション一覧→

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

都外川 八恵

都外川 八恵

スタイリング&カラーコンサルタント。COCOLOR代表。 企業向けカラーコンサルや研修はもちろんのこと、 「十人十色」の個性を見極め「なりたい」を実現するスタイリングが得意。 似合う色だけではなく、似合う質感・柄・形で、ロジカルなメソッドを確立。 著書9冊、各種メディアからも取材実績多数。