今秋もトレンド継続! ぽっちゃりさん向けワイドパンツコーディネート集♪

気になる太ももや体型カバーはもちろんのこと、着るだけで簡単にお洒落なスタイリングに仕上がるワイドパンツ。素材や色によってはON・OFF問わず着こなせる便利アイテムです。
スキニーパンツだとムチムチ具合が気になったり、パンツに乗っかるお肉が気になっていたのが、ワイドパンツだとその悩みを一気に解消してくれるので、手放せない人も多いのでは?

そんなワイドパンツ、今秋の着こなしはどうなるのか。
ぽっちゃりさんの強い味方、ワイドパンツコーデをご紹介します!

もはや定番?今季もトレンドなワイドパンツの着こなし方って?

気になる下半身をカバーしつつ、お洒落感を出してくれるワイドパンツが流行り始めてはや数年。しかしその流行は衰えるどころかもはや定番化しています。
ワイドパンツを着こなすうえで押さえるべきところは色々ありますが、失敗しない着こなし方の大原則は、

「上半身はコンパクトにまとめ、メリハリをつける」

袖にボリュームのあるシャツやシンプルなTシャツなどを選んで、ウエストをインするとコンパクトにまとまります。

特におすすめなのがトップスを選ばない万能選手であるデニムワイドパンツ。デニムでカジュアルさが出る分トブラウスやシフォン素材など女らしいアイテムを合わせるとバランスが取りやすいです。
こちらの着こなしのように、トップスをインするとスッキリ見えますね。

Royal Party muse/デニムワイドパンツ

詳細はこちら→

また、足元はスニーカーなどボーイッシュなものを合わせると、もっさりとした印象になってしまいます。相性がよいのはパンプス。特に、つま先が丸くなっているラウンドトゥよりもポインテッドトゥを合わせると一気に垢抜けます。

まだまだ残暑が…薄手のパンツで涼しくいこう♪

街のショーウィンドウは着々と秋のコーディネートに移り変わっていくものの、実際はまだまだ暑く、秋服を着る気分には中々なれないですよね。
そこで活躍するのが薄手のワイドパンツ。軽やかな素材でカラーだけ秋色にチェンジしたら一足先に秋気分を味わえます。

MB mint breeze/ツイルワイドパンツ

詳細はこちら→

優しい印象のベージュワイドパンツ。キレイ色のトップスはもちろん、黒のトップスを合わせてもベージュのワイドパンツなら重くなりません。
カーキ×ベージュの組み合わせに仕上げることで、残暑でも取り入れやすい秋コーデに仕上がります。

eur3/フレアーシルエットワイドパンツ

詳細はこちら→

ダークな秋色のワイドパンツ。トップスは明るめの色や、柄物を合わせて重たくならないように。こちらのトップスも、やや夏よりの涼しげな素材。しかし、濃いネイビーにダークレッドのパンプスを合わせることで、カジュアルさもありつつ秋らしい印象に仕上がっています。

23区/リネンレーヨンストレッチワイドパンツ

詳細はこちら→

ディープグリーンや深いキャメルの色がきれいなワイドパンツ。カラーボトムスが主役なのでそれ以外のアイテムで主張しないように気をつけて。
深いモスグリーンやキャメルは秋に着たくなる絶妙カラー。合わせるアイテムは夏物でも、秋色ワイドパンツを投入するだけで、一気に秋らしさがでます。
ワイドパンツのカジュアルさが苦手という方はこのくらいの広がりを抑えたワイドパンツから取り入れてみるのがおすすめです。広がりすぎないシルエットできれいめな印象に仕上げてくれます。

スカーチョを履きこなしてエレガントに

「スカーチョ」とは、スカートとガウチョパンツが合わさったアイテム。
ガウチョパンツのように楽チンなのに、スカートのようにエレガントに見える注目のお洒落アイテムです。
ワイドパンツよりもさらに女性らしさがプラスされるので、パンプスを合わせるとさらにエレガントな印象に。

EVLOVE by sab street/ウエストゴム小花柄スカーチョ

詳細はこちら→

たちまち華やかな印象になる花柄のスカーチョ。花柄といってもダークな色合いなので落ち着きもあり。これ一枚で主役級のアイテムなので白やベージュなどの無地で明るめのトップスを合わせて。

ニッセン/カットソープリーツガウチョパンツ

詳細はこちら→

カットソー素材のスカーチョ。細目のプリーツは縦長効果で体型カバーも期待できます。カットソー素材で動きやすいうえに、プリーツの縦線効果でカジュアルになりすぎないところも使いやすいアイテムです。

canaco_/フレアパンツ

詳細はこちら→

控えめな光沢がある素材で、ワイドパンツの中でも特にゆったりとしたアイテム。スカートのように女性らしいスタイルにもできますよ。
シンプルなカラーで着回しがきくので、コーディネート力のアップも期待できます。

オンオフ使える♪かっちりワイドパンツ

カジュアルな印象が強いワイドパンツですが、

  •  色合いを上品にまとめる
  •  素材にハリ感のあるもの
  •  タック入りやウエストマークのあるもの

これらをポイントにして選べば、通勤などのきちんとしたスタイルにも応用可能です。

23区/ダブルクロスストレッチパンツ

詳細はこちら→

オフィス仕様のワイドパンツですが、やわらかなベージュピンクを合わせられるのは女性の特権。シャツやブラウスをインして通勤スタイルにしもよし、ボーダーニット等合わせてキレイめ休日スタイルにも。

こちらのパンツはストンと落ちるシルエットとセンタープレスできちんとした印象を与えています。さらにトップスに清潔感のあるボウタイブラウスを合わせることでさらにオフィス感がプラスされていますね。

ニッセン/Dカン使いストライプワイドパンツ

詳細はこちら→

ワイドパンツのような面積が広いアイテムでもストライプだとのっぺりして見えないのが嬉しいところ。ネイビーなら汎用性もgood。マニッシュなアイテムなのでヒールや小物で女らしさをプラスして。
落ち着いた色合いでオフィスにも馴染みやすそうなコーデネート。
シンプルなストライプは、きちんとした印象を与えるため活用の幅が広がりそうですね。

fleur by mint breeze/ブッチャースカーチョ

詳細はこちら→

ブッチャーという軽い素材ながらもきちんとした印象になるこちらのアイテム。同色のジャケットを合わせたらオフィスでの美人映えもバッチリです。

夏素材&秋カラーで残暑もワイドパンツライフを楽しんで♪

シーンを問わず一年中使えるワイドパンツですが、押さえるポイントはトップスをインして「すっきり脚長に」見せること。また、夏から秋へと移り変わるこれからの季節は、素材は軽やかなままに、色を秋色にチェンジするなどするのが良いでしょう。秋もワイドパンツを活用して、おしゃれなコーディネートを楽しんでくださいね。

ニッセンのワイドパンツ一覧→
Alinomaのワイドパンツ一覧→

記事が気に入ったら 記事が気に入ったら

関連記事

山田 ハナ

山田 ハナ

低身長・デブ・がっちり体型の3重苦に長年苦しめられ、試行錯誤した結果、骨格診断とパーソナルカラーに出会い人生が変わる。その後10kgの減量に成功し、現在は骨格診断の知識をもとにスタイリングのアドバイスをしている。