秋冬もトレンド継続!ぽっちゃりさん向けワイドパンツの今年の着こなし・コーディネート集♪

ぽっちゃりさん向けワイドパンツコーディネート集♪

気になる太ももや体型カバーはもちろんのこと、着るだけで簡単にお洒落なスタイリングに仕上がるワイドパンツ。素材や色によってはON・OFF問わず着こなせる便利アイテムです。
スキニーパンツだとムチムチ具合が気になったり、パンツに乗っかるお肉が気になっていたのが、ワイドパンツだとその悩みを一気に解消してくれるので、手放せない人も多いのでは?

そんなワイドパンツ、今年の秋冬はどう着こなしたらいいのでしょうか。定番の着こなしからトレンドの着こなしまでご紹介します!

 

ワイドパンツの太って見えない着こなし方はこちらを参考
「ワイドパンツ」太って見えない選び方&コーデ術! 【7選】>>

 

もはや定番! 今季のトレンドなワイドパンツの着こなし方って?

気になる下半身をカバーしつつ、お洒落感を出してくれるワイドパンツが流行り始めてはや数年。しかしその流行は衰えるどころかもはや定番化しています。

「トップスはインにして上半身をコンパクトにまとめる」というこれまでのスタイルに加え、今年はよりルーズなシルエットがトレンドです。トップスも外に出すオーバーサイズな着こなしは新鮮な気分のスタイリングを可能にしてくれます。

それでは今年らしいワイドパンツの着こなしをご紹介しましょう。

ワイドパンツにトップスイン ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

シンプル/袖にデザインのあるようなトップスをパンツにオールイン、シャツの前だけをパンツにインなど、上半身はコンパクトにまとめたほうがまとまります。

もう一つ、Iラインを意識したトップスインしないワイドパンツコーデも今年らしさがあり人気です。

9分丈ゆるパンツのIラインコーデ ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

こちらはトップスをインしていませんが、全体的にスッキリとしています。そのポイントは、全体のシルエットをIラインにすること。ワイドパンツと同じ程度の幅のストンとしたトップスを合わせると、トップスインしなくてもスッキリ見えが叶います。
注意したいのは、Aラインなど末広がりなトップスとワイドパンツではIラインにならないので、その時はボトムスインするようにしましょう。

 

もう一つ、オールシーズン使えてオススメなのが、いろんなトップスと相性のよい万能選手であるデニムワイドパンツ。デニムでカジュアルさが出る分、ブラウスやシフォン素材など女らしいアイテムを合わせるとバランスが取りやすいです。
こちらの着こなしのように、トップスをインするとスッキリ見えますね。

デニムワイドパンツとパンプスコーデ ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

こちらは、ワイド過ぎないパンツ幅なので、カジュアル過ぎないところもコーデを楽しめます。
また、足元はスニーカーなどボーイッシュなものを合わせると、もっさりとした印象になってしまいます。相性がよいのはパンプス。特に、つま先が丸くなっているラウンドトゥよりもポインテッドトゥを合わせると一気に垢抜けます。

2019年秋冬トレンドのワイドパンツ3選

チェック柄ワイドパンツ ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

今季トレンドのブラウン系アイテムに合わせやすいチェック柄のワイドパンツ。こっくりとした深いカラーのトップスはチェック柄と合わせると簡単に秋冬のおしゃれが完成します。
大人っぽくしたい場合はグレンチェックなどチェック柄が曖昧なタイプを選ぶと良いでしょう。逆にカジュアルな可愛さを演出したい場合は、コントラストがはっきりとしたチェック柄を選ぶと良いでしょう。

カットソーロングフレア9分丈ワイドパンツ ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

やわらかいジャージー素材のワイドパンツは、ストンと落ちるシルエットが綺麗でおすすめ。ウエスト全体がゴム仕様になっているので着心地抜群なところも嬉しいポイントです。カジュアル感のあるジャージー素材はきれいめなトップスと合わせてコーディネートを完成させると垢抜けたスタイリングになります。

9分丈ベロアワイドパンツ ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

ベロア素材のワイドパンツは華やかな印象のアイテム。体の線は拾わず、ルーズすぎないシルエットが今季のトレンドにぴったりです。
上級者向けの素材に思われがちなベロアですが、シンプルなトップスと合わせるだけでトレンドらしい雰囲気が出るので、周りと一歩差をつけることができます。

トレンドの着こなしをすっきり見せるための2つのツボ

ビッグシルエットが引き続きトレンドの中心ですが、今年はよりルーズなシルエットが人気です。ワイドパンツの着こなしも長めのトップスを出して着るスタイルに変わりつつあります。

でもシルエットがルーズになるほど太って見えやすいのも事実。ではトレンド感も残しつつスタイル良く見せるためにはどうしたらよいのでしょうか。
ポイントを2つお伝えします。

その1 肩かけスタイルでスタイルアップ

ワイドパンツにカーデ肩掛けコーデ ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

今季はトップスの肩かけスタイルが人気です。ニットやカーディガンをプロデューサー巻きにしたり、そでを通さずラフに羽織ることで視線が上に集まり、スタイルアップに繋がります。

その2 長めトップスはベルトを使ってウエストマーク

ワイドパンツにベルトでウエストマーク ぽっちゃりさんのワイドパンツコーデすっきりテクニック

コーディネートの詳細はこちら>>

厚手でゆったりしたトップスは着太りしやすいアイテム。そこで役立つのがベルトを使ったテクニックです。
だぼっとしたトップスでもウエストマークをすると、コーディネートにメリハリが生まれてすっきりします。
ベルト以外に帽子などの小物でポイントを作るのもおすすめです。

スカーチョを履きこなしてエレガントに

「スカーチョ」とは、スカートとガウチョパンツが合わさったアイテム。
ガウチョパンツのように楽チンなのに、スカートのようにエレガントに見える注目のお洒落アイテムです。
ワイドパンツよりもさらに女性らしさがプラスされるので、パンプスを合わせるとさらにエレガントな印象に。

ラップスカート風ワイドパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

ラップ風になっているスカーチョは秋冬にぴったりのアイテム。ストンと落ちるような長めのシルエットが上品な雰囲気を演出してくれます。

小柄な方におすすめのガウチョパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

短め丈のスカーチョは小柄な方こそ試してほしいアイテム。ボリューム感が少ないのでさらっとはくことができます。普段あまりワイドパンツは履かないスカート派の方にも抵抗なく取り入れられるアイテムです。

スカーチョ型のチェックパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

チェック柄のワイドパンツは少しマニッシュすぎるかも、というガーリー派の方におすすめなのがスカーチョ型のチェックパンツ。ロングスカートに見えるので可愛さもキープしたまま流行のチェック柄を楽しむことができます。

セミフレアガウチョパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

セミフレアタイプのガウチョパンツ。程よくゆったりしたデザインなので体型カバー&スタイルアップできます。丈が長すぎないので足首をみせられて抜け感ができ、身体の中でも細い足首を出すことですっきり見える効果もあります。

スカートのようなフレアパンツ

コーディネートの詳細はこちら>>

控えめな光沢がある素材で、ワイドパンツの中でも特にゆったりとしたアイテム。スカートのように女性らしいスタイルにもできますよ。
シンプルなカラーで着回しがきくので、コーディネート力のアップも期待できます。

秋冬も着こなしの幅が広がったワイドパンツコーデで楽しんで♫

シーズン問わず使えるワイドパンツの今年らしいコーディネートをご紹介しました。今まで通りトップスをインして脚長効果を狙う上品スタイルから、ゆったり目のトップスを外に出して着るトレンドのオーバーシルエットまで着こなし方はさまざま。
一見難しそうなトレンドの着こなしも、トップスのレイヤードや小物使いをすれば着ぶくれせずに着こなすことができます。ぜひ色んなワイドパンツコーデを楽しんでくださいね。

ニッセンのワイドパンツ一覧はこちら>>
Alinomaのワイドパンツ一覧はこちら>>

こちらの記事もおすすめ

「ワイドパンツ」太って見えない選び方&コーデ術! 【7選】>>

ぽっちゃりさんがワンピースを大人可愛く&着やせするコーデのコツ>>
体型別!スタイリストが教えるパンツの着こなしテクって?>>
ぽっちゃりさんでも怖くない!スキニーパンツをスタイル良く着こなすコツ>>
体型別!スタイリストが教えるスカートの着こなし術>>

155cm以下の身長の低いぽっちゃりさんのコーディネートテク>>
アラフォーぽっちゃりママの時短コーデテクニック>>
グラマーさんにおすすめ Eカップ以上のブラの選び方って?>>
胸が大きいのが気になる…!グラマーさんにおすすめのオフィスコーデ>>

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

山田 ハナ

山田 ハナ

ファッションが昔から大好きだけどぽっちゃり・おチビ・肩幅しっかりがコンプレックスだった。試行錯誤した結果、骨格診断とパーソナルカラーに出会い等身大の自分でおしゃれが楽しめるように。骨格スタイルアドバイザー2級。

ホーム画面に追加 閉じる